ホクホク食感が美味しい!長芋を使った焼き料理レシピ5選

生で食べると、歯ざわりの良い食感が魅力の長芋は、焼くとホクホクになり、違った食感が楽しめます。そんな長芋は味にクセがなく、どんな調理方法でも美味しく食べられる便利な食材。今回は、長芋を使って作れる、焼き料理レシピをご紹介します。

簡単調理が嬉しい一品「長芋のにんにくバター醤油焼き」

長芋を切ってフライパンで焼くだけで作れる、とても手軽な一品。焦げ目がつくまで焼いた長芋はホクホクで絶品!
バター・にんにく・醤油で味をつけているので、シンプルなのにしっかりと味が付いていて、ついつい箸が進んでしまいます。パッと作れるので、もう一品欲しい時にもぴったりのレシピですよ。
シャリっとした食感が好みなら軽めに焼き、ホックリ感がこのみならじっくりと焼きしましょう。食べやすい大きさに切ってから調理すると、味がさらによく染みるので、ぜひ試してみてくださいね。

ハーブの香りが漂う本格的な一品「手羽先と長芋の香草焼き」

見た目が華やかで、おもてなしでも喜ばれそうな、本格的な一品がお家で作れる香草焼きのレシピ。
ローズマリーやオレガノなどのハーブの香りが爽やかで、ジューシーな手羽先肉との相性が良く、お酒のおつまみにもぴったりですよ。手羽先肉は、ハーブを揉み込んで寝かせることで、しっかりと手羽先にハーブやにんにくの香りが移り、とても香りが良くなります。
ポイントは、手羽先肉を焼き色がつくまでしっかりと焼くこと。手羽先肉に焼き色がつかない場合は、少し温度を調整して調理しましょう。

出汁醤油が焼いた素材に染みる!「長芋と蛸の出汁サラダ」

たこのプリッとした食感と、山芋のホクホクとした食感が同時に楽しめるサラダレシピ。
サラダなのに、具材たっぷりで食べ応えがあります。ごま油がほんのりと香り、だし・みりん・酢などを混ぜ合わせた出汁醤油はあっさりとした味わいで、食欲がない時にも美味しく食べられそうですね。
焼きたてのたこと野菜は、熱いうちに出汁醤油につけることがポイントです。熱いうちにつけることで、味が具材に染みやすくなりますよ。
たこは生のものを使用する場合は、一度茹でて冷ましてから使用しましょう。

お弁当のおかずにもぴったり「長芋と鶏つくねの磯辺焼き」

こんがりと焼いた鶏つくねと、柚子胡椒の相性が良い一品。
すりおろした長芋を加えた鶏つくねはふわとろの食感です!パン粉が入っているので、鶏挽き肉の旨味を吸収して、ジューシーさを残したまま調理ができます。海苔の香ばしさがアクセントになり、とても美味しく食べられますよ。
鶏挽き肉は、使う直前まで冷蔵庫に入れて冷やしておくことが美味しく作るポイントです。柚子胡椒だけでなく、ポン酢などの好みの調味料をつけても美味しく食べられますよ。細かく刻んだ長芋を加えると、シャキシャキ感も楽しめます。

明太子のピリ辛感が美味しい「長芋と明太子のオーブントースター焼き」


具材と調味料を混ぜて、オーブントースターで焼くだけで手軽に作れる、もう一品欲しい時にもぴったりのレシピ。
明太子とマヨネーズで味付けした長芋は、味がしっかりと染みて、ホクホク感が楽しめます。とろーり卵が長芋と絡んで、たまらなく美味しいですよ。焼いている途中で焦げそうになったら、アルミホイルをかぶせて焼きましょう。
長芋をスライサーで細切りにする場合は、滑りやすいので気をつけてくださいね。好みでチーズをかけてから焼いても美味しく食べられるので、ぜひ試してみてください。

そのまま焼いても、すりおろして他の食材と合わせて焼いても、美味しく食べられる長芋を使った焼き料理のレシピをご紹介しました。少し加えるだけで、いつもと違った食感を楽しめる長芋を使って、料理を楽しみましょう。

ただいまフォロー&いいねキャンペーン開催中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1子どもからリクエストが出る!簡単で楽々できる和食レシピ12選メアリー
  2. 2とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  3. 3もう1品プラスしたい時に!食卓を彩るおすすめの副菜16選あやっこ
  4. 4安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  5. 5簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり