旬の魚を味わい尽くす!冬に美味しいオススメ魚レシピ5選

冬は魚料理が美味しい季節ですね。今回は旬の魚を使った、季節感あるレシピを集めてみました。日常使いからパーティーにまで使い勝手の良いレシピで、旬の魚を味わい尽くしてみてくださいね!

同時調理で時短レシピ 冬を感じる煮物「カレイとなすの煮物」

しょうがとワカメのコクのある煮汁でつくる、カレイの煮物レシピです。
まずは下準備をしましょう。カレイの表面をさっと水洗いして、キッチンペーパーで水気を拭きます。なすのヘタを取り皮を縞模様になるように剥いて縦半分にカットしたら、格子状に細かく切り目を入れ水に入れてアクを抜き水気を拭きます。合わせ調味料としょうがのスライス、用意しておいたカレイの切り身となすをフライパンに入れましょう。味が中まで染みるよう、落し蓋をして10分煮ます。一口大に切っておいたワカメをだし汁に入れて、さらに数分煮たら完成です。
安心感のある食べやすい味付けの一品ですよ!

爽やかオレンジソースが香る 冬のおしゃれな魚のソテー「鱈ソテーのオレンジソースがけ」

旬の鱈を使ったフレンチスタイルのソテーのレシピです。
ソースから作っていきましょう。まずはオレンジジュースをフライパンに入れ加熱します。そこへ醤油、しょうが汁を入れて味付けし、水溶き片栗粉でとろみをつけます。きのこ類をオリーブオイルで炒めて味付けしたら取り出しておきましょう。鱈は塩コショウで下味をつけた後、オリーブオイルで焼きます。さきほど作ったオレンジソースにバターを加熱しながら溶かし、器に盛ったきのこと鱈の上からかければおしゃれなフレンチメニューのできあがりです。
お好みでパセリを添えて召し上がってくださいね。爽やかなソースがたまらない、おもてなしにもオススメのレシピです。

食欲そそる和風塩魚!冬にぴったりのメインおかず「さっぱり揚げ塩サバ」

サバの竜田揚げと大根おろしは、相性抜群の組み合わせです。
合わせ調味料を加熱しながら、しょうが、大根おろし、貝割れ大根を加えて軽く煮ます。塩サバは一口サイズに切ってから揚げますが、骨を抜いておいたほうが断然食べやすくなるので、できるだけ小骨まで抜いておきましょう。一口大にカットしたサバに片栗粉をまぶし、180℃の油で揚げます。取り出して器に盛ったサバの揚げ物の上から、あらかじめ作っておいたタレを回しかけ、千切りした大葉を散らして召し上がってください。ボリュームある揚げ物ですが、さっぱりしたタレでお箸が進むレシピです。
夕食のメインのおかずとして、お腹を空かせた旦那さまや食べ盛りのお子さまの胃袋をガッツリつかんでくれますよ!

野菜たっぷり!冬のししゃもを使って「ししゃもと色とりどり野菜の南蛮揚げ」

一年中食べられるししゃもですが、中でもプリプリに卵をたくわえた冬のししゃもは特にうまみがあります。
だし汁と赤唐辛子を入れた合わせ調味料を沸騰させて、耐熱皿に入れておきます。フライパンに多めの油を熱して、野菜類を揚げ焼きします。野菜を揚げ終わったら、全体に薄力粉をまぶしたししゃもを両面揚げ焼きにしましょう。タレが入った耐熱容器に揚げあがった野菜とししゃもを入れたら、ラップをかけて1時間寝かせます。なるべく表面までタレに浸かるように、ラップの上から軽く押さえると良いでしょう。全体に味がしみたら完成です。
タレに入っている赤唐辛子をアクセントに盛り付けると華やかですね!

スープまで飲み干して♪ 冬のごちそうスープ「金目鯛のブイヤベース仕立て」

鯛の旨みを引き出したイタリアンスープが、お家で手軽に作れるレシピです。
まずは鯛をそぎ切りにし、塩コショウで下味をつけ小麦粉をまぶしておきます。オリーブオイルでにんにくのスライスと鯛を炒めたら、トマト缶と冬瓜を加え加熱しながら全体を混ぜ合わせます。そこに水と白ワイン、コンソメとオレガノを加え蓋をして10分煮込みましょう。最後は塩コショウで味を調えたらできあがりです。フレッシュバジルの粗切りを添えていただきます。お好みでレモンを絞るのもさっぱりしてオススメですよ。
上品な味わいのごちそうスープはおもてなしにも喜ばれますよ!

慣れないとむずかしく感じる魚料理ですが、構えずに取り掛かれそうなシンプルなレシピもたくさんありますよ。この冬は新しい魚料理をレパートリーに加えてみてはいかがでしょうか。

ただいまフォロー&いいねキャンペーン開催中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  2. 2安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  3. 3簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  4. 4ぽかぽか♪シチューレシピmoguna編集部
  5. 5おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部