調理法次第で変幻自在!長芋レシピ5選

独特のねばりを持つ長芋は、調理方法次第で食感や見た目の変化を楽しめる野菜ですよね。すりおろしても刻んでも、生でも煮ても焼いてもおいしく、シャキシャキ、トロトロ、フワフワ、いろいろな食感が楽しめます。今回は、そんな長芋の性質を活用するレシピを選んでご紹介します。

おろし長芋とおひたしの組み合わせで「小松菜と油揚げの辛とろろあえ」

すりおろして食べるとろろは、長芋ならではの食べ方として有名ですね。とろろは、熱々の白いごはんや麺類にかけることが一番簡単な食べ方ですが、ついついワンパターンになりがち、という方も多いのではないでしょうか。そんな時は、野菜と和えて、副菜にぴったりの一品に変身させてみてはいかがでしょうか。
すりおろした長芋にしょうがと唐辛子を効かせて醤油で味付けしたら、湯がいた小松菜、油抜きした油揚げ、炒めたしめじと和えればできあがりです。
とろろを野菜と組み合わせた意外性に、いつものおひたしのマンネリから脱却!変化を付けたい時にぴったりの一品ですよ。

長芋のとろろを意外な一品に「なすと豆腐の和風トロトログラタン」

とろろがマンネリに感じた時におすすめの長芋活用レシピに、グラタンはいかがでしょうか。
耐熱皿に、水切りした豆腐となすを交互に並べたら、すりおろした長芋と麺つゆ、ピザ用チーズをかけてオーブントースターで焼くだけでできあがり。
仕上げに散らす、かつお節、万能ねぎ、白ごまの風味がアクセントになって、ごはんにもよく合う和風グラタンは、もう一品欲しい時にもサッと用意できる一品です。
和風の味付けで晩酌のおつまみにも合いますし、意外性とボリューム感はおもてなしにも活躍してくれそうですね。

おしゃれでボリュームたっぷりの一品「手羽先と長芋の香草焼き」

焼いたときのシャキッとした食感の何ともいえないほっこり感は、長芋ならではのものではないでしょうか。和風食材のイメージが強い長芋ですが、芋類と相性のいい鶏肉と組み合わせて、こんなおしゃれな一皿にも。
手羽先をハーブとオリーブオイル、塩胡椒でマリネしておいて焼くだけで、本格的な料理に仕上がります。豪華な見た目とハーブの爽やかな風味は、おもてなしや特別な日のメインディッシュにぴったりですね。
前日に仕込んでおくことができるので、忙しい日にもうれしいお助けレシピですよ。

梅肉の風味が相性ぴったり「長芋の茹で豚巻き」

長芋のシャキっとした食感を利用して、豚肉巻きを作ってみましょう。梅肉の酸味は、長芋とも豚肉とも相性抜群。どちらの旨みも引き立ててくれます。
豚肉に大葉を敷いて、短冊に切った長芋と梅肉をクルリと包んだら、電子レンジで加熱してできあがりです。フライパンいらずであっという間に作れるので、忙しいときにも重宝するレシピですね。梅の酸味がきいているので、味付けはあっさり、大根おろしとぽん酢でいただきましょう。
加熱しすぎると、ホクホクした感じになってしまうので、長芋のシャキシャキ感を残すように仕上げましょう。

揚げて楽しむ簡単レシピ「長芋フライ」

おつまみにもお弁当の一品にもおすすめの手軽な一品、長芋フライをご紹介します。
長芋に醤油と七味唐辛子で下味をつけたら、片栗粉と小麦粉を混ぜた衣をつけて、揚げれば完成です。揚げすぎないように、衣がきつね色になったら油から上げましょう。お子さまには七味唐辛子を抜いて作れば、フライドポテトとはまた違った食感で、おやつにもおすすめです。
生の長芋のとろとろが苦手という方は、このレシピを試してみてはいかがでしょうか。七味唐辛子だけでなく、柚子胡椒や梅肉で風味をつけてもOK。長芋レシピの定番になりそうなおいしさですよ。

いかがでしたでしょうか。一本丸ごとのおいしい長芋が出回っているのを見つけたら、ぜひこんなレシピを試してみてくださいね。

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  2. 2卵って最高!卵を使った簡単おつまみレシピ15選小春
  3. 3厚揚げde簡単!節約レシピ特集深月あかり
  4. 4簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  5. 5安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部