お手軽から本格派まで 冬にぴったりなリゾットレシピ5選

リゾットは生米からフライパンで作る本格的な方法だけではなく、残りご飯を使って作るお手軽な方法もありますよ!今回は、アツアツのリゾットをフーフーしながら食べる、寒い冬にぴったりなレシピをご紹介します。

ジュースで作るトマトリゾット「えびのトマトリゾット」

まずはえびの下処理をします。殻をむき、背ワタを取り除きましょう。背ワタは爪楊枝を使うと、取り除きやすくておすすめです。
フライパンにトマトジュースと調味料を入れ、煮立たせた後にえびを加えます。再び煮立ったら、スライスした玉ねぎとご飯を加えて再び煮込みます。
温かいご飯を加えることで、短時間でリゾットを作ることができますよ。最後にレタスを加え、さらにオリーブオイルを回しかけたら完成です。
トマトジュースと温かいご飯を使うことで、短時間であっという間にリゾットが仕上がりますね。時間のない時にもおすすめの一品です!

蟹の旨味を吸ったお米がおいしい!「カニのチーズリゾット」

まず玉ねぎ、エリンギ、ハムをカットします。火の通りを均一にするために、大きさをそろえてカットすることがポイントです。
風味づけにオリーブオイルでにんにくを炒めてから、カットした玉ねぎとエリンギ、米を炒めます。具材に火が通ったら、水と調味料を加えて20分ほど煮込みます。
具材と米をお鍋に入れるだけのシンプルな手順なので、手間なくリゾットを作ることができますよ。米が柔らかくなったら、ハムとほぐした蟹を加えて完成です。
蟹は缶詰を使うと、お手軽に本格的な味を楽しむことができるのでおすすめです!

炊飯器とコーンポタージュの素で「ポタージュ風味のリゾット」

お次はボタン1つで炊飯器におまかせのレシピです。
炊飯器に水、塩胡椒、コーン、コンソメ、コーンスープの素を入れて、炊飯ボタンを押します。炊飯器の設定は、お粥モードで炊飯することがポイントです。炊飯し終わったら、生クリームと牛乳を混ぜればあっという間にリゾットの完成です。
炊飯器の種類によって仕上がりが違うので、牛乳で調整するとリゾットのような食感になりますよ。火を使わないので、料理が苦手な人でも作りやすい一品です。冬の寒い時期におすすめです!

素材を味わう、さらさらリゾット「グリーンピースと桜海老のリゾット」

みじん切りにした玉ねぎを、オリーブオイルを使ってフライパンで炒めます。玉ねぎがしんなりとしてきたら、生米を洗わずに加えます。洗わない生米を使うことで、食材の風味を吸収しやすくなりますよ。
米が透明になったら、調味料と桜海老を加えて煮立たせます。煮立ったらグリーンピースを加えて再び煮込んで完成です!
桜海老とグリーンピースから旨味が出るので、ブイヨンを使わなくてもコクのある味わいになります。素材の味が楽しめるおしゃれな一品です。

残りごはんで作るおいしい一品「チーズリゾット」

最後は残りごはんで作るお手軽リゾットの紹介です。フライパンでみじん切りにした玉ねぎとベーコンを炒めます。
食材がしんなりとしたら、残りご飯を加えます。残りご飯は、水でサッと洗ってから加えることがポイントです。一度洗うことで、粘り気の少ないリゾットを作ることができます。リゾットは、粘り気を出さずに作ることがおいしいリゾットを作るコツです。
調味料で味を調え、牛乳とチーズを加えて完成です!残りご飯を使って作るので、手間なく簡単にリゾットを作ることができますよ。

リゾットは生米から作る方法と、残りご飯で作る方法があります。どちらもフライパンや炊飯器1つで作れるので、手間なく簡単に作ることができます。洗い物が少ないのも嬉しいポイントですね。寒い冬には、ぜひ温かいリゾットを作ってみてください!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1一気に料理上手に見える!【簡単】副菜レシピ12選イイダミワ
  2. 2【米】の意外な一面に惚れる♡米を使った絶品おつまみレシピ12選よこさん
  3. 3とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  4. 4簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  5. 5安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部