いつものメニューを春菊で。彩り春菊レシピ5選

鍋物やお浸しなどに使われる事が多い、春菊。特有の香りと風味を持ち、関西では「菊菜(きくな)」とも呼ばれます。そんな春菊の香りと風味を生かしたレシピを集めてみました。彩りの良い食卓の一品に活用してくださいね。

お酢でさっぱりと「春菊とシメジの酢浸し」

春菊と相性抜群のスダチで、酢浸しを作りましょう。酢とスダチの酸味が、疲れた日でも口あたりよく、あっさり食べられる一品です。
シメジと春菊は、茹でて水にとって冷まし、水気を切っておきます。ボウルに、酒、味醂を混ぜ合わせてレンジで加熱し、アルコールをとばしましょう。塩を入れて冷まし、だし汁、醤油、スダチを加えたら、春菊、シメジを浸して完成。
シメジは、シイタケやマイタケでも代用可能です。味噌汁などの汁物に使われる事が多い食材を、酸味のきいたあっさりテイストに仕上げた酢浸しを、本日の食卓にいかがでしょう。

定番の白和えを春菊で「春菊とにんじんの白和え」

葉物はほうれんそうが使われる事が多い白和えを、春菊で作りましょう。ほうれんそうにはない春菊のシャキシャキ食感が楽しめ、スッキリまとまった新感覚の白和えです。
春菊はさっと茹でて、食感を残します。にんじん、こんにゃくは、だし汁、砂糖、塩、醤油で炒め煮にしましょう。水切りし、裏ごしした豆腐に、醤油、塩、砂糖、練り胡麻、春菊、こんにゃく、にんじんを合わせたら完成。キノコや野菜、なんでも合うので、冷蔵庫に残っている食材を茹でて加えてもGOOD!

新鮮な春菊の風味漂う「和風春巻き」

和食の王道きんぴらと、中華の王道春巻きのコラボレーション料理をご紹介。生の春菊が、風味を良くし、シャキシャキ食感を出す、春菊が欠かせない春巻きです。
フライパンにごま油を熱し、牛肉、にんじん、ごぼう、糸こんにゃくを炒め、醤油、砂糖で味をつけましょう。春巻きの皮に、春菊、炒めた具材をのせて巻き、油で揚げれば完成。
野菜をなかなか食べてくれないお子さまでも、春巻きにする事で「食べてみよう」と思える見た目に。肉多めから始めて、最終的にはたっぷり春菊をおいしく食べられる、母の野菜春巻きにしたいですね。

たっぷり春菊がおいしい「シャキシャキ春菊のモチっとチヂミ」

韓国料理の定番チヂミを、春菊で仕上げた一品。にらで作るチヂミとは違い、口あたりが軽く、あっさり食べられる一品です。
ボウルに、豚挽肉、春菊、塩胡椒、薄力粉、醤油、酢を合わせます。溶き卵、水を加えて、フライパンで焼いたら、ごま油を鍋肌から回し入れカリッと焼き上げましょう。醤油、酢、白胡麻、一味唐辛子を混ぜ合わせたタレを添えて完成。
モチモチの生地にたっぷり春菊を入れて、風味豊かなチヂミに仕上げる事がポイント。活躍の場が狭いと思われがちな春菊を、主役にしたレシピです。

食材の味で食べるヘルシーチャーハン「春菊の玄米チャーハン」

少ない調味料で、食材そのものの味や出汁で食べるチャーハンを作りましょう。玄米を使用しているので、噛みごたえもあり、ヘルシーなのに満腹になる一品です。
春菊は、葉を摘み取りざく切りに、茎は小口切りに刻んでおきます。フライパンに胡麻油を熱し、しょうが、ねぎで香りを出したら、春菊の茎、桜えびを加えて炒めましょう。玄米ご飯、春菊の葉を加えてほぐし炒めたら、醤油、塩で味をつけ、黒ごまを混ぜれば完成。
それぞれの食材の旨みと風味が絶妙にマッチし、彩り豊かなチャーハンの出来上がり。一品で栄養満点の満腹料理をどうぞ!

いかがでしたでしょうか。春菊を加えるときれいな緑色が、料理の彩りを良くし、見た目も華やかになりますね。春菊は様々な料理に使えるので、この機会に是非食卓にたくさん取り入れてくださいね。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  2. 2安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  3. 3ぽかぽか♪シチューレシピmoguna編集部
  4. 4簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  5. 5がっつり丼ぶりレシピmoguna編集部