ワインのテイスト別、おすすめ和風おつまみ5選

ワインのおつまみというと、洋風でオシャレなものをイメージしがちですが、気取らずにもっとワインを楽みたいですよね。そこで今回は私たち日本人が慣れ親しんでいる和食のワインに合うおつまみをご紹介します。赤、白、スパークリングなどのワインのテイスト別に選びましたので参考にしてみて下さい。

食卓の定番の照り焼きもワインに合います!「簡単照り焼きチキン」

肉料理=赤ワインと思いがちですが、牛肉のようにコクがある赤身肉ならボディ感のある赤ワイン、鶏肉などの淡白な白身肉には白ワインを合せるのが基本です。
料理とワインを合せるポイントは、料理とワインの味わいに共通点を持たせることです。今回ご紹介する照り焼きチキンは、肉自体は淡白ですが味付けがこってりとしているので、渋みが強すぎないミディアムボディの赤ワインがおすすめです。
塩胡椒でしっかりと下味をつけると味がぼやけずにワインがすすむおつまみになります。

カツオのたたきにオリーブオイルの香りをプラス「カツオのカルパッチョ」

魚料理は淡白な味わいのものが多いので、ニュートラルな白ワインと好相性です。
しかし、カツオのように鉄分を感じる赤身の魚には軽めの赤ワインがいいでしょう。ちなみに、旨みのある貝や甲殻類には、酸味が穏やかでコクやほのかな甘みがある白ワインが合いますよ。こちらのカルパッチョは、調味料を別の容器で混ぜずに直接具材にかけていくスタイルなので、余計な洗い物が出ずにとても手軽に作れます。
おつまみはパパッと作って早く美味しいワインが飲みたいですよね。

昆布茶であっさりクリーミー「ぽかぽか 鶏と玉ねぎの和風クリーム」

クリーミーでまろやかな味付けの肉料理には、酸味がまろやかな白ワインがよく合います。とは言え、ワインは同じ品種のぶどうでも産地によって味わいがガラッと変わるので、選ぶのは難しいかもしれません。
そんなときは裏面表示やプライスカードに商品特長や味わい、適温などが書かれていることもあるので、それを基に選んでみましょう。さて、こちらのおつまみは、バターに牛乳にチーズと乳製品をたっぷり使って見た目は洋風ですが、隠し味の昆布茶で和風に大変身していて、クリーミーとあっさりが見事に共存しています。昆布茶が鶏肉と玉ねぎの旨味をグッと引き出して絶品です。

意外と食べ応えがあるおつまみサラダ「エビとかいわれの和風サラダ」

マリネやレモンを使った料理には、すっきりとした白ワインがおすすめです。
こちらのサラダは見た目はとてもかわいくて爽やかですが、エビはボイルではなくオリーブオイルでソテーしているので少し香ばしくて食べ応えがあります。シンプルで簡単に作れるおつまみサラダですが、レモンの酸味、醤油の風味、かいわれの辛味などの味の変化に富んでいて飽きのこない美味しさです。

おつまみのサクサクとスパークリングワインのシュワシュワが合う「さっくり豚肉と生姜の天ぷら」

ワインと料理を合わせるポイントは共通点を見つけること。
素材で合わせる、味付けで合わせる、色で合わせる、などがありますが、こちらのおつまみは食感で合わせるパターンです。フライのサクッとした食感に、シュワシュワと泡がはじけるスパークリングワインを合わせます。また逆に、油っこい揚げ物にすっきりとした白ワインを合わせるという相反関係から選ぶ方法もあります。
こちらの天ぷらは衣のサックリ感だけでなく、千切りにした生姜のシャキシャキ感もあるので食感が楽しい一品です。豚バラ肉の甘みと生姜の辛味がマッチした大人の味わいです。

ワイン選びは慣れないと戸惑うこともあるかもしれませんが、初めのうちは色の濃い料理には赤、色の薄い料理には白、と単純に選んでもいいと思います。ワインのラベルを見て、その日の気分や直感でジャケ買いするのも楽しいですよ!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1卵って最高!卵を使った簡単おつまみレシピ15選小春
  2. 2とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  3. 3厚揚げde簡単!節約レシピ特集深月あかり
  4. 4簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  5. 5安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部