ハンバーグ×節約|簡単人気レシピ5選|豆腐入りやひき肉代用も!

大人も子どもも大好きなハンバーグ。 ジュージューと焼きあがったハンバーグにナイフをいれるとジュワッと肉汁が…想像しただけでもお腹がすいてきそう。 材料を一通りそろえると意外と費用かかってしまうなとお悩みの皆様へ。 節約レシピをつかえばハンバーグが食卓にお目みえする回数も増えますね。 今回は、色々な節約レシピを5つ選んでみました。

人気節約レシピ①「もやしのビッグハンバーグ」

食べ応え抜群の人気ハンバーグをご紹介します。
お皿にどんっと大きなハンバーグがのっていると嬉しくなってしまいますね。
こちらのハンバーグの節約術は合挽き肉より安い豚肉を使うことと、手頃な価格で量のあるもやしを入れることです。
玉ねぎの代わりにもやしを使うことで手間がかかるみじん切りをすることがなく、調理の時間も短縮されますね。
もやしは焼くと水分が出やすいので肉と分離しがちです。
下準備のときに、もやしと小麦粉を良く絡めておくと肉になじみやすくなります。
しゃきしゃきとした食感がたまらない一品。
食べ盛りのお子さまや女性にも人気の節約レシピです。

人気節約レシピ②「まいたけバーグ」

こちらのハンバーグの節約術は、なんとお肉を使わない!という裏技です。
肉のかわりに使うのは、まいたけ。そんなびっくりする裏技節約レシピなのです。
まいたけと玉ねぎをみじん切りにして炒め、すったレンコンと合わせれば、あとはハンバーグの手順と一緒で、丸めて成形して焼くだけ。
出来上がりはまるで肉で作ったハンバーグ!
まいたけの程よいコリコリとした食感のおかげで食べ応えがあります。
ビーガンの方にも人気がある節約レシピです。

人気節約レシピ③「豚こま豆腐ハンバーグ」

安くてカサがあって栄養満点の代表選手といえばお豆腐。
いつでもどこでも手に入れやすく、調理しやすい食材のひとつですね。しかもお手頃価格。
色々なメニューに大活躍します。
このハンバーグに使うお肉はミンチではなく豚の薄切り肉。
お豆腐のふんわりとした食感の中に食べ応えを感じます。
麺つゆとオイスターソースを混ぜ合わせたソースは、柚子胡椒がピリリと爽やかなアクセントに。
淡白なお豆腐ハンバーグも、このソースを絡めればお腹も満足。
ごはんがどんどん進んじゃう人気レシピです♪

人気節約レシピ④「豆苗たっぷりハンバーグ和風あんかけ」

ちょっと挽き肉がたりないというときに、お野菜を混ぜると節約レシピになりますよ。
とても手軽なお値段でカサがある豆苗をハンバーグのタネに混ぜ、仕上げに人参としめじのあんかけをとろりとかけて出来上がり。
豆苗がシャキシャキして食感も楽しめ、カロリーオフに。
小さめにタネを丸めれば火の通りが早くなって時短メニューにもなります。
豆苗は栄養価が高いことで人気なので、子供にも食べさせてあげたいですね♪
あんかけ効果で満腹度もアップ!熱々で召し上がれ♪

人気節約レシピ⑤「おあげに入ったハンバーグ」

もうひとつ、節約の強い味方がおあげ。
こちらをつかった人気レシピがこちらです。
ハンバーグのタネをつくって、おあげに詰めて蒸し焼きにするだけです。
ジューシーなおあげでボリュームを出すことで食べ応えをアップ!
仕上げはたっぷりの大根おろしにポン酢をかけてさっぱりといただきます。
切ってネギをのせて盛り付ければ見た目も可愛くなるのでおもてなしにも人気です♪
一口かむとハンバーグの旨みが油揚げからじわっとしみでてきます。
メインでもおつまみでも、どちらでも活躍しそうな人気レシピです。

ハンバーグの人気節約レシピはいかがでしたか。
手間がかかると思いがちなハンバーグ。
しかし、色々アレンジを加えることでお財布に優しい節約レシピになるのですね。
ハンバーグは人気料理の一つなので味がマンネリ化しがち。
毎回同じ味ではつまらないというときには、ぜひこんな節約レシピを思い出してください。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  2. 2おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  3. 3短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  4. 4冬に食べたい!人気豚こまレシピmoguna編集部
  5. 5給料日直前!節約献立レシピmoguna編集部