もう一品欲しい時にオススメ!キャベツと酢を使った料理5選

どこのご家庭の冷蔵庫にも常備されているキャベツ。今回は、キャベツとさっぱりとした味わいに仕上げてくれる酢を一緒に使って、あともう一品欲しい時やお弁当のおかずにも使える料理を5つご紹介いたします。使い道に困っている余ったキャベツが冷蔵庫に眠っている方、野菜をたっぷり使ったヘルシーな料理を作りたい方、必見です。

爽やかな酸味がアクセントに!「キャベツと鶏ささみのマスタード酢の和えもの」

まず、最初にご紹介するのは、鶏ささみとキャベツで作るマスタード酢のさっぱりとした和えものです。
作り方はとても簡単で、鶏ささみとキャベツを茹でたら、あとは特製のマスタード酢で和えるだけで出来上がりです。作り方のポイントは、鶏ささみを茹でる時、弱めの火でじっくり茹でると肉質がふんわり柔らかく仕上がるので、オススメです。
淡白な鶏ささみは一見、料理のレパートリーがあまり無いように思いがちですが、シャキシャキとしたキャベツと共に、マスタード酢と一緒に和えることで、コクのある立派なおかずに変身します。
和え物はさっぱりとした味付けのおかずなので、ビールのお供にもオススメですし、お弁当のおかずやあともう一品副菜が欲しい!という時にも、時短ですぐに調理できる万能レシピです。

リンゴ酢が入った!「オレンジ入りコールスローキャベツサラダ」

次にご紹介するのは、オレンジという爽やかなアレンジが加わったキャベツのコールスローサラダです。
コールスローのドレッシングには、リンゴ酢やピンクペッパー、オリーブオイル、粒マスタードなどが入っており、大人が好む味付けになっています。あとは、細かく刻んだキャベツ、にんじん、たまねぎ、きゅうりと特製ドレッシングを和えれば、見た目もオシャレなオレンジ入りコールスローキャベツサラダの完成です。

タレの隠し味に酢が効いている!「ピリ辛香味ダレのキャベツ豚バラ巻き」

ピリ辛味の香味ダレをかけたキャベツの豚バラ巻きのご紹介です。キャベツは千切りにしているので、ふんわりシャキシャキとした食感になっています。豚バラ巻きを上手に焼くコツは、豚バラの巻き終わりを必ず、下にして並べること。そうすると巻きが取れることなく、綺麗に作ることができますよ。
香味ダレには、酢や醤油とすりおろしたにんにくやしょうが、白ごま、豆板醤が入っています。タレの味付けはピリ辛ではありますが、あと引く辛さになっていて、ごはんと一緒にパクパク食べたくなるスタミナ満点のおかずですよ。
小さなお子さまや辛い味付けが苦手な方には、豆板醤を入れずにタレを作ることをオススメします。

ごま油と酢が香る!「焼きキャベツのガーリックサラダ」

次にご紹介するのは、ジュワッと甘く香ばしい焼きキャベツのガーリックサラダです。キャベツはごま油で焼くことで、香ばしい風味に仕上げているのがポイントです。
焼きキャベツにかけるタレは、酢を加えて酸味の効いたさっぱりとした味付けに、にんにくをプラスしているので、食欲があまり無い時や、箸休めの一品としてもオススメの料理です。
調理方法も簡単で、作る時間もそれほどかからないので、あともう一品欲しいという時にもオススメのレシピです。

バルサミコ酢がアクセント!「牛肉とキャベツのマスタードドレス」

最後にご紹介するのは、バルサミコ酢の香りが香ばしい牛肉とキャベツで作るパワーサラダです。ヘルシーな料理が食べたい時や、野菜不足を解消したい時にオススメのメニューで、マスタードをまとった牛肉とキャベツのシャキシャキとした食感は、箸がすすみますよ。キャベツはフライパンで蒸し焼きにしていくので、生で食べるよりキャベツ本来の甘みが増し、食感も少し柔らかくなり、どなたでも食べやすくなります。最後に、バルサミコ酢とマスタードを合わせて作ったドレッシングを仕上げにかければ、オシャレな牛肉とキャベツのマスタードドレスの完成です。
調理時間も短いので、忙しい方や料理が苦手な方でも簡単に作れることができてオススメです。

いかがでしたでしょうか。今回は、どこのご家庭にも常備されているキャベツと酢を使った、簡単料理を5つご紹介いたしました。さっぱりとした味付けの料理から、お酒のおつまみやお弁当のおかずにぴったりなレシピまで、様々な料理に自在に使えるキャベツは、肉だけでなく魚とも相性抜群です。是非とも今日の晩御飯のおかずにお役立てください。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  2. 2安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  3. 3ぽかぽか♪シチューレシピmoguna編集部
  4. 4簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  5. 5がっつり丼ぶりレシピmoguna編集部