濃厚な旨みがたまらない!牡蠣とオリーブオイルの贅沢レシピ5選

生食でも、加熱しても美味しい「牡蠣」。プリッと柔らかい食感が特徴で、牡蠣独特の磯の香りと、濃厚な旨みが口に広がります。今回はそんな牡蠣と、相性抜群な「オリーブオイル」で作る、少し贅沢なレシピを5つご紹介します。牡蠣の魅力を最大限に引き出した絶品メニューばかりですよ。

この一品でワンランク上の食卓に!『牡蠣のサラダ バルサミコソースがけ』

牡蠣を贅沢に使用した、おもてなしにもぴったりの本格的なサラダレシピです。こだわりのバルサミコソースが牡蠣との相性抜群で、カリカリのベーコンも香ばしくリッチな味わいです!
フライパンにオリーブオイルを入れ、赤唐辛子、ベーコンを強火にかけてこんがりさせて取り出します。次に下味をつけた牡蠣に小麦粉をまぶしてフライパンへ入れ、焼き色をつけます。
取り出したら、続いてソースを作ります。シェリー酒、バルサミコ酢、塩胡椒、砂糖、バター、小麦粉少々でとろみをつけるように熱します。ベビーリーフ、トマト、牡蠣を盛り付けたサラダにソースを回しかけ、仕上げにベーコンを散らして完成です!

牡蠣の旨みがギュッと詰まった洋風茶碗蒸し『牡蠣のクリーミーフラン』

こちらも、おもてなしの席で喜ばれそうなメニューです。牡蠣の濃厚な旨みが味わえる、とろっとなめらかなフランをご紹介します。見た目もおしゃれで、お客様にも評判のレシピになりそうですね。
オリーブオイルを熱したフライパンで、みじん切りにしたたまねぎを炒め、白ワインを加えて沸騰させ、水分を飛ばした後冷まします。ボウルに卵、生クリーム、コンソメ、水、炒めたたまねぎ、ミキサーにかけた牡蠣のペーストを混ぜ合わせます。器に移して20分程蒸したら、フランの完成です!
飾り用に牡蠣をバターで炒めて、フランに乗せたら見た目も本格的です。

米粉を使ってヘルシーに!『牡蠣とほうれん草のコキール』

コキールとは、牡蠣などをホワイトソースと混ぜ合わせた上に粉チーズをかけ、オーブンで焼き上げるグラタンのような料理です。このレシピでは、小麦粉の代わりに米粉を使用しているので、美味しさはそのままにヘルシーなコキールが作れますよ。
牡蠣の下処理をして下味をつけたら、米粉をまぶします。フライパンにオリーブオイルを入れ、みじん切りにしたにんにくとたまねぎを炒めたら、牡蠣を加えて炒め、下ごしらえした野菜を入れて炒めます。
耐熱皿に茹でたペンネを敷き、炒めた牡蠣と野菜を乗せます。そこへ米粉でつくったホワイトソースを注いだら、パン粉、粉チーズをかけオーブントースターで焼き目をつけましょう。最後にパセリを散らして完成です!

本格贅沢おつまみ!『牡蠣のガーリックオイル漬け』

バルで味わうような、本格的な牡蠣のガーリックオイル漬けレシピです。オリーブオイルとガーリックが効いて、牡蠣の濃厚な旨みがギュッと濃縮された一品です。作り置きして、パスタやグラタンなどさまざまな料理にアレンジ出来そうですよ。
牡蠣は下処理をして、オリーブオイルを熱したフライパンに牡蠣をのせましょう。塩胡椒を振り、水分を飛ばすように炒めたら醤油を加えさらに炒めます。粗熱が取れたら保存容器に入れ、にんにく、オリーブオイル、黒胡椒、ローリエを入れて6時間以上漬け込んだら完成です!

とろ〜りクリーミー!濃厚な味わい『牡蠣クリームコロッケ』

牡蠣を丸ごと贅沢に使用した、ジューシーなクリームコロッケのレシピです。牡蠣の濃厚な旨みがとろ〜りじゅわっと口に広がり絶品です!クリーミーな味わいの中に、大葉のさわやかな風味がアクセントになっています。
クリームはシチューのルーでお手軽に作れますので忙しいときにもピッタリなレシピですよ。
シチューのルーに水を加えてレンジで加熱し、なめらかになるように混ぜます。そこへ、すりおろししょうが、刻んだにんにく、大葉、塩を加え混ぜ、冷蔵庫で冷やしたらクリームは完成です。牡蠣はオリーブオイルで焼いてオイスターソースを絡め、薄力粉を振りクリームで包みます。薄力粉、卵、パン粉の順につけて油で揚げたら完成です!

牡蠣とオリーブオイルの絶品レシピをご紹介しました。オリーブオイルを効かせた、牡蠣の旨みを最大限に引き出した贅沢なメニューは、普段の食卓でも、おもてなしでも喜ばれるはずです!牡蠣好きな方はもちろん、普段はあまり食べない方も牡蠣の美味しさを堪能出来るレシピです。是非お試しください。

ただいまフォロー&いいねキャンペーン開催中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  2. 2安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  3. 3簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  4. 4ぽかぽか♪シチューレシピmoguna編集部
  5. 5おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部