冬に食べたい!豚肉と味わう鍋レシピ5選

手ごろな値段で使いやすい豚バラ肉。冷凍庫に常備してらっしゃる方も多いのではないでしょうか。豚バラの脂が苦手という方でも鍋にすれば、程よく脂が抜けて食べやすくなります。しかも豚のうま味が野菜をさらに美味しくしてくれます。白菜、水菜、豆苗といったさっぱりとした葉物野菜や、あっさりとした大根と相性抜群です。味付けは塩や醤油であっさり、シンプルに。どんどんお箸がすすむ豚肉を使った鍋のレシピ5選です。

具材の旨みがスープに凝縮!「葉野菜を食べるあっさり鍋」

豚バラと葉野菜をたっぷりと食べられるうえ、15分で作れる時短鍋です。
土鍋に、水、しょうが、中華スープの素を入れて火にかけ、煮立ったら豆苗以外のすべての具材を入れます。全体に火が通ったら、豆苗を入れてサッと煮、塩胡椒で味を調えたら完成です。
しょうがの効いたスープには、豚バラのコクときのこの旨みがたっぷり。その旨みを吸った葉野菜はいくらでも食べられる美味しさです。トロトロの白菜、シャキシャキの豆苗とそれぞれの野菜の歯ごたえも楽しめますよ。お腹いっぱい食べても、翌日、体が軽やかな気がするのも野菜たっぷり鍋のいいところですね。

豚バラと鶏もも肉つくねで食べごたえ抜群!「具だくさんちゃんこ鍋」

9種類の具材が入った具だくさんちゃんこ鍋をご紹介します。豚バラと鶏もも肉のつくねのダブル使いで、ボリュームがほしい育ち盛りのお子さまやお腹を空かせた旦那さまも喜んでくれそうです。
鍋に水と調味料を入れて煮立てたら、つくね、豚バラを加えて火を通します。あとは、ごぼう、大根など火の通りにくいものから順に入れて煮込み、仕上げにごま油をまわしかけたら出来上がりです。
塩味のスープはあっさりしながらも、しょうがやにんにく、ごま油で風味豊か。やわらかく煮えた大根、にんじん、ごぼう、歯ざわりのいい水菜、スープを含んだ油揚げなど、さまざまな具材が楽しめるので、最後まで飽きずに食べられますよ。
最近では既製品のつくねも売られていますが、時間のあるときはぜひ手作りしてみてください。ふわふわの食感は手作りならではの美味しさですよ。

レタスを丸ごと1玉消費!「鶏ガラスープの素で作る簡単レタス鍋」

レタスを丸ごと1玉ぺろりと食べられる、と人気のレタスしゃぶしゃぶ。鶏ガラスープの素を使えば、お店の味が簡単に再現できますよ。
こちらの鍋は、最初にガーリックバターで長ネギと豚バラを炒めてから、鶏ガラスープを加え、レタス1玉、水菜1束を入れて煮ていきます。器に取り分けたら、お好みでポン酢をかけて召し上がってください。バターの油分であっさりし過ぎず、お子さまもパクパク野菜を食べてくれますよ。
コクのあるスープなので、シメには定番のラーメンやうどんも合いますが、水餃子もオススメです。

旨みたっぷりのだしが美味しい!「見た目も可愛い長ネギのくるくる鍋」

豚バラ肉をくるくると巻いたジューシーな長ネギとトロトロの白菜が美味しい鍋です。使う食材は、豚バラ肉、長ネギ、白菜、水菜の4つだけ。スープは、和風だしと醤油だけのシンプルな味つけですが、酒を50mlと多めに入れ、具材から出た旨みでふくよかな味わいです。たっぷりと加えたしょうがもアクセントを効かせてくれてます。途中で味に変化をつけたいときは、ゆず胡椒やラー油をかけてみてください。また違った味わいが楽しめますよ。
豚バラを巻いた長ネギは食べやすく、見た目も可愛いのでお子さまからも好評ですよ。
体調がすぐれないとき、仕事で疲れ気味のときに食べたい、ほっとする味わいの鍋です。

今年注目の鍋レシピ!「豚バラと根菜のスライス鍋」

鍋では脇役になりがちな、根菜が主役の鍋です。見た目も楽しい注目鍋をいち早く作ってみましょう。
大根、にんじん、ごぼうをスライスしてミルフィーユ状に重ね入れ、豚バラを敷きつめたら、和風だしを加えて煮込みます。火が通ったら、大根おろしを加えて出来上がりです。根菜の甘みと豚バラの脂が相性抜群で、ポン酢でもごまダレでも美味しくいただけますよ。
「豚バラ×葉野菜」の鍋に飽きた時に、ぜひ作ってほしい鍋です。

冬になると、豚バラ肉を使った鍋が頻繁に食卓に上がる家庭も多いのではないでしょうか。いつも同じ鍋で飽きてしまったら、今回ご紹介した鍋レシピで、楽しい食卓を囲んでみてください。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1鶏肉のおいしさを引き出す!はちみつを使った鶏肉レシピ12選あやママ
  2. 2安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  3. 3おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  4. 4短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  5. 5冬に食べたい!人気豚こまレシピmoguna編集部