しょうが風味で食べやすい!簡単でおいしいサバのレシピ5選

サバが旬を迎える季節ですが、サバ特有のくさみが苦手という方も多いのではないでしょうか。そんなときは、しょうがをプラスしてみましょう。しょうがの香りと味でくさみが和らぎ、さっぱりと食べられますよ。今回は、サバとしょうがを使った簡単でおいしいレシピをご紹介します。

漬けて焼くだけ!簡単でおいしい「サバの竜田焼き」

最初にご紹介するのは、サバの竜田揚げをアレンジした焼き物レシピです。揚げる手間なく、竜田揚げ風のおいしさを気軽に楽しめますよ。
サバは皮目に十字の切込みを入れ、醤油、みりん、しょうが汁、料理酒、ねぎのみじんぎりを合わせたタレをからめます。片栗粉をまぶし、油を熱したフライパンに皮目を下にして入れ、両面を焼いたらできあがりです。
パリッとした焼き上がりにするために、皮に切れ目を入れるのが大事なポイントです。
サバのうま味がしっかりと閉じ込められていて、とてもジューシー。香ばしいサバの味わいを存分に堪能してくださいね。

色鮮やかで食卓も華やぐ「塩さばのビタミンたっぷり香味だれ」

あっさりと大根おろしで食べる焼きサバもおいしいですが、サバの香ばしさと香味ダレが絶妙にマッチするこちらのメニューも格別なおいしさです。
塩サバは3cm幅のそぎ切りにし、油を熱したフライパンで両面を焼きましょう。フライパンを軽くふいて、油、しょうが、にんにくを入れて弱火にかけ、香りがたったらパプリカを加えて炒めます。ポン酢、砂糖、ごま油を加えてひと煮立ちさせ、熱いうちにサバにかけ、細ねぎを散らしたら完成です。
しょうがとにんにくの効いた甘酸っぱいタレは香りもよく、サバをさっぱりと食べられます。彩りもいいので、魚嫌いなお子さまでも楽しんで食べてくれることでしょう。

がっつりからんだ甘辛ダレが美味「鯖の竜田揚げ」

タレに漬けたサバに衣をつけて揚げ、さらに甘辛ダレをからめた竜田揚げをご紹介します。衣に濃厚な甘辛味がしみこみ、白いごはんがもりもりすすみますよ。
醤油、酒、しょうが、にんにくを合わせた調味液に、ひと口大のそぎ切りにしたサバを漬けこみ、片栗粉をまぶしてカラリと揚げます。別鍋でタレを作り、揚げたサバにからめましょう。皿に盛ったら、お好みでレモンを絞って召し上がってください。
サバを揚げる際は、160℃で3分揚げたのち、いったん取り出し、再度160℃で1分揚げて二度揚げしましょう。外はカリッと、中はふんわりと仕上がりますよ。

和食の定番をピリ辛味に「韓国風サバの味噌煮」

しょうがの効いた和食の味噌煮に、コチュジャン、にんにく、ごま油をプラスして、韓国風ピリ辛味の味噌煮に仕上げましょう。
サバは熱湯を回しかけて余計なくさみを取っておきましょう。フライパンに、だし汁、しょうが、酒、味噌、砂糖、コチュジャンを入れて強火にかけます。煮立ったらサバを入れて、ときどき煮汁をかけながら中火で煮ていきましょう。にんにくとごま油を加えて混ぜ、全体に味をからめます。器に盛り、小ねぎ、唐辛子をのせたらできあがりです。
パンチのある香り、味わいがサバによく合う一品です。

甘酸っぱい南蛮ダレでサッパリ食べやすい「サバの南蛮漬け」

青魚と相性のいい調理法「南蛮漬け」レシピをご紹介します。アジの印象が強いかもしれませんが、サバで作ってもおいしいですよ。カラッと揚がったサバに、甘酢のほどよい酸味がからんでサッパリと食べられます。
サバは、醤油としょうがすりおろしで下味をつけ、片栗粉をまぶしてカラリと揚げましょう。熱いうちに、スライスした玉ねぎを浸した甘酢ダレに10分ほど漬けこみ、味をなじませたらできあがりです。青じそをちらし、お好みで七味唐辛子をふって召し上がってください。
さつまいもも一緒に揚げると、食べごたえのある一品に仕上がりますよ。

脂がのっておいしいうえに、安価で手に入りやすいサバは主婦の強い味方です。しかし、特有のくさみで敬遠されたり、塩焼きや味噌煮が続くと飽きてしまうことも。
そういう時はしょうが風味でくさみを和らげ、なおかつ味わいにひと工夫のあるサバ料理を作ることでご家族からも喜ばれることでしょう。さっそく、旬のサバでトライしてみてくださいね。

ただいまフォロー&いいねキャンペーン開催中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  2. 2安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  3. 3簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  4. 4ぽかぽか♪シチューレシピmoguna編集部
  5. 5お子さまと一緒に作る♪ウキウキレシピ特集深月あかり