あと一品はこれで決まり!長ネギの辛みがおいしい副菜レシピ5選

細かく刻んで薬味にしたり、大きくカットして主役になったりと、切り方一つで存在感を変える長ネギ。この記事では、そんな長ネギを使って、あと一品に最適な副菜レシピをご紹介!

丸々一本楽しめる「長ネギマリネ」

長ネギの青い部分は、出汁取りに使うなど、食べる機会は少ないですよね。もったいないけれどそのままゴミ箱へ…という方も多いのではないでしょうか。でも実は、青ネギもマリネにすることでおいしくいただけます。
まずは長ネギ一本丸々マリネの紹介です。食べやすい大きさに長ネギをカットします。この際に、白ネギは味が芯まで染み込むように、数本の筋を入れておきましょう。フライパンで火を通した長ネギを、調味料を合わせた漬けダレに浸せば完成。
それぞれの部分により辛みや食感が違う、長ネギマリネ。一本で数種類の食材を食べているようですね。白ネギだけを使う料理をする際は、青ネギを是非マリネにしてください。

オリーブオイル香る なすと長ネギのマリネ「彩りマリネ」

トマトの酸味、長ネギの辛み、なすのやわらか食感が絶妙にマッチした、彩りマリネはいかがでしょう。先ほどのシンプルな長ネギマリネとは、見た目の華やかさが違いますね。
ホームパーティーなどで食卓に並べても、存在感を出してくれる一品です。
ボウルに、長ネギ、豚こま肉、胡麻油、塩胡椒、鶏がらスープの素を入れ、レンジで温めるだけで完成。
豚肉を使っているので、レンチン後の火の通り具合には十分注意して下さい。
副菜に時間をかけてられない!そんな時のお助けレシピ。レンジで簡単に仕上げていますが、ごま油の香りでレンジ料理を感じさせない上質な味に仕上がりますよ。

じゃがいもが長ネギの辛みをまろやかに「長ネギとじゃがいものオイスター炒め」

長ネギの辛みが苦手なお子さまは、多いのではないでしょうか。そんな時は、じゃがいもをたっぷり使って、長ネギの辛みをまろやかにする、シンプルな炒め物にしましょう。
バターとオイスターソースのみで味を付けるので、料理が苦手な方でも気軽に作れる副菜です。
フライパンにバターを熱し、長ネギ、じゃがいも、コーン、ベーコンを炒めましょう。オイスターソースを加え、更に炒めれば完成。バターの香りとベーコンの旨みが、食材にしっかり染み込み、長ネギの辛みがおさえられる一品です。
長ネギが苦手なお子さまには、マヨネーズを少しかけてみてはいかがでしょう。更にまろやかになり、食べやすくなりますよ。

混ぜるだけの絶品おつまみ「大根と長ネギの塩辛仕立て」

お酒好きにはたまらない!混ぜるだけの絶品おつまみの紹介です。塩辛の特徴ある食感と、だいこん、長ネギのシャキシャキ食感が絶妙にマッチした一品。
だいこんは、塩もみをし、水気を切っておきます。ボウルに、だいこん、長ネギ、塩昆布、胡麻油、白胡麻、豆板醤、いかの塩辛を混ぜ合わせましょう。糸唐辛子をのせて完成。
豆板醤や糸唐辛子でお好みの辛さに調節してください。食材それぞれの旨みが、日本酒に合い、お酒がすすむおつまみ。週末の旦那様とのゆったりした晩酌のお供にいかがでしょう。

鶏皮好きにはたまらない!「鶏皮ポン 長ネギ添え」

シンプルな味付けの鶏皮が、長ネギの辛味とシャキシャキ食感に良く合う、鶏皮ポンの紹介です。一度食べたら箸がとまらない、食べ過ぎ注意の副菜です。
長ネギは、水にさらし辛みを抜いておきます。フライパンに油を熱し、鶏皮を塩胡椒で味を調えながら、焼きましょう。水気を切った長ネギの上にのせれば、完成。
食べる時に、ポン酢、ねぎ、七味唐辛子をかけて食べてください。サッと作れるので、時間のない時や、あと一品で迷っている方にもオススメの副菜です。鶏皮は、油でカリカリに揚げると、食感が変化し更にGOOD!

長ネギ一本丸々楽しめるものから、薬味として主役を引き立たせるものまで様々ありましたね。青ネギの部分はスープを作る際に使われる事も多いですが、この機会に是非様々な長ネギレシピを、レパートリーに追加してくださいね。

ただいまフォロー&いいねキャンペーン開催中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1子どもからリクエストが出る!簡単で楽々できる和食レシピ12選メアリー
  2. 2とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  3. 3もう1品プラスしたい時に!食卓を彩るおすすめの副菜16選あやっこ
  4. 4安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  5. 5簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり