長芋とろろの絶品レシピ5選

普段から食べている根菜の芋には、じゃがいも、さつまいも、さといもなど様々な種類がありますよね。その中でも長芋の特徴は、トロリとした舌触りと、すりおろした時のネバネバ感。ご飯にかけたり、和えたり、焼いたりと使い道は様々あります。今回はそんな長芋をすりおろして作る絶品レシピを5つ紹介します。

長芋の絶品レシピ(1)「かつおと味噌のとろろ汁」

長芋をすりおろして、トロトロになったとろろはのど越しがよく、スルスルと口の中に入ってきます。そのとろろを、かつおと味噌と組み合わせて、とろろ汁に仕上げました。
具材のかつおはカットして料理酒と塩を振り、ラップをかけずにレンジで加熱。そのかつお、味噌、とろろをミキサーを使用して混ぜ合わせればあっという間に、とろろ汁の完成です。
ネバネバ長芋の食感が楽しい汁物で、美味しく楽しく召し上がることができそうですね。冷やして飲んでもまた違った味わいを楽しめますよ。

長芋の絶品レシピ(2)「だいこんと海藻ミックスの梅とろろ和え」

長芋をすりおろしたとろろと、相性の良い具材の一つが海藻。トロトロした粘りがあるとろろとの相性は抜群の味わいですよね。
この2つの食材を組み合わせた和え物で、梅でさっぱりと仕上げたこのレシピは、おつまみや口直しにもピッタリ。海藻ミックスは水でしっかりと戻して、味が薄まらないように水気を切ってから使うようにしましょう。
味付けは塩、酢、醤油のみとシンプルです。具材の持つ味が素朴な分、味付けが濃くなり過ぎないように気をつけて調味しましょう。

長芋の絶品レシピ(3)「明太とろろがけだいこん」

味わいをより深くしてくれるとろろと明太子を組み合わせて、だいこんにかけたこちらのレシピは、サラダやおつまみとしてもオススメしたい一品です。
大葉や白いりごまが香り、和のテイストを楽しめます。辛いものが苦手な方は、明太子の代わりにたらこを使って作ることもオススメですよ。
切って混ぜるだけのお手軽レシピなので、料理が苦手な方も簡単に作ることができそうです。

長芋の絶品レシピ(4)「ズッキーニの味噌とろろ丼」

長芋をすりおろしたとろろといえば、とろろ丼が定番レシピですよね。こちらのレシピは、定番のとろろ丼を味噌とズッキーニでアレンジ。ジューシーなズッキーニがネバネバのとろろと絡み合い、絶品です。
ズッキーニはカットして、ごま油を熱したフライパンでこんがりと蒸し焼きに。塩で味付けしたら、ご飯の上に焼いたズッキーニと、味噌を混ぜ合わせたとろろをのせ、刻み海苔をトッピングして完成です。
ズッキーニと一緒に、なすやきのこを焼いて加えても美味しいですよ。

長芋の絶品レシピ(5)「とろろキムチの豚丼」

がっつりと食べてスタミナをつけたい。そんな時は、やっぱり丼ものがいいですよね。こちらのレシピは豚キムチ丼にとろろをかけて、ボリューミーな食べ応えながらもスルスルと食べることができる一品となっています。
キムチや黒胡椒のピリ辛具材に、とろろと卵黄のまったり感が好相性で、食べ終わった頃にはお腹も心も満たされそうですね。しめじなどのきのこを一緒に炒めると、食感のアクセントになるのでオススメですよ。
食欲旺盛な方や育ち盛りのお子さまに作ってあげたいですね。ご飯が温かいうちにお召し上がりください。

いかがでしたか。とろろを使用した汁物という珍しいものから、定番のとろろ丼をアレンジしたものまで様々でしたね。今回紹介したように汁物、和え物、ご飯物など様々な種類がありますので、気になったものを作ってみてはいかがでしょうか。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  2. 2おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  3. 3短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  4. 4冬に食べたい!人気豚こまレシピmoguna編集部
  5. 5給料日直前!節約献立レシピmoguna編集部