和洋中どれでも美味しい!生しいたけを使ったレシピ5選

年中スーパーで売られている、しいたけ。時期により価格が違うため、干ししいたけをストックして、使っている方も多いかもしれません。しいたけは生の状態で冷凍保存しても、味も風味も変わらないと言われています。是非安い時に沢山買って冷凍保存し、様々な料理に活躍させてください。

しいたけの出汁が美味しい「基本の味噌汁」

和食の王道、味噌汁。毎日の食卓にかかせないというご家庭も、多いのではないでしょうか。生しいたけの出汁が、旨みをアップさせる味噌汁の紹介です。
鍋に、水、じゃがいもを入れて加熱します。火が通ったら、しいたけ、ワカメ、和風出汁を加えましょう。一煮立ちしたら、味噌を溶いて完成。
白味噌を少し加えると、甘みが増し、お子さまも食べやすい味噌汁になりますよ。じゃがいもは、水から茹でる事で火の通りを良くします。味噌を入れたら、沸騰させないように、弱火で少し煮る事がポイント。
食感や風味が落ちてしまうので、毎回出来たてを作って欲しい一品です。

絶品おつまみ 出汁香る「生しいたけの味噌煮」

晩酌をしていると濃いめの味付けのおつまみが欲しい時、ありますよね。そんな時も肉厚の生しいたけが大活躍。食べたい時にサッと出来る、簡単おつまみを作りましょう。
フライパンにごま油をひき、しいたけを炒めます。全体に油がまわったら、味噌、だし汁を入れて、炒め煮にしましょう。水分が飛んだら、あさつきを加えて一炒めし、完成。
弱めの中火でじっくり炒める事で、味がしっかり染み込みます。しいたけと相性の良いごま油で炒める事がポイント。
冷蔵庫にしいたけが余っている際、晩酌のお供に作ってみてはいかがでしょう。

肉厚しいたけで噛みごたえ満点「しいたけの肉詰め」

少ない肉でお財布に優しい、食べ応え満点なのにヘルシー、そんな夜ごはんに嬉しい一品のご紹介!チーズが良く合う、肉厚しいたけの肉詰めです。
ボウルに、豚挽肉、しょうが、ながねぎ、溶き卵、味噌、片栗粉を混ぜ合わせ、タネを作ります。しいたけの笠に片栗粉をまぶし、タネを詰めたら、小さい角切りにしたプロセスチーズを埋め込みましょう。タネの部分にパン粉をまぶして、フライパンで焼いたら完成。
沢山の調味料を使わず、味噌だけで充分コクを出してくれるので、何度もレシピを見直す手間もかからない、主婦の味方レシピです!

休日ランチに最適!たっぷりきのこでボリューミー「しいたけの絶品焼うどん」

家族が揃う休日。皆が集まる事は嬉しいですが、家事の手も休めたいですよね。そんな時に是非役立てて欲しい、フライパンひとつで簡単ボリューミーな、焼きうどんの紹介です。
フライパンに、しめじ、えのき、まいたけ、しいたけ、ごま油、塩を入れて、混ぜ合わせます。醤油、酒、出汁を加え、ふたをして沸騰させたら、牛肉を入れ、更に煮込みましょう。うどん、ねぎを加えたら、醤油で味を調え完成。
食べる前に、卵黄をのせてくださいね。卵黄の甘みと、きのこの出汁が良くうどんに絡んでおいしい、ボリューム焼うどんをどうぞ!

バターの風味と出汁の相性抜群「しいたけとホタテのタラスパ」

生しいたけ、ホタテの出汁、バターの風味が相性抜群の贅沢たらこパスタを作りましょう。
フライパンにバターを溶かし、ホタテ、ワインを入れて酒蒸しにします。軽く火が通ったら、ホタテを取り出し、オリーブオイル、にんにく、唐辛子、しいたけを入れて炒めましょう。ホタテを戻し入れ、茹でたパスタ、茹で汁も入れ、たらこを混ぜ合わせたら完成。
贅沢食材ばかりで作る、絶品パスタ。特別な日の食卓に並べてみてはいかがでしょう。たらこに火を通しすぎない事がポイントです。
辛味のきいたパスタが好きな方は、たらこを明太子にしてくださいね。

料理の中でも脇役のイメージが強いしいたけですが、和洋中どの分野でも、その出汁が存在感を出してくれます。しいたけは出汁まで美味しくいただけて、スープからメインディッシュまで献立に取り入れやすいです。是非、沢山のしいたけレシピをマスターして食卓に取り入れてくださいね!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1【米】の意外な一面に惚れる♡米を使った絶品おつまみレシピ12選よこさん
  2. 2一気に料理上手に見える!【簡単】副菜レシピ12選イイダミワ
  3. 3とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  4. 4簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  5. 5安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部