栄養満点夜ごはん!カリフラワーのサクサクが美味しいレシピ5選

栄養豊富で、日常使いしたい野菜の一つ、カリフラワー。サクサクした食感も美味しいですよね。今回はそんなカリフラワーを使った栄養満点レシピを集めました!

豚バラとカレーの最強タッグ!「豚バラとカリフラワーのカレー煮」

カレー味のコクが食材とマッチ!お腹が空いたらサッと作れてごはんが進むカレー煮のご紹介。
食べ盛りのお子さまや、毎日家族のために頑張ってくれている旦那さまにも、是非食べて欲しい一品です。
鍋に、水、カリフラワー、豚肉を入れて煮込み、酒、醤油、塩、カレー粉を加えて煮込んだら完成!水溶き片栗粉でとろみを付けて、丼にしてもGOOD!更にキノコ類を追加しても美味しいですよ。
10分で簡単に出来るので、料理が苦手な方、時間がない方にもオススメです。

濃厚クリーミーソースが食欲そそる「めかじきとカリフラワーのハーブマヨ和え」

お店に出てくるような、めかじきとカリフラワーの絶品料理はいかかでしょう。マヨネーズ好きにはたまらない、濃厚クリーミーソースでいただくハーブマヨ和えです。
ボウルに、薄力粉、水、マヨネーズを混ぜ合わせたら、カリフラワーとめかじきに絡め、きつね色になるまで揚げましょう。揚げためかじき、カリフラワーをボウルに入れ、マヨネーズ、パセリ、塩胡椒と和えれば出来上がり!器に盛り、かいわれだいこんで彩りを出してくださいね。
焼き魚、煮魚など、定番魚料理もいいですが、今日の夜ごはんは洋風魚メニューを楽しんで!

カリフラワーとブロッコリーの食感が楽しい「濃厚ソースの野菜ハンバーグ」

ハンバーグの中に野菜を入れて、栄養満点ハンバーグを作りましょう。
ブロッコリー、カリフラワーはサッと茹でることがポイントです。ハンバーグを焼いたフライパンに、ウスターソース、ケチャップ、バター、ワイン、じゃがいもを揚げた際のオリーブオイル、パセリを煮立たせソースを作り、ハンバーグにかけて出来上がり!
揚げ焼きにしたじゃがいも、トマト、レモンを添えて彩りよくしてください。野菜の比率を多めにして、ヘルシーバーグにしてもいいですね。

定番のグラタンに飽きたら作って欲しい カリフラワー入り!「彩りグラタン」

とろっとチーズのホワイトソースと、彩り野菜がよく絡んで美味しい、野菜グラタンを作りましょう。定番のグラタンに飽きた際に、是非挑戦してみてくださいね。
カリフラワーは耐熱皿に入れ、レンジで火を通しておきます。フライパンに、バターをひき、黄パプリカ、たまねぎ、なす、鶏肉を炒め、鶏肉に火が通ったら、カリフラワーを加えて塩胡椒で味を調え、耐熱皿にいれましょう。ホワイトソース、ピザ用チーズを加え、オーブントースターで焼いたら完成。パセリを散らして、彩りをプラスしてくださいね。
カリフラワーにレンジで火を通す際に、グラタン皿を使えば洗い物を一つ減らせます。
野菜は炒めた後も火を通すので炒めすぎず、食感を残すように軽めに炒める事がポイントです。

ルー不要!野菜ゴロゴロ!栄養満点!「カリフラワーのゴロゴロカレー」

「ママのカレーが一番!」、そんな声が家族から出そうな、あなただけの特別なカレーを作りましょう。カレー粉から作るので、ルーで作るカレーにはない、コクと味に深みが出る一品。
フライパンで、クミンシード、唐辛子、たまねぎ、挽肉の順に炒め、カレー粉、塩胡椒、しょうが、にんにくを加え、さらに炒めます。カリフラワー、じゃがいも、トマト、湯を入れて煮込めば完成!塩胡椒で味を調えてくださいね。
野菜は何を入れても合うので、買い物前に冷蔵庫内にある野菜を全部入れて、冷蔵庫を空っぽにすることにも一役買います。

栄養満点なカリフラワーは、様々なレシピに取り入れる事が出来る、優秀野菜の一つです。今回はカリフラワーを使った沢山のレシピの中から厳選してご紹介しました。幅広く活用することができる野菜ですので、この機会に栄養満点のカリフラワーをぜひ使ってみてくださいね。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  2. 2新米にあうおかずレシピまとめmoguna編集部
  3. 3安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  4. 4ぽかぽか♪シチューレシピmoguna編集部
  5. 5おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部