作ってみたくなる!大根のおすすめレシピ5選

野菜の中でもポピュラーな存在の、大根。大きく太い大根は食べ応えがあり、食べ方も様々。生で食べればシャキシャキとした食感、加熱すればしっとりしした食感になりますね。味わいがシンプルなだけに、組み合わせる食材や調味料によって、大きく味わいが変化する食材でもあります。今回は、数ある大根レシピの中から作ってみたくなるような絶品レシピを5つまとめてみました。

大根でサンド!「厚切り大根のステーキ」

大きな大根をダイナミックに活用!輪切りにしてこんがり焼いた大根を使用して、ベーコンをサンドしたレシピです。ボリューム満点で食べ応え抜群。野菜を美味しく豪快に食べたい方におすすめです。
大根は下味をつけてから焼くので甘みがより一層増しますよ。下味は醤油やバターなど大根との組み合わせが良いものばかり。美味しさがより際立ちます。
しっとりとした大根の後に来る、中のベーコンの食感が堪りません。バルサミコソースを使えば、さっぱりと食べることができるのでお好みでアレンジしてみてください。

肉の旨みをたくさん吸収「手羽元と大根の煮物」

大根の煮物と合わせたい肉といえば、鶏肉の手羽元。一緒に煮込むことで肉の旨みが大根にも染み込み、堪らない味わいになります。
大根は白い根の部分の他、茎まで使うのでゴミが出ず、食材を無駄なく使うことができますよ。大根と手羽元は煮込む前にフライパンで炒めておけば、煮込んだ時の火の通りがスムーズになります。
大根の茎が食感と見た目の色合いのアクセントになり、料理をより際立ててくれますね。お腹にたまる大根と手羽元の絶品レシピをぜひ。

すぐ作れる和え物「大根と塩昆布のさっぱり和え」

大根の和え物で合わせたい食材、塩昆布。程よい塩っ気が大根に馴染み、美味しさを引き立ててくれます。淡白な味わいの大根ですが、塩昆布などの食材と組み合わせることで味が決まり、つまみやすい味わいになりますよね。
こちらのレシピでは塩昆布の他、梅肉とレモン果汁も一緒に和えることで酸味を効かせて、さっぱりとした味わいに仕上げています。今回使用しているのはレモンですが、無ければシークワーサーやすだちなどの他の柑橘類でも代用可能。
さっぱりとした大根が食べたい時は、ぜひ作ってみてくださいね。

ごま油と醤油が味の決め手「大根とかいわれの和風サラダ」

こちらは、大根とかいわれを使った和風のサラダ。味の決め手となるのはごま油と醤油。味が素朴な大根とかいわれだからこそ、香りと味が強い、ごま油と醤油でしっかり味付けをしています。
和風に仕上げるため、かつお節と海苔を加えていますが、この2つが入ることで香りも豊かになりますよ。シンプルな作り方ながらも、一瞬で平らげてしまいそうな美味しいサラダです。
大根の青い部分は辛味があるので、こちらのサラダには白くて柔らかい部分を使うようにしましょう。

お子さまが喜ぶ大根レシピ「大根と豚肉のミルフィーユ蒸し」

大きく太い大根ですが、薄くスライスすることで違った味わいを楽しめます。こちらは大根を薄くスライスしたものと豚バラ肉を、重ね並べて蒸し上げたミルフィーユ蒸しです。
柔らかくなった大根と豚バラ肉の食感は、優しい味わい。中にはチーズが入っているので、トロリとした食感も楽しめます。チーズの風味が味のアクセントになり、食欲をそそりますよ。
蒸す時に吹きこぼれやすいので、必ずラップの端を開けてレンジで加熱するようにしましょう。

いかがでしたか。大根は、焼いたり、煮たり、和えたり、蒸したりと柔軟に対応できる便利な食材。サイズが大きいものが多いので、一度で一本丸ごとを使い切ることはなかなかないですが、今回紹介した5つのレシピはそれぞれで大根の扱い方が違うので、大きな大根を一本買ったらいろいろと試してみてはいかがでしょうか。

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1みんなが大好き!食パン♡しっかり食べられる食パン朝ごはん12選リミ
  2. 2とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  3. 3簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  4. 4安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  5. 5おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部