冬にぴったり!ヨーグルトを使ったレシピ5選

お子さまから大人まで大好きな乳製品のヨーグルトは、朝ごはんの一品や小腹が減った時のおやつなど、活躍するシーンが多いので、冷蔵庫に常備しているご家庭も多いのではないでしょうか。そんなヨーグルトは実は、そのまま食べるだけでなく、お料理の材料としてもとても便利な食材なのです。 今回は寒い冬に食べたい、ヨーグルトを使ったレシピをご紹介します!

美味しい冬の鮭を使って 身体が暖まる新しい味!「ヨーグルトポトフ」

お手軽に作れて野菜が沢山摂れるのがうれしいポトフですが、ヨーグルトを入れたアレンジレシピはいかがでしょうか。寒い冬が旬の塩鮭を使ってぜひ作ってみましょう!
3等分にした鮭を、塩を加えたヨーグルトとともにポリ袋に入れます。冷蔵庫で1時間ほど寝かせて味をなじませたあと、ヨーグルトをぬぐっておきます。
皮を剥いて食べやすく切った玉ねぎ、かぶ、じゃがいもと鮭を鍋に入れ、水を加えて中火にかけ15分煮ます。鮭を漬けていたヨーグルトに味噌を混ぜ、さらに5分煮たら完成です!
ヨーグルトの酸味がアクセントになった温かいポトフは、寒い冬に体を暖めてくれますよ。具材を大き目に切って、ゴロゴロの食感を楽しみながら召し上がってください。

酸味たっぷり 冬のポカポカ具だくさんスープ「ヨーグルトトマトスープ」

ヨーグルトの酸味をきかせた温かいスープをもう一品ご紹介します。こちらはトマトホール缶をベースにヨーグルトを合わせた、酸味を存分に味わえる具沢山なスープですよ。
鍋に油を熱し、うすい輪切りにしたさつまいも、粗みじんの玉ねぎ、小口切りのソーセージを炒め、塩胡椒で調味します。そこにホールトマト缶をつぶしながら入れて煮立たせ、水、スープの素、キャベツを加えてさらに煮ます。器に盛りヨーグルトをかけていただきましょう。
最後にかけるヨーグルトが見た目にも美しい、よそゆき感のあるスープです!

冬のおもてなしぴったり ヨーグルトソースがおしゃれなご馳走「トルコ風牛肉ソテー」

ヨーグルトソースでいただく豪華な牛肉のソテーです。油を使わずにレンジ加熱で作るので、ダイエット中の方にもおすすめですよ!
すりおろし玉ねぎ、ヨーグルト、塩、カレー粉を混ぜて作った漬けダレをビニール袋に入れます。そこにステーキ用の牛肉を2時間漬け、水気を切ります。肉を耐熱皿に入れて塩とサラダ油を振り、レンジで3分加熱してから切り器に盛りましょう。ヨーグルトと塩を混ぜて作ったソースを美しくかければ完成です!
玉ねぎ、ヨーグルト、カレー粉の漬けダレが染みた牛肉は柔らかい食感で、クセになりそうなケバブ風の味に仕上がっています。
ひと味変わった味付けは冬の日のおもてなしの一品としてもおすすめですよ!

ヨーグルトを使った滑らかな口当たり 冬のさつまいもを使って「さつまいものスイートサラダ」

冬に美味しいさつまいもを使ったデリ風サラダのレシピです。
皮をむいたさつまいもを一口大に切り、レンジで7分加熱して軽くつぶします。そこに薄いいちょう切りにしたりんご、千切りにしたにんじん、レモン汁、はちみつ、マヨネーズ、ヨーグルトを混ぜ合わせたソースを加えてよく和えたら完成です!仕上げにシナモンパウダーをかけていただきましょう。
ヨーグルトとマヨネーズのソースを合わせた滑らかなさつまいもと、シャキシャキのりんごの歯ごたえが楽しめるおしゃれな一品です。さつまいもの優しい味わいでお子さまも気に入ってくれますよ!

冬の日のおススメデザート 栄養も摂れてうれしい「かぼちゃとヨーグルトのプリン」

冬の日のデザートに、かぼちゃとヨーグルトのプリンはいかがでしょうか。
かぼちゃは種とワタを取り除いて、レンジ加熱で柔らかくしたら潰します。そのあと湯で溶かしたゼラチンと混ぜ合わせましょう。プリン型に入れ、冷蔵庫で一時間冷やし固めたらできあがりです!ミントの葉を仕上げに飾ると見栄え良く仕上がります。
かぼちゃにヨーグルトを合わせているので、重すぎずに爽やかな口当たりですよ。
栄養もたっぷりなので、お子さまのおやつとしても活躍させたいレシピです!

いかがでしたか。冬におすすめのヨーグルトを使ったレシピをご紹介しました。そのまま食べるだけでなくお料理の食材として使うことで、グンと活躍のシーンが広がりますね。ぜひ作ってみてくださいね!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1ウキウキ♪運動会のお弁当レシピ特集深月あかり
  2. 2とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  3. 3簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  4. 4厚揚げde簡単!節約レシピ特集深月あかり
  5. 5安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部