サクサク!もっちり!いろいろな食感が味わえる人気れんこんレシピ

秋から冬に旬を迎え、おせち料理にも大活躍なれんこん。火加減しだいで、さまざまな食感が楽しめるので、煮物や焼き物、揚げ物などいろいろな料理に活用されています。そんな人気の根菜類・れんこんを使ったレシピを選んでみました。

食前のちょっとした小腹満たしに最適「れんこんチップス」

ビールのおつまみにもピッタリ!サクサクした食感の手作りチップスはいかがでしょうか。
れんこんは泥を落とし、皮付きのまま薄切りにして、水溶き片栗粉を塗ります。餃子の皮を1枚ずつ貼り付けていき、フライパンにバターを落とし、れんこんを貼った面を下にして焼いていきましょう。裏面も焼き上がったら、塩を振って出来上がり。
たった10分で出来てしまう手軽さが魅力です。さらに、コクやボリューム感がほしいという方は、とろけるチーズを餃子の皮とれんこんの間に挟んでも、美味しく召し上がっていただけますよ。ピリ辛に仕上げたい場合は、ナチョスのソースやタバスコを振りかけると、ビールがより一層すすむ味に仕上がります。

冷めても美味しく味わえる「大豆とれんこんのつくね焼き」

豚ひき肉と大豆であっさりしたテイストに仕上がる、大豆とれんこんのつくね焼きをご紹介。大豆の水煮缶を使うことで、適度な水分が保たれたまま、挽き肉によく絡むタネが出来ますよ。
豚ひき肉に、みじん切りしたにんじん、長ねぎ、粗く潰した大豆の水煮を入れ、手でこね合わせたらタネが完成。薄切りにしたれんこんに片栗粉を振り、タネを乗せたらフライパンで両面を焼き、みりん、醤油で味付けを。皿に盛り付け、レタスやミニトマトを添えて彩りを加えます。さらに粒マスタードをトッピングすることで辛味とコクが足され、味のアクセントになりますよ。
アツアツのまま食卓で召し上がっていただく以外にも、冷えた状態でお弁当に持参しても美味しく召し上がっていただけます。

えびのプリっとした食感がたまらない「えびのれんこん挟み揚げ」

れんこんといえば、挟み揚げが定番のレシピ。今回は、歯ごたえのあるれんこんと、プリッとしたえびが相性抜群のメニューをご紹介します。
これ一つでメイン級のおかずになるため、時間がない方はこのメニューだけでも手作りの料理として、ご家族に振る舞ってみてはいかがでしょうか。
れんこんは薄切りにして酢水に付け、水気をオフ。食材に水気が残っていると、油で揚げたときに跳ねるのでご注意ください。れんこんにタネを挟んで揚げ上がったら、油を切って出来上がり。皿に添えた、すだちを絞って味の変化を楽しんでみてくださいね。

時短テクニックが嬉しい洋風きんぴら「ウインナーとれんこんのきんぴら」

ウインナーとれんこんが意外にも相性の良さを発揮する、新感覚のきんぴらはいかがでしょうか。たった10分の調理時間できんぴらが出来ますよ。
ウインナーとれんこんを薄切りにし、れんこんはサッと水に放ってえぐみを抜きましょう。フライパンにごま油を引き、2つの食材を炒めたら、みりん、料理酒、醤油、削り節、砂糖、水を加えて蒸し焼きにします。あとはれんこんの硬さを見ながら、水気を飛ばすように炒めて出来上がり。
甘辛い味付けのきんぴらで、ご飯がどんどんすすみますよ。お好みで七味唐辛子を振ると、大人好みの味付けに仕上がります。

れんこんが和洋風スイーツに大変身!「れんこんとさといものショコラケーキ」

れんこんのイメージを覆す、チョコレート味の根菜ケーキをご紹介。薄力粉を使わずに出来るので、カロリーが気になる方にもピッタリ!たくさん作って、お友達に配ってみてはいかがでしょうか。
れんこんやさといもの根菜を使用している意外性と、出来上がりの可愛い見た目に、“お料理上手”と褒められそうなレシピです。
調理のポイントは、ボウルに卵白を入れメレンゲを作ったら、タネのボウルに分けながら加えて、空気を含むようにサックリと混ぜること。この一手間が生地の食感を左右します。お好みでバニラアイスやチョコレートソースを添えると甘みが足されて、甘党の方にもご満足いただける仕上がりになりますよ。

いかがでしたか。れんこんの可能性を十分に感じられる、スイーツも含んだレシピを5つご紹介しました。つなぎの役目も果たすれんこんを、存分に使いこなしてみてくださいね。不足しがちな食物繊維を摂って、健康的な食卓を目指しましょう。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  2. 2おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  3. 3短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  4. 4冬に食べたい!人気豚こまレシピmoguna編集部
  5. 5給料日直前!節約献立レシピmoguna編集部