山芋、長芋が美味しいレシピ5選

とろろのネットリ感が、ご飯やおかずと相性の良い山芋や長芋。とろろ以外にも美味しい食べ方はたくさんありますよ。今回は、そんな独特の食感が美味しい、山芋や長芋を使ったレシピを5つご紹介します。食卓のおかずはもちろん、お酒のアテやホームパーティーでも使えそうなものもあるので、様々な場面で活用できることでしょう。

山の幸と海の幸を味噌で閉じ込めた、絶品おつまみ「鮭と山芋のゴマ味噌煮」

サーモンと山芋を使って、簡単にできる絶品おつまみを作ってみませんか。「鮭と山芋のゴマ味噌煮」は、ゴマ香る味噌が決め手。みりんや砂糖で、ほろ甘く仕上げましょう。
サーモンを炒めた時の油が、山芋に移って香り高い仕上がりに。一口食べれば、優しい味噌の風味がフワッと鼻から抜けますよ。
サーモンが好きな人は是非お試しあれ。日本酒や白ワインと一緒にいただきたいですよね。

鮮やかで可愛い見た目が楽しい「豆腐と山芋のカップサラダ」

美味しく野菜を食べたい、それは当たり前ですよね。この「豆腐と山芋のカップサラダ」なら、味はもちろん、見た目もキュート。ミニトマトの赤と、きゅうりの緑が鮮やかに映えます。お友達とのホームパーティーでも活躍してくれますよ。
一つのカップの中に、野菜がたくさん入ってるのでヘルシー。女性には嬉しいポイントですよね。野沢菜はトロトロの山芋と相性抜群。スルスルと美味しくいただけますよ。
晩御飯の前菜として、家族や友人に作ってあげてみてはいかがでしょうか。

サクサク食感がたまらない「山芋フライ」

山芋を片栗粉、薄力粉でカラッと揚げる「山芋フライ」は、食卓の献立はもちろん、ビールのアテにももってこいですよ。
醤油、七味唐辛子でシンプルに味をつけたら、衣をつけて油の中へ。カラッと上がったフライは、外はサクサク、中はトロッと軽い口当たりに。
七味唐辛子のスパイスの利いた風味が、良いアクセントになってくれています。小さなお子さまがいる場合は、七味唐辛子は抜いて作ってあげてくださいね。

市松模様のかわいい巻き寿司「まぐろと長いもののり巻き」

言わずと知れた名コンビ、まぐろと長いも。その二つを作って市松模様の「まぐろと長いもののり巻き」を作ってみませんか。
青じそに白色の長いも、赤色のまぐろをのせて、酢飯で巻きます。そうすることで切った時の断面図がかわいい市松模様に。
このレシピなら、酢飯のレシピもあるので、ご家庭で簡単に酢飯を作れるようにもなりますよ。
青じそのさっぱり感が、酢飯の甘い酸味を引き立ててくれています。こういった巻き寿司がテーブルに並ぶと、特別な日かのように感じてしまいますね。

ハーブの香りで高級感あふれる一品 「手羽先と長芋の香草焼き」

最後にご紹介するのは、オレガノ、ローズマリー、タイム、セロリといった香草を使った「手羽先と長芋の香草焼き」です。
香草の香りをしっかり馴染ませた手羽先は、高級感のある良い香りに。オーブンで火を通す際に、手羽先の旨みが長芋にも馴染んでいきますよ。最後にかける白ワインビネガーが、食欲をそそる爽やかな酸味をプラス。
今夜の食卓はハーブを使って、お家ディナーにしてみてはいかがでしょうか。

和食のイメージが強い山芋や長芋ですが、「鮭と山芋のゴマ味噌煮」や「手羽先と長芋の香草焼き」などは白ワインとも合いそうですよね。今回ご紹介したレシピがあれば、今よりもっと、山芋や長芋を使いこなせるようになりますよ。もしこれらの食材が余ってしまった時は「山芋フライ」にすれば大丈夫ですよね。独特な食感の山芋や長芋は、ヘルシーなのに食べ応えもあるので、ぜひ積極的に献立に取り入れてみてくださいね。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  2. 2安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  3. 3ぽかぽか♪シチューレシピmoguna編集部
  4. 4簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  5. 5お子さまと一緒に作る♪ウキウキレシピ特集深月あかり