定番から韓国風アレンジまで 1度は作ってみたい人気の鯖レシピ

青魚の中でも代表的な魚、鯖。焼いたり煮たり様々な料理がありますが、その中でも今回は鯖料理の人気のレシピをご紹介します。果たしてどんな料理が人気なのでしょうか。人気のレシピから1度は作ってみたいレシピを見つけてみてくださいね。

1番人気の鯖レシピ「サバの竜田焼き」

鯖の料理の中でも定番の人気レシピがこちらです。皮がパリッと焼けていると、魚がさらにおいしくなりますよね。こちらのレシピは鯖を醤油やみりんで味付けした食べやすい竜田焼きなので、ご飯がさらにすすみますよ。
まず、鯖をそぎ切りにします。ここで焼き魚のポイントである皮をパリッと焼きあげるために、皮に十字の切れ目を入れてください。次に、醤油やみりんなどの合わせ調味料と鯖をからめます。
汁気を切り、片栗粉をまぶしたら、フライパンで皮を下にして焼いてください。鯖の皮がパリッと焼けたらひっくり返すタイミングです。皮の焼き方は他の魚にも応用できるので、こちらのレシピでぜひコツを掴んでくださいね。

さっぱり味が食欲をそそる!「さばの唐揚げ」

次におすすめなのがお子さまから大人気、「さばの唐揚げ」です。唐揚げは好きでも、たくさん食べると胃が重く感じることはありませんか。こちらの唐揚げはおろしポン酢と一緒にいただくので、さっぱりと唐揚げを召し上がっていただけますよ。
鯖の唐揚げをおいしくするポイントは2つです。
1つは骨を丁寧に取ることです。鯖を3枚におろしたら中骨や腹骨を丁寧に取り除きましょう。骨を取り終えたら、食べやすいように一口大に切ってください。
もう1つは衣です。唐揚げの衣のサクッとした食感は、唐揚げのおいしさを左右します。サクッとした衣にするために、揚げる直前に薄力粉と片栗粉をまぶしましょう。
だいこんおろしとポン酢が一緒なら、サクッとした鯖の唐揚げを何個でも食べられそうですね。

和風だしのあんが絡む「サバのおろし梅だしあん」

次に人気のレシピは、和風だしのあんで鯖をいただく「サバのおろし梅だしあん」です。和風だしのあんに梅を入れることで、梅のさっぱりとした酸味に食欲をそそられます。
鯖は2cm幅に切り、ビニール袋に入れて片栗粉をまぶして油で揚げてください。次に、水に和風だしの素、醤油、梅などを加えあんを作ります。水溶き片栗粉を加えてとろみをつければ和風だしあんの完成です。
梅の酸味でさっぱりとした和風あんは、鯖の味をより一層引き立ててくれますよ。

こってりした南蛮でおいしく!「サバの南蛮漬け」

お酒のおつまみとしても人気の高い、魚の南蛮漬けを鯖で作ったレシピです。お好みで七味唐辛子をふれば、ピリッとした味わいになり、辛い味がお好きな方にも気に入っていただけそうですね。
ポイントは、たまねぎと鯖にしっかりと味をしみこませることです。そこで、たまねぎを切るときは、繊維を断ち切るように薄切りにしてください。また、鯖は油で揚げたあと、熱いうちに甘酢に漬け込みましょう。そうすることでよく味がしみこみますよ。
旦那さまも大喜びしそうな、ご飯にもお酒のつまみにもなる南蛮漬けを作ってみませんか。

いつもと違う味噌煮で!「韓国風サバの味噌煮」

最後にご紹介するのは、鯖の味噌煮をピリ辛味にした韓国風のレシピです。風味を変えて、いつもとは違った鯖の味噌煮を味わってみませんか。
まず、和風の鯖の味噌煮を作るときと同じように下処理をしましょう。鯖の煮汁にコチュジャンとにんにくを加えれば、一気に韓国風の味に変身しますよ。コチュジャンとにんにくを加えることで鯖の臭みも和らぐので、青魚が苦手な方はぜひお試しください。
調味料に少し手を加えるだけで、和風の定番である鯖の味噌煮が韓国風の味で召し上がっていただけます。定番の味に少し飽きた方にもおすすめのレシピです。

定番の焼き魚や唐揚げ、そして南蛮漬けなど、幅広い鯖料理の人気レシピをご紹介しました。お気に入りの人気のレシピで、おいしく鯖を召し上がってくださいね。

ただいまフォロー&いいねキャンペーン開催中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  2. 2安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  3. 3簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  4. 4ぽかぽか♪シチューレシピmoguna編集部
  5. 5お子さまと一緒に作る♪ウキウキレシピ特集深月あかり