寒い季節にうれしい生姜を使った飲み物レシピ5選

寒い季節には身体を温めてくれる食べ物を積極的に摂って、内側からも寒さ対策をしたいですよね。気軽に口にできる生姜を使った飲み物はいかがでしょうか。寒い季節におすすめしたいポカポカレシピを5つ集めてみました。

たっぷりのすり生姜入り!「根菜のぽかぽか生姜スープ」

生姜と根菜をたっぷり使ったシンプルな味わいのスープをご紹介します。
鍋にごま油をひいて熱したら一口大に切った鶏むね肉、細切りにしただいこんとにんじんを入れて炒めます。火が通ったら水と醤油、酒、和風だし、たっぷりのすりおろし生姜を加えて中火で煮たら完成です!
器に盛って小口切りのねぎを散らして召し上がってください。煮込んで出てきたアクをしっかり取り除いて透き通ったスープに仕上げるのが調理のポイントです。野菜も肉もたっぷりで食べ応えがあるので、夕食の献立の汁物としてはもちろん、このスープ一品で寒い日の朝食としていただくのも良さそうですよ!

レンジで作れる柚子ジャムで 生姜をピリッときかせて「ゆずジンジャー葛湯」

とろーりとろみのついた温かい飲み物は、身も心も温めてくれて寒い季節には抜群にうれしいですよね。ゆずと生姜をふんだんに使ったゆずジンジャー葛湯はいかがでしょうか。
ゆずを半分に切って皮ごと千切りにしてから、砂糖と合わせてレンジ8分で加熱してゆずジャムを作っておきます。ボウルに葛粉を入れて水を3回に分けて加え、泡だて器でよく混ぜます。網を通して鍋に移し、さらに練り混ぜて葛湯を作ります。そこにゆずジャムとすりおろし生姜を加えれば完成です!
甘いゆずジャムとピリッとした生姜が味を引き立て合って、相性抜群の組み合わせですよ。葛湯のとろみがあるので、長い間温かさが保たれます。寒い季節にゆったりとした気分でいただいて、ほっこりティータイムを過ごしてみてください!

芯からぽかぽかする優しい温活ドリンク「りんごとしょうがのホットスムージー」

寒い季節が旬の果物、りんごとしょうがを組み合わせた温活ドリンクがこちらです。刻んだりんごとすりおろししょうが、はちみつ、豆乳をしっかりとミキサーにかけます。カップに注いでレンジで温めたら、上にスライスりんごをトッピングしてオリーブオイルを回しかけて完成です!
濃厚な仕上がりなので、豆乳の量はお好みで調整してみてくださいね。牛乳やアーモンドミルクで代用しても美味しく仕上がります。ミントを飾り付ければより一層見映えよく仕上がりますよ。寒い季節のおもてなしのウェルカムドリンクとしても、女性が喜んでくれそうな一品です。

生姜と黒胡椒の大人なデザート 相性抜群「スパイスが香るココナッツ甘酒」

こちらは甘酒とココナッツミルクをメインに使ってジンジャーパウダーを効かせて仕上げる変わり種デザートのレシピです。
甘酒とココナッツミルクを混ぜ合わせてグラスに注いだら、上からホイップクリームを絞って、シナモンパウダー、ジンジャーパウダー、黒胡椒を振ってオリーブオイルをかけて出来上がりです。甘酒、ココナッツミルク、ホイップクリームの濃厚な甘さに、シナモン、ジンジャー、黒胡椒のピリリとした辛口のトッピングが存在感抜群で良いアクセントになっています。
こちらのレシピでは甘酒とココナッツミルクを冷やして使っていますが、温めて作れば寒い季節にぴったりのデザート感覚のホットドリンクになりますよ!

薬味が効いたあっさりテイスト「豆腐と大葉の生姜スープ」

こちらはどんな献立にもぴったりとはまってくれる、万能な生姜スープのレシピです。
鍋に湯を沸かし、鶏がらスープの素、さいの目切りの豆腐、長ねぎを入れてからすりおろし生姜、塩胡椒で味を調えます。火を止めごま油を回し入れたら器に注いで、千切りの大葉をトッピングしていただきましょう!
ごま油の香ばしい香りがたまらない、食欲をそそるスープです。豆腐と薬味だけでシンプルに仕上げているので、中華風の味付けですが和食や洋食と一緒にいただいても相性が良いですよ!寒い季節に覚えておくと活躍のシーンが多くなりそうですね。

いかがでしたか。夕食の一品に加えたいシンプルな味わいのスープから、デザート感覚でいただくおしゃれな一品まで、寒い冬に身体を温めてくれそうな生姜を使った飲み物のレシピをご紹介しました。寒い日には体が冷える前にぜひ作ってみてくださいね!

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1【保存版】これぞヘルシーおつまみ!代謝を助ける栄養素とレシピ特集榎本かな/管理栄養士
  2. 2安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  3. 3おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  4. 4短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  5. 5冬に食べたい!人気豚こまレシピmoguna編集部