冷めてもおいしい!炊き込みご飯のレシピ5選

炊飯器にセットするだけで出来上がる炊き込みご飯は、炊きたてはもちろん、冷めても美味しいので、幅広いシーンで大活躍してくれるメニューです。今回はそんな炊き込みご飯のレシピをご紹介します!

カラフルで具だくさんのスパイシーご飯「洋風炊き込みご飯」

肉も野菜もたくさん入ったボリューム炊き込みご飯です。
オリーブオイルでブツ切りの鶏肉と2cm幅に切った豚肉を強火で炒めておきます。米をといだらザルにあげ水気を切っておきましょう。フライパンにみじん切りの玉ねぎ、にんにく、唐辛子を入れて香りを出します。そこへ調味料とといだ米を入れ強火で2分間炒めましょう。
ビールと水を加え野菜を入れたら、一旦沸騰させてから火力を弱火に落とします。その後は蓋をして米を炊きます。蒸らし上がったらグリーンピースを加えてさっくりとかき混ぜ、あらかじめ焼いておいた肉と一緒に盛り付けて出来上がりです!

おもてなしにぴったりの炊き込みご飯「炊き込みビビンバ」

炊飯器で簡単に作れるビビンバ風の炊き込みご飯です。下準備に手間がかかるビビンバも、このレシピならとても手軽に作れますよ。
まずお米はといでザルにあげておき、食べやすく切った牛肉は合わせ調味料と混ぜ合わせて味をなじませておきます。あとの野菜も食べやすくカットしておき、炊飯器に順に入れていきましょう。
水はいつも通りの分量から大さじ2取り除いておきます。調味料分の水分が増えるので、ここでご飯がべったりしてしまうのを防ぎましょう。ニラだけは炊き上がった後にさっと混ぜます。お好きな器に盛ったら、白ごまをふりかけて完成です!

炊飯器で簡単に優しい味「牛肉ともやしの炊き込みご飯」

炊飯器のスイッチオンまで10分の時短レシピです。具材は切り落とし肉ともやしのたった2つという、家計にも嬉しいメニューです。
このレシピの要はなんといっても合わせ調味料です。たっぷりのしょうがと豆板醤と甜麺醤を使った合わせ調味料が味に深みと個性を出します。牛肉にこの合わせ調味料をもみこみます。といだ米に水をはり、もやしと味付けされた牛肉を入れて通常通り炊飯しましょう。
炊き上がったらさっくりと混ぜ合わせますが、ここでもし米がまだ硬いようなら再加熱を使って調整してみましょう。シンプルなレシピですが、牛肉の旨みと調味料の相性が絶妙なお役立ちレシピです!

材料を入れてスイッチを押すだけ カレー味「ソーセージ入り炊き込みご飯」

お子さまが喜びそうな、ソーセージとバターの旨みが効いた炊き込みご飯です。
といで水気を切った米、カレー粉をはじめとした調味料と白ワイン、水、カットしたソーセージ、マッシュルームを全て炊飯器に入れます。ソーセージとマッシュルームが一部に偏らないように全体に広げて、いつも通りに炊飯します。炊きあがったらバターを入れて全体をさっくりとかき混ぜましょう。明るい色で心弾む炊き込みご飯のできあがりです。
お子様が集まるパーティやお弁当にも大活躍しそうなメニューですね。お好みでドライパセリを散らして召し上がってください!バターが香ばしくてピラフ感覚でいただける炊き込みご飯です。

華やかフルーティーな南国の炊き込みご飯「タイ風パイナップルライス」

インパクト大なパイナップルライスのご紹介です。
玉ねぎとにんにくをスライスしたらサラダ油で炒めます。1cm角にカットした赤パプリカを加えて炒めたら、そこへ豚挽き肉を加えてしっかりと炒めましょう。カットした生のパイナップルを入れて混ぜ合わせたら、ご飯と調味料を加えさらに炒めます。調味料にはナンプラーも使っているので南国度がさらに高まりますね!
縦半分にカットしたパイナップルの皮を器に使えば、なんともリゾート気分なパイナップルライスのできあがりです。ローストしたカシューナッツを上から散らせば香ばしい香りも広がりますよ!

たくさん人が集まる時や、パパっと一品作りたい時には、見た目も華やかで味わい深い炊き込みご飯が重宝しますよね。賑やかな食卓の演出にぜひ、みんながあっと驚くような炊き込みご飯を作ってみてくださいね!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  2. 2がっつり丼ぶりレシピmoguna編集部
  3. 3ぽかぽか♪シチューレシピmoguna編集部
  4. 4旬を味わう♪春パスタ特集moguna編集部
  5. 5短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部