大根と梅干しで作る、さっぱりレシピ5選

大根をさっぱりと食べたいとき、どんなレシピでいただくのがお好きでしょうか。今回は、梅干と組み合わせて、大根をさっぱりといただくレシピをご紹介します。大根と梅干し、といえばサラダが思い浮かぶ方も多いかもしれませんが、この組み合わせはサラダだけの専売特許ではありません。煮物や魚料理、意外なところではスープなど、様々な料理に活躍してくれますよ。

梅干しの酸味が欠かせない「大根とツナの和風さっぱりサラダ」

大根と梅干しの組み合わせ、といえば、まずはやっぱりこれ!和風でさっぱりと食べられる、大根の和風サラダではないでしょうか。
このサラダは、器に千切りにした大根、ツナ、ほぐして叩いた梅干し、千切りにした大葉を順番にのせて、最後に手作りのドレッシングをかければできあがりです。
みずみずしい大根に、ツナの旨みと梅干のさっぱりした酸味が相性抜群で、ついたくさん食べたくなりますね。生の大根は苦手、という方でも、梅干し風味のこのサラダなら食べられる、という方も多いのではないでしょうか。

大根おろし入りのだしが決め手「鶏の梅おろし煮」

ヘルシーな鶏むね肉を使って、メインディッシュにおすすめの、さっぱりとした煮浸しを作ってみましょう。
削ぎ切りにした鶏むね肉は、塩胡椒をふって薄く小麦粉をまぶし、フライパンで焼き付けます。焼けたら一度鶏肉をとり出して、調味料を煮立てます。そこへ大根おろしを加えて片栗粉でとろみをつけたら、鶏肉と梅干しを加えてできあがり。
鶏むね肉は、加熱するとパサつきやすいですが、削ぎ切りにして小麦粉をまぶすことでパサパサ感が軽減され、おいしく仕上がりますよ。

野菜たっぷり、とろとろあったか「中華風鶏肉ときのこと大根の梅卵スープ」

スープに梅干し、というのは、少し珍しいかもしれませんね。梅干しは、塩分と酸味が強く、旨みもあるので、このレシピのように調味料として使うこともできるのです。
この中華風の卵スープは、野菜たっぷりで、梅のやさしい酸味が旨みを引き立てる、簡単ながら深い味わいのおすすめレシピです。
鍋に水と鶏がらスープを入れたら、材料の野菜を順番に加えていきます。最後の梅干しを加えて調味料で味を調えたら、水溶き片栗粉でとろみをつけてできあがり。具沢山で栄養たっぷりの、やさしいおいしさのスープになりますよ。

ごまの風味が香ばしい「きのこと大根のさっぱり梅肉和え」

もう一品ほしいときや箸休めに、電子レンジで気軽に作ることができる、大根を使ったこんなレシピはいかがでしょうか。
大根ときのこは、耐熱容器に入れて軽くラップをかけて加熱し、水分を切っておきます。そこに、めんつゆ、ごま油、すりごまと、梅干しを叩いたものを混ぜて和えればできあがり。
めんつゆとごま油が梅の酸味を緩和し、さっぱりおいしい和え物です。大根、きのこ類を電子レンジで温めるときは、軽くラップをすると水分が逃げず、しっとりと仕上がりますよ。

大根おろしをたっぷりのせた「さばのおろし梅だしあん」

青背の魚と梅干しは、梅干しが魚の臭みを押さえると同時に、魚の旨みをしっかりと引き出してくれる、人気の組み合わせですね。
こちらの「さばのおろし梅だしあん」は、片栗粉をまぶしたさばをカラッと揚げたら、すりおろした大根おろしをのせ、和風だし、醤油、酢、梅干しを煮立て、片栗粉でとろみをつけたあんをかけていただきます。さばに片栗粉をまぶすときは、ポリ袋に入れてふくらませ、ポンポンとふると簡単ですよ。
さっぱりと大人味のこのレシピは、おもてなしの一品にも、お酒のおつまみにもぴったり。サッと作れて便利なこともうれしいレシピですね。

いかがでしたか。大根も梅干しも、組み合わせ次第で薬味にも、調味料にも、具材にもなりますね。レパートリーも増えますので、ぜひこの機会に、いろいろな使い方をマスターしてみてくださいね。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  2. 2おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  3. 3短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  4. 4冬に食べたい!人気豚こまレシピmoguna編集部
  5. 5給料日直前!節約献立レシピmoguna編集部