食感を楽しむ!長芋を使ったレシピ5選

栄養豊富かつヘルシーな、健康を助けてくれる食材の一つが長芋。生でも良し、煮て良し、焼いて良しと、実は調理法のバリエーションが豊かな食材でもあります。そんな長芋の特徴は何といってもシャリッとした食感。今回は長芋の食感を生かしたレシピを集めてみました。

シャリトロ食感の「長芋の和風サラダ」

長芋のシャリシャリした食感を生かしたサラダはいかがですか。思わず箸が進む和風の味付けに仕上げました。
レンジで加熱した長芋を熱いうちに粗く潰し、醤油、酢、胡椒と紫玉ねぎ、カニカマを混ぜておきます。ツナ缶、万能ねぎ、醤油を炒め混ぜ、長芋にかけて完成。
長芋のとろみが全体に絡み、まとまりのある仕上がりに。炒めたツナと万能ねぎの香ばしさに、食欲がそそられます。醤油ベースでさっぱりと食べられますが、濃厚なマヨネーズを加えてもおいしいですよ。
野菜の苦手なお子さまに特におすすめのアレンジです。彩りも豊かなので、おもてなしの席でも喜ばれそうです。

コクとうまみの「豚バラと長芋のカレー醤油煮」

あっさりとした長芋と、コクのある豚バラは相性抜群のコンビ。お子さまに人気のカレー醤油味の煮込みなら、長芋が苦手なお子さまもおいしく食べられそうです。
フライパンで長芋を焼き色がつくまで焼き、豚肉、だし汁、カレー粉を加えます。エリンギを入れて煮込んだら出来上がり。器に盛ったら、仕上げに万能ねぎを散らしましょう。
少し厚めに切った長芋は、噛むたびシャキシャキで楽しい食感。だし汁が味に奥行きを加え、どこか上品な味に仕上げます。和風の献立にも洋風の献立にも合わせられるレシピです。
作る時に長芋を触ってかゆみが出たら、酢水で洗うと良いですよ。

白ご飯によく合う定番「長芋オクラとろろ」

白ご飯にかけておいしい長芋のとろろ。手軽に作れて、レシピを覚えておくと食卓を豊かにしてくれそう。そのままでもおいしく食べられる、しっかりした味付けのレシピです。
すりおろした長芋と、茹でて輪切りにしたオクラ、めんつゆを順に入れて混ぜ合わせます。器に盛って刻み海苔と炒り白ごまをかけたら、見た目も本格的な長芋のとろろの完成です。
長芋にオクラを合わせることで、ネバネバ効果がアップ。白ご飯によく絡みます。わさびに卵、納豆など、加える食材によってアレンジ方法も無限大。ぜひお好みの組み合わせを見つけてみてくださいね。

長芋の食感を生かした「牛肉と長芋のサッと煮」

昆布だしと醤油のシンプルな味付けで、具材の味と食感を最大限に生かした、牛肉と長芋のサッと煮。短い時間で作れるのも嬉しいポイントです。
昆布を水につけて戻し、戻し汁ごと取っておきます。フライパンで、牛肉、長芋、さやいんげんを炒め、昆布を戻し汁と一緒に加えましょう。砂糖、醤油、料理酒で味を調えて煮込んだら完成。途中でアクを取るのも忘れずに。
シンプルながらどこかホッとする、優しい味わいの煮込みです。サッと煮ることで、長芋のサクサク感が残りますよ。食感を楽しみながら味わってくださいね。仕上げに糸とうがらしをのせると、さらに彩りがアップします。

ヘルシーで簡単「長芋の梅だれ和え」

栄養豊富な長芋は、ダイエット中のおつまみ作りにもおすすめ。梅だれでさっぱりヘルシーな和え物レシピのご紹介です。
種を取り除いた梅干しを叩いてペースト状にし、めんつゆと混ぜておきます。これを鰹節と一緒に、千切りにした長芋にかけたら出来上がり。日本酒や焼酎によく合う一品です。
もちろん普段のおかずとしても大活躍。様々なメニューと組み合わせやすく、食卓にもう一皿プラスしたい時にもおすすめです。長芋を切る時、太さを変えると食感も変化。ザクザクボリューミーがお好みなら太めに、シャキシャキ感を楽しみたいなら細めに切ると良いでしょう。 

長芋の食感が楽しめるレシピを5つご紹介しました。料理は味だけでなく、食感や見た目も楽しみたいもの。豊かな食感の長芋をレシピに取り入れることで、食卓が一層楽しく豪華なものになりそうです。今回の記事もぜひ参考にしてみてくださいね。

ただいまフォロー&いいねキャンペーン開催中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1子どもからリクエストが出る!簡単で楽々できる和食レシピ12選メアリー
  2. 2とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  3. 3もう1品プラスしたい時に!食卓を彩るおすすめの副菜16選あやっこ
  4. 4安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  5. 5簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり