作って食べたい!なめこの美味しいレシピ5選

きのこの中でも独自のぬめりが特徴的な、なめこ。小粒のものから大きなかさのものまで様々ですが、口の中で楽しめる食感がたまらない食材ですよね。なめこは和え物や味噌汁が定番ですが、実は様々なレシピで活躍しています。味が素朴な分、他の具材とも組み合わせやすく、多くのレシピが存在します。今回は、その数あるレシピの中でも特にオススメしたいレシピを5つまとめてみました。

ご飯のお供やお口直しに「なめこのさっぱりおろし」

トロトロとした舌触りが特徴のなめこを、さっぱりとしたおろし和えに。ご飯のお供や箸休めにオススメしたいのが、こちらのレシピです。
使う材料はなめこ、だいこん、だいこんの葉、柚子の皮、麺つゆのみ。この少ない材料で美味しい一品が作れますよ。
だいこんの根の方は、おろし金ですりおろし水気を絞ります。ここでしっかりと水気を取ることで、味が薄まらず美味しい仕上がりに。なめこやだいこんの葉は食べやすいように切り分け、湯に通しておきます。最後は他の材料と混ぜれば完成なので、食べる直前に麺つゆをかけてください。

トロトロとフワフワの組み合わせ「なめこの中華スープ」

なめこの特徴的なトロトロ食感と、卵のフワフワ食感が絶妙な組み合わせの中華スープは、それぞれの食感を楽しめる美味しく楽しい一品です。
スープの味は胡椒、塩、鶏がらスープの素で仕上げます。沸騰したら、なめこを入れて中火で煮立てます。ひと煮立ちしたら卵を溶いて回しかけ、刻んだ青ねぎを散らして完成。
卵の食感の要となるフワフワ感は、ひと煮立ちしたタイミングで溶き卵を入れることで作り出すことができますよ。簡単に作れる絶品中華スープをお楽しみください。

なめこ納豆のドレッシングが決め手「さといもとアボカドのサラダ」

なめこのトロトロ感に引けをとらず、ネバネバ食材の代表格である納豆。この2つの食材を組み合わせてドレッシングに。ドレッシングをかけるのは、さといもとアボカドのサラダ。ねっとりとろっとした食感がたまらない一品です。
栄養満点、具沢山のサラダで満足できそうですね。さといもとアボカドは食べやすいサイズにカット。アボカドは変色を抑えるためにレモン汁をまぶしましょう。なめこ納豆ドレは鍋に醤油、みりん、酢、ごま油を加えながら作ります。水菜、さといも、アボカドを皿に盛りつけたらドレッシングをかけて完成です。

なめこと納豆入り「ネバネバ素材の山かけそば」

ネバネバ素材が盛りだくさん。夏の定番山かけそばですが、温かくして冬でも美味しくいただけます。とろろ、なめこ、納豆とネバネバ素材が集結して、シンプルな山かけそばがグレードアップ。
納豆はひき割りのものを使うことでより食べやすく、麺をすすりやすいですよ。そばは茹でてから時間が経つと柔らかくなっていくので、少し固めに茹でて盛り付けることで食べる時に丁度良い食感になります。
ネバネバ感を感じながらお召し上がりください。

和風あんかけが美味しい「ふんわり柔らか豆苗ハンバーグ」

なめこを使った絶品レシピの一つといえば、トロトロとしたあんかけ。和風に仕上げたなめこのあんかけは絶品ですよ。その美味しい和風あんかけを豆苗のハンバーグと組み合わせて濃厚に美味しく食べることができます。
ハンバーグにはカットした豆苗が入っていて、定番のハンバーグとはまた違った食感を楽しめますよ。
ハンバーグはミニサイズにする事で早く火が通り、時短にも。食べ応えもあるのでお子さんのお弁当に入れても喜ばれるかもしれませんね。

どれも作って食べてみたいものばかりでしたね。なめこは年中手に入れることができるきのこです。スーパーでも比較的手に入れやすいことから、家庭でも頻繁に使われている食材ではないでしょうか。手に入れやすい分、作ってみる機会は数多くあると思いますので、是非一度作ってみてはいかがですか。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1鶏肉のおいしさを引き出す!はちみつを使った鶏肉レシピ12選あやママ
  2. 2安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  3. 3おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  4. 4短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  5. 5冬に食べたい!人気豚こまレシピmoguna編集部