流行りの鍋に挑戦! おすすめレシピ5選

近年、ぐんぐん人気が高まっている「豆乳鍋」や「洋風鍋」。まだ作ったことがないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。 豆乳を使った鍋は、まろやかで優しい風味が魅力。またトマトスープや塩バタースープの洋風鍋は、定番鍋とは見た目や香りも違ってくるので、話題のタネになりそうですね。 今回は、そんな「豆乳鍋」や「洋風鍋」を中心に今年ぜひ挑戦して頂きたい、モグナおすすめのレシピをご紹介します。

人気のミルフィーユ鍋と豆乳鍋を一度に楽しめるレシピ

豆乳をベースにしたまろやかな美味しさの「豆乳鍋」と合わせて人気なのが、豚バラ肉と白菜をミルフィーユのように重ねて作る「ミルフィーユ鍋」。今回ご紹介する「白菜と豚肉の豆乳鍋」は、豆乳鍋とミルフィーユ鍋という人気の鍋料理が一度に楽しめるレシピです。さらにチーズを加えて、コクもプラスし、一層味わい深い鍋に仕上げます。
白菜、豚バラ肉、とろけるチーズを重ねて切って、切り口が見えるように鍋に並べ入れたら、豆乳と水、白だし、調味料などを加えてふたをして煮立てたら完成です。
小口切りにした小ねぎや黒胡椒などをふって、召し上がれ。
うま味の多い豚バラ肉とやさしい甘みの白菜に、チーズや豆乳がとろりとからみ、インパクトのある美味しさです。

トマトスープで作るおしゃれな寄せ鍋レシピ

トマトスープベースの鍋も普段の鍋物とは雰囲気がぐっと変わっておすすめです。「具だくさんトマト鍋」はその名の通り、具だくさんで食べ応えがある一品です。
鶏団子のほかに、玉ねぎ、なす、ブロッコリー、じゃがいもにきのこなど、野菜もたっぷりと入れて、トマトスープで煮込みます。にんにくをたっぷり入れることで、パンチのある味に仕上げます。
鍋を食べ終わったあとの〆には、中華麺を入れるのがおすすめです。チーズを加えれば、洋風でおしゃれなラーメンが楽しめますよ。

溶けたバターが具材にからんだ絶品鍋レシピ

次にご紹介するおすすめレシピは、鶏ガラスープで煮込んだ具材にバターがからんで美味しい「じゃがいもキャベツの塩バター鍋」です。屋台などでも人気のメニュー「じゃがバタ」でもよく知られている通り、じゃがいもとバターの相性は抜群。今回はその相性の良さを鍋に生かします。
じゃがいもは大きめに切ったほうがホクホクとした美味しさを楽しめるのですが、鍋に入れる場合はほかの食材よりも火が通るのに時間がかかってしまうのが難点です。じゃがいもに火が通った頃には、ほかの食材は加熱しすぎている…なんていうことはありませんか。
今回のレシピでは、じゃがいもを電子レンジであらかじめ加熱しておくことでそんなお悩みを解決しましょう。じゃがいもに火が通っているので、豚肉に火が通ったら鍋は完成。
食べる直前にバターをのせて頂きましょう。バターのコクと香りでため息のでる美味しさですよ。

人気のタンタン鍋を具材たっぷりで楽しむレシピ

ピリ辛の肉みそをのせた「タンタン鍋」も人気上昇中のメニューです。次にご紹介する「もやしタンタン鍋」はシャキシャキとしたもやしに、にんにくや豆板醤が効いた肉みそがからみ、箸が止まらない美味しさです。豆乳を加えることで、まろやかさも増すので、豆板醤の量を調整すれば、お子さまも十分美味しくいただけますよ。
具材はほかにちんげん菜やキャベツ、しめじなどもよく合います。お好みのものを足して、さらに具だくさんな鍋に仕上げてもOKです。シメに中華麺を入れれば、タンタン麺も楽しめますよ。

餃子入りで大人にもお子さまにもウケる鍋レシピ

最後にご紹介する「煮るだけ簡単餃子鍋」は、大人にもお子さまにも人気の餃子をメインの具材にした豪快な鍋レシピです。市販の餃子を使うことで、簡単に美味しい鍋に仕上げます。
和風だしの素と鶏ガラスープの素を両方入れることで、うま味の相乗効果で味わい深いスープになります。仕上げに入れるごま油の香りも良いアクセントになり、餃子の新しい定番メニューになりそうな美味しいお鍋です。輪切り唐辛子や豆板醤の量は、お好みで調整してくださいね。

いつもの寄せ鍋とは少し違う流行りのおすすめ鍋レシピをご紹介してきましたが、いかがでしたか。具材たっぷりの鍋物は、野菜もたんぱく質も一気にとれるのも魅力です。今回ご紹介した「豆乳鍋」や「洋風鍋」などのように、味付けや具材、作り方を変えるだけで印象はまったく違ったものになりますね。
バラエティに富んだ鍋レシピで冬を楽しく乗り切りましょう。

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  2. 2簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  3. 3卵って最高!卵を使った簡単おつまみレシピ15選小春
  4. 4簡単!ホットケーキミックスレシピ深月あかり
  5. 5安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部