今が旬!お財布に優しいサバを使った簡単レシピ5選

一年を通じてリーズナブルに手に入れやすいサバですが、旬を迎える秋のサバは特に脂がのっていて美味しいと言われています。魚料理は下処理が手間、レシピがマンネリ化しやすいなど、食べる頻度が少ない家庭も増えてきているようですが、工夫次第で簡単にレバートリーを広げることができますよ。そんなサバを使った簡単にできるレシピをご紹介します。

赤ワインを使ってさっぱりと「サバの赤ワインみそ煮」

まず一品目はサバ料理の定番、サバのみそ煮のアレンジレシピのご紹介です。料理酒代わりに赤ワインを使うことで、いつもとは違ったサバのみそ煮が楽しめますよ。
塩、胡椒を振ったサバをフライパンで皮面から両面こんがり焼きます。醤油、水、しょうが、赤ワインを加えて落し蓋をし、煮汁が半分になるまで煮詰めます。みそを加え、お好みではちみつ少量を加え、皿に盛り、クレソンを添えれば完成です。
砂糖も使わず、甘みは少量のはちみつだけなのでさっぱりとした味付けです。砂糖をたっぷり使った甘いさばみそが苦手な方もぜひチャレンジしてみてください。

作り置きにもおすすめ「サバの韓国風煮もの」

魚の煮付けといえば和風の味付けが多いですが、韓国風にするとまた違った美味しさを楽しめます。鍋一つで簡単にできて、味が染み込む事で更に美味しくなるため作り置きにも向いていますよ。
鍋に水、料理酒、醤油、砂糖を煮立てたら、皮目に切り目を入れたサバを並べ、色が変わったらみじん切りにした長ネギとにんにく、一味唐辛子を加えて混ぜ、蓋をして煮ます。サバを端に寄せ、空いたところに大豆もやしを加えて再び蓋をし、火が通れば完成です。最後にいりごまを振って盛り付けましょう。
ピリッとした辛さがお酒にもよく合い、おつまみとしても活躍する一品です。

梅が隠し味「サバとたっぷり野菜のおかずサラダ」

次にご紹介するのは、一皿でサバと一緒に野菜をたっぷり摂れるレシピです。
サバの切り身を一口大にカットし、しょうがのすりおろし、醤油、料理酒に30分以上つけておきます。キッチンペーパーで水分を拭き取り、片栗粉をまぶして揚げ焼きにして、皿に取り出しておきましょう。
フライパンでキャベツ、パプリカ、もやしを軽く炒め、塩、胡椒で味付けし、サバの上に盛ります。最後にポン酢醤油、ねり梅を合わせたタレを上からかければ完成です。
こんがり焼いたジューシーなサバがくせになる一品です。

トマトソースで爽やかに「サバの唐揚げ ニラトマトソースがけ」

下味をつけて揚げるだけでも美味しいサバの唐揚げですが、簡単トマトソースをかけることでワンランクアップするレシピのご紹介です。
2cm幅にカットしたサバの切り身にしょうがの絞り汁、醤油、料理酒を混ぜたものを揉み込みます。キッチンペーパーで水分を拭き取り、片栗粉をまぶしてフライパンでこんがり揚げましょう。カットしたトマトとニラに酢、醤油、豆板醤、砂糖、ごま油と合わせて作ったソースを上からかければ完成です。
サバを揚げる所までは3品目「サバとたっぷり野菜のおかずサラダ」と工程がほぼ同じなので、おかずサラダとニラトマトソース2種類の味を楽しむのもおすすめですよ。

カレー風味で食べやすい「サバのカレー竜田揚げ」

サバの臭みが苦手な方にぜひチャレンジしていただきたい、カレー粉で下味をつけた竜田揚げのご紹介です。カレー粉が臭みを消し、香ばしい竜田揚げに仕上がります。
サバの小骨を取って1口大にカットし、まいたけと一緒に醤油、みりん、カレー粉を混ぜ合わせ、下味をつけます。汁気をペーパータオルで拭きとり、片栗粉をまぶして揚げれば完成です。レモンを添えていただきましょう。お弁当に入れても美味しそうですね。

いかがでしたか。サバが大好きな人にはもちろん、サバが少し苦手な方にもチャレンジしていただきたい様々な味付けのレシピをご紹介しました。ぜひ定番レシピ以外も作って旬のサバを美味しくお召し上がりください。

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1豚とキムチをいろんなレシピで召し上がれ!簡単豚キムチレシピ5選moguna編集部
  2. 2がっつり丼ぶりレシピmoguna編集部
  3. 3ぽかぽか♪シチューレシピmoguna編集部
  4. 4旬を味わう♪春パスタ特集moguna編集部
  5. 5短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部