さっぱり旨味で食欲増進!いつでも食べたいあさりとレモンのレシピ

パスタも鍋も味噌汁も、あさりが入るだけでうま味が増します。特別なダシを入れなくてもコクのある安定の味にできますよ。ただ、いつもの味付けに飽きてしまったら、レモンと合わせてさっぱり仕上げるのはいかがでしょうか。簡単でバラエティーに富んだレシピ5選です。

フライパンごと食卓へ「フライパンで簡単パエリア」

パエリアに欠かせない海鮮類。特にあさりなどの貝類は、米にうま味が染みて美味しいですよね。フライパン1つでできる、パエリアにレモンを添えて本格的に仕上げるレシピです。
ひと口大に切った鶏肉とエビ、そして輪切りにしたイカを用意します。まずはにんにくとたまねぎを炒めましょう。鶏肉と米も中火で4分ほど炒め、米が透き通ったら海鮮とパプリカ、トマト缶を汁ごと合わせて煮込みます。サフランを入れて、本格的なパエリアに♪あさりは最後に入れる事で、身もふっくら仕上がり、あさりの旨味が全体のバランスを整えます。
そのまま食卓に出せるので、本格的で豪華!飾りのレモンが色合いもまとめてくれます。1杯目はそのままで、2杯目はレモンを絞って食べると、味わいが変わります。2度楽しめる本格パエリアです。

ちょっぴり大人の味!「サラミとキャベツの白ワイン蒸し」

おつまみといえば、サッと出したい一品です。
チーズやサラミをそのまま出すのも味気ないという時に、意外な組み合わせでワンランク上のおつまみを♪細切りのサラミを、オリーブオイルで炒めます。サラミから出る適度な脂が香りとともに引き立ったら、5cm程に切ったキャベツ、トマト、あさりの順で多めのレモン汁と白ワインで蒸します。サラミから出るうま味と、あさりの出汁でコクが増すので、味付けはシンプルにしましょう。あさりが開いたらできあがり!本格的なイタリアンおつまみです。
茹でたてのパスタと絡めても美味しいレシピです。

あさりの旨味が深いのにレンジで作れる「あさりの中華風蒸し」

あさりの武器はうま味です。少ない調味料でも、しっかりとした味付けに仕上がるのが嬉しい食材です。
こちらのレシピは、その武器を生かして濃い味付けの多い中華にチャレンジしています。洗ったあさりの水気を切り、角切りの豆腐と一緒にレモン、醤油、酒を入れ電子レンジにかけます。2分程加熱したのち、かき混ぜてから再加熱します。あさりの口が開いたらあさりの中華蒸しが完成です♪
ごま油で香りをつけると、食欲も増します。ごま油とレモンの相性も抜群です。

塩レモンでさっぱりいただける蒸し料理♪「あさりともやしと長ねぎの蒸し煮」

少ない食材で作れる嬉しいレシピをご紹介します。
こちらはあさりと塩レモンがメインの簡単な蒸し料理です。あさりともやしは水で洗い、水気を切っておきます。フライパンにもやしを入れ、あさりと長ねぎを乗せてレモンを回し入れ、蓋を閉めたらあとは蒸すだけ!今や定番となった塩レモンを使った、さっぱり食べられる蒸し煮です。あさりの出汁が効いてるので、冷めても美味しい一品です♪

お腹をしっかりと満たせる「たっぷり春雨のスープ」

味噌汁やクラムチャウダーに使うことの多いあさり。さっぱりとレモンを効かせて、春雨スープはいかがでしょう。にんにくとナンプラーを入れるので、エスニック風の仕上がりになりますよ。簡単なのに変わり映えするエスニックスープです。
まずは湯につけて春雨を戻し、みじん切りにしたにんにくと鷹の爪を香りがするまで炒めます。あとはあさりを鶏がらスープと水で煮詰め、口が開くのを待つだけで完成です。たくさん食べたい時、少し控えたい時、お好みに合わせて春雨の量を調整してください。また、あさりのうま味が決め手なので、スープとしても十分な満足感がありますよ♪お好みでパクチーを添えてもOK。レモンの黄色い輪切りで彩りも映えます。
たっぷりレモン汁を絞って、本場の味に近づけてください。

うま味が特徴のあさりを活かせるのは蒸し料理が多いです。しかし、レモンと合わせるだけで中華風やエスニック風にアレンジができ、食べやすくなるので一緒に合わせて嬉しい組み合わせです。さっぱり味に仕上がるので、チャレンジしたいレシピばかりですね。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1鶏肉のおいしさを引き出す!はちみつを使った鶏肉レシピ12選あやママ
  2. 2安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  3. 3おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  4. 4短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  5. 5冬に食べたい!人気豚こまレシピmoguna編集部