冬だからこそ食べたい、体を温める湯葉料理レシピ5選

ヘルシーで食べやすい湯葉は、老若男女問わず人気の食材ですね。お店で食べるイメージが強く、自宅で調理する機会は少ないという方が多いかもしれませんね。ご家庭の食卓に気軽に取り入れられる簡単なレシピが沢山ありますよ。今回は自宅で調理できる、冬にぴったりの湯葉のレシピをご紹介します!

冬だからこそ食べたい、体を温める湯葉料理レシピ5選
出典: moguna

豆腐と味噌の優しい 冬のあつあつスープ「くずきりと湯葉のスープヌードル」

くずきりと湯葉でツルッと喉ごしが良いスープヌードルは、豆乳たっぷりでとても温まります。
乾燥湯葉を湯で戻す時に重曹を使うと、プルンとした食感になりますよ。ぜひ湯にひとつまみの重曹を入れてみてください。湯葉が柔らかくなったら、水で重曹を洗い流します。昆布と椎茸のだし汁に豆乳を混ぜたら、味噌を溶かします。茹でたくずきりと柔らかく戻した湯葉、そして塩を少々加えてできあがりです。
煮立たせないように終始弱火で温めてくださいね。器によそったら、細く切った青じそといりごまを散らして召し上がってください。上品な味と口あたりがクセになりそうな一品です!

とろとろぷるん♪冬にぴったりのアツアツ茶碗蒸し「カニと湯葉のあんかけ茶碗蒸し」

短時間で作れるのがうれしい、本格あんかけがとろりとかかった茶碗蒸しです。
溶いた卵にだし汁を少しずつ加えながら混ぜていきましょう。調味料で味を調えたら、茶漉しなどで卵液をこします。茶碗蒸しの口あたりを良くするために、残っている泡は消しておきましょう。蒸し器の蓋を閉めて2分、その後は蓋を傾けて蒸気がもれる状態でさらに10分蒸します。味付けしただし汁に砕いた乾燥湯葉とカニ缶の身、だしでといた葛粉を回し入れてください。これを蒸しあがった茶碗蒸しにかけたら完成です。
お好みで茹でたいんげんをのせると彩り良く仕上がりますよ!

シャキシャキな食感がたまらない 冬におススメの炒め物「青菜とカニと湯葉の炒め」

湯葉が入った炒め物です。汁たっぷりでたべる青菜と湯葉の炒めものは、心が和む味わいです。
乾燥湯葉は、ぬるま湯に10分ほどつけて戻します。チンゲン菜は6cm幅に切り、サラダ油で表面をコーティングしておきます。カニの身とカニ缶の汁を使ってダシを作ります。そこに生姜と戻した乾燥湯葉を入れて煮込み、醤油で味付けしたらチンゲン菜を入れ蓋をします。シャキシャキ感が失われない程度に、強火で加熱しましょう。カニの旨みと生姜がきいただし汁を絡めていただきましょう。味も食感も本格的な仕上がりで、ご家族からの高得点を期待できるメニューですよ!
生姜たっぷりで体が温まるので、冬の寒い日に作ってみてくださいね。

チーズが入って子供も大好き 濃厚「えびときのこの湯葉チーズクリーム煮」

お子さまが大好きなえびが入ったクリーム煮に湯葉が加わると、口あたりがさらにマイルドになります。とろみが強めで、くみあげ湯葉の旨みもたっぷり詰まった、濃厚な味が楽しめます。
生姜とにんにくを炒めたところに、えびと野菜きのこ類を入れて炒めます。くみあげ湯葉とクリームチーズ、牛乳をミキサーでとろみがつくまで混ぜ合わせます。フライパンで温めながら、鶏ガラスープと塩胡椒で味を調えたところへ、さきほど炒めたえびや野菜類を混ぜ入れます。
さらに野菜を追加したり、ショートパスタを加えたりと、家族の好みに合わせたオリジナルレシピも簡単に楽しめますよ。

しょうがの風味が食欲をそそる 絶品!「湯葉入り玉子丼」

いつもの玉子丼よりもマイルドな味で、女性でも食べやすいレシピです。
軽く沸騰しただしに薄口醤油と普通の醤油、そして砂糖で味付けします。そこへ生湯葉、長ねぎ、油揚げを入れて全体がなじむまで数分煮ます。だし汁で溶いた葛粉を回し入れてとろみをつけたところへ、軽く溶いた玉子を回し入れましょう。あまり触らないように卵が固まり始めるまで待ったら、ご飯の上に盛りましょう。生姜を添え青ねぎを散らしたら完成です。
添えられた生姜の風味は油揚げとの相性も良く、優しい味付けの中に生湯葉の食感と風味がたまらない一品です。

日々の献立づくりにぜひご活用くださいね!

卵・豆腐・豆
湯葉