すってトロトロ 切ってシャキシャキ 長芋のアレンジ人気レシピ

とろとろネバネバとした独特の粘りがあり、生食されることが多い長芋。オクラやなめこ、納豆と一緒に、白いご飯に乗せて食べることが好きな方も多いのではないでしょうか。すればトロトロな柔らかな食感に、切れば豊富な繊維質を感じるシャキシャキ食感の長芋は、焼くことでまた違った美味しさを楽しめます。今回はする、切る、焼く、それぞれの調理方法で食感に合った人気のアレンジレシピをご紹介します。

すってトロトロ 切ってシャキシャキ 長芋のアレンジ人気レシピ
出典: moguna

長芋と明太子を合わせてお酒に合うおつまみに。「明太とろろがけ大根」

一つ目は長芋をすり下ろして使う、おつまみレシピです。
すり下ろした長芋を入れたボウルに、ほぐした明太子、醤油、顆粒だし、めんつゆ、大葉を加え混ぜ合わせます。千切りした大根を器に盛り、その上から混ぜ合わせた長芋をかけて、最後に白ごまを振り掛ければ調理はもうお終い。少ない手順とは裏腹に、明太子やだしの旨味が効いた味わい深い一品です。
長芋のトロトロ感と大根のシャキシャキとした歯応えに、ビールや日本酒が止まらなくなってしまうかも。

いつもの手巻きに長芋で食感をプラス「まぐろと長芋の海苔巻」

次は長芋のシャキシャキとした食感を楽しむレシピです。
長芋を棒状にカットし、酢水に浸しておきましょう。巻きすに海苔を広げ、酢飯、青じそ、まぐろ、長芋を交互に重ねて置きます。手前から巻いて、一回り巻き上げたところでぎゅっと抑え込み、形を整えることがポイント。巻いたら食べやすいサイズにカットして盛り付ければ出来上がりです。
断面がまぐろと長芋の市松模様になり、見た目も華やかな巻き寿司に。
酢飯を使う量が、一般的な海苔巻より長芋の分だけ減るので、食事量を調整したい方にもおすすめです。

すり下ろした長芋を使ってあったかグラタン「長芋グラタンカレー風味」

ここからは長芋を洋風料理に使ったレシピをご紹介します。まずはカレー風味のグラタン。
グラタン皿に輪切りにしたソーセージ、下茹でしたブロッコリー、コーンを並べます。その上から長芋のソースをかけましょう。長芋のソースは、すり下ろした長芋に、麺つゆ、マヨネーズ、カレー粉を混ぜ合わせたもの。表面にこんがりと焼き色がついたらOKです。
ほっくりトロトロとしたソースがクリーミーで、長芋のイメージが覆ることになるかもしれません。
今回は豆腐やソーセージを使ったパターンでしたが、例えば豆腐をじゃがいもに変えてみたり、ソーセージが無ければ余ったハムで代用したりと、具材をお好きにアレンジしてオリジナルの長芋グラタンを作ってみてくださいね。

とろ~りとソースをかけて焼き上げる「里芋グラタンの長芋ベシャメルソースかけ」

ベシャメルソースとは、フランス料理で言うホワイトソースのこと。このレシピでは、ベシャメルソースの材料になるのが、なんと長芋なのです。すり下ろしてトロトロにして、豆乳で伸ばし、煮詰める…どんな味わいのソースになるのかは、ぜひ実食を。
すり下ろした長芋、豆乳など調味料を入れて、ねっとりするまで弱火でかき混ぜます。それを、だし汁で煮た里芋に乗せ、パルミジャーノをまぶし、オーブンで焼き上げましょう。お好みの野菜を添えて、唐辛子をかけたら完成。
トロッとした長芋べシャメルソースとホクホクの里芋がよく合う、一口おつまみです。

ふわっと軽い食感の秘密は長芋入りのピザ生地にあり!「ねぎ焼きピザ」

最後はピザの隠し味に長芋を使うレシピです。
秘密はピザの生地にあります。生地のベースとなる、天ぷら粉、だし、卵と一緒にすり下ろした長芋を混ぜ込みましょう。こうすることで、生地にふわっと軽い食感が生まれます。
生地にさらに万能ねぎも加え、フライパンで熱して両面を焼き、合わせ調味料で作ったソースを塗ります。いか、玉ねぎ、トマト、ピーマン、チーズを乗せ、蓋をして蒸し焼きに。チーズが溶けたら、出来上がりです。
ピザと言えど和風に仕上がっているので、ワインは赤ワイン、白ワインどちらにも合います。ビールやチューハイ系もピッタリ。
出前のピザは夫婦の晩酌には大きすぎて食べきれないこともありますが、手作りなら作る量を調節できるので、無理なく食べられますね。

長芋を使ったレシピをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。ちょっとしたおつまみや巻き寿司は、長芋の本来の魅力を十分に感じられる一品です。その他にグラタンやピザにも合わせられるなんて意外、と思われた方も多いのではないでしょうか。これを機に、長芋のアレンジ料理を試してみてくださいね。

野菜
秋・冬野菜
長いも・山いも

調理の仕方により食感を変える、長芋。今回は、そんな長芋を使って、見た目も華やかなおしゃれレシピを集めてみました。普段の食...
moguna編集部
そのまま生でも、焼いても、すりおろしても美味しい山芋。つなぎとして使われることもあり、様々な食感を楽しめる山芋ですが、ク...
moguna編集部
山芋と言えば「とろろ」。ご飯にかけて、わさび醤油をたらして食べるだけでもおいしいですよね。この記事では、とろろとして活躍...
moguna編集部
普段から食べている根菜の芋には、じゃがいも、さつまいも、さといもなど様々な種類がありますよね。その中でも長芋の特徴は、ト...
moguna編集部
生で食べると、歯ざわりの良い食感が魅力の長芋は、焼くとホクホクになり、違った食感が楽しめます。そんな長芋は味にクセがなく...
moguna編集部
ネバネバとした食感の長芋は、調理の方法によって、シャキシャキと歯ごたえを感じたり、フワフワと軽やかでクリーミーな食感を味...
moguna編集部
栄養豊富かつヘルシーな、健康を助けてくれる食材の一つが長芋。生でも良し、煮て良し、焼いて良しと、実は調理法のバリエーショ...
moguna編集部
すりおろして、とろろとして食べるのも美味しい長芋。今回ご紹介するレシピを使えば、この長芋や野菜をたくさん食べることができ...
moguna編集部
長芋は、根菜類の中でも栄養が豊富なことで有名です。中でも長芋をすりおろした「とろろ」は、蕎麦のに乗せたり、まぐろと合わせ...
moguna編集部
独特のねばりを持つ長芋は、調理方法次第で食感や見た目の変化を楽しめる野菜ですよね。すりおろしても刻んでも、生でも煮ても焼...
moguna編集部