うまみと香りの相乗効果!しいたけ&ごまを使ったレシピ5選

うまみの強いしいたけは、単体で料理に使ってもおいしいですが、香りの良いごまと組み合わせることで、一層味が引き立ちます。今回は、しいたけとごまを使ったレシピを集めてみました。おつまみに最適なものから、お子さまもおいしく食べられるものまで、バリエーション豊かなレシピをぜひ参考にしてみてくださいね。

コクうま濃厚ソース「しいたけのごまチーズ焼き」

おつまみにおすすめのサッと作れる一品が、しいたけのごまチーズ焼き。
意外な組み合わせかもしれませんが、チーズを使ったソースとしいたけがよく合います。カットしたしいたけを耐熱皿に並べ入れ、醤油、胡椒、料理酒を加えます。粉チーズ、マヨネーズ、すりおろした白ごまで作ったソースをかけて、オーブントースターで焼いたら完成です。
お好みでパセリを振りかけて。濃厚なチーズとマヨネーズの組み合わせに白ごまがコクをプラス。ピリリと効いた胡椒が味を引き締め、お酒によく合うテイストに。
上手に作るコツは、アルミホイルで熱の通りを調整すること。焼き色が強くなってきたら上からかぶせてみましょう。

だし汁とごま油のうまみ「だいこんとしいたけのごま炒め」

しいたけとごまで、香り高い和のおかずを作ってみてはいかがですか。ほんのり辛味の効いた味付けが食欲をそそります。
ごま油でだいこん、にんじん、しいたけを炒め、調味料としいたけの戻し汁を入れてよく混ぜ合わせたものを加えます。汁気が減ってきたら、白いりごま、一味唐辛子を入れて全体をなじませて出来上がり。
しいたけの戻し汁をだしとして使うことで、味に奥行きが生まれます。他にだし汁を使わずとも、うまみのある仕上がりに。一味唐辛子と白ごまが、醤油や味噌をベースとした味付けを一層引き立てます。白ご飯はもちろん、様々な和風の主菜とよく合いますよ。覚えておけば、普段の献立作りに活躍してくれそうです。

サクサク感を楽しむ「しいたけのごまパン粉焼き」

まるでフライのようなサクサクの食感が楽しい、しいたけのごまパン粉焼き。揚げるのではなく、焼くことでヘルシーに仕上げました。
ポリ袋に醤油、料理酒、しょうがを入れてもんだ後、パン粉と炒りごまをまぶします。これを焼いて、きゃべつ、パセリと一緒に器に盛ったら完成。
香ばしい炒りごまは、噛めば噛むほど豊かな香りに。ギュッとつまったしいたけのうまみも、一緒にジュワッと染み出します。醤油ベースの味付けは、もちろん白ご飯と相性抜群。
しいたけの代わりに他のきのこでも作ることができます。衣の食感と、ジューシーなきのこの風味の組み合わせを、ぜひ楽しんでみてくださいね。

ピリ辛キムチ風味「ごまとしいたけの韓国風サラダ」

食卓の人気者、キムチを使った韓国風サラダも、ごまを使うことでよりコクがアップ。
ボウルにえのきだけ、まいたけ、しいたけと調味料を入れてサッと混ぜます。ラップをかけて電子レンジで加熱し、粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やしましょう。これにサラダ菜とキムチ、白炒りごま、焼き海苔を混ぜて出来上がりです。
しいたけを始めとするきのこに、キムチの辛味がベストマッチ。炒りごまがコクと食感をプラスしてくれます。辛さは加えるキムチの量で調節してくださいね。きのこを冷ましている間に他のメニューを作ると、手際よく調理が進みますよ。

きのこでヘルシーに「ごまとしいたけのつくねの照り焼き」

しいたけが苦手なお子さまにもおすすめのメニューが、しいたけを使ったつくねの照り焼き。
鶏ひき肉、白ねぎ、炒りごま、しいたけをボウルに入れて練り混ぜ、等分して形を整えます。これにラップをかけて電子レンジで加熱しましょう。仕上げに醤油、みりん、水、片栗粉で作ったたれを絡めて完成です。
鶏ひき肉としいたけのコンビはとてもジューシー。口の中でホロリと崩れるふわふわ食感です。電子レンジを使うことで、短時間でむらなく火が通ります。手軽に作れることも嬉しいですね。
器に盛るときは、プチトマトなどを添えると彩りもアップしますよ。

しいたけとごまを使ったレシピを5つご紹介しました。ごまを上手く使いこなすことで、いつものメニューもグッと本格的に。調理法によって様々な楽しみ方ができるしいたけと合わせて、毎日の献立に活用してみてください。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  2. 2おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  3. 3短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  4. 4冬に食べたい!人気豚こまレシピmoguna編集部
  5. 5給料日直前!節約献立レシピmoguna編集部