相性抜群!さつまいもとバターを使ったレシピ5選

秋は、さつまいもを使った限定メニューなどについつい惹かれてしまいますよね。 その中でも、さつまいもとバターの組み合わせは女性に大人気! 特に「はちみつ×さつまいも×バター」といった組み合わせは、ついついそそられてしまいます。 今回は、女性から人気のさつまいもとバターを使ったレシピをご紹介します。 ホクホクのさつまいもとバターの香りが食欲をそそりますよ。 さつまいも好きという女性は必見です!

さつまいもの甘露煮にバターをプラス

ほっこりおいしいさつまいもの甘露煮にバターをやさしくからめれば、甘じょっぱさがたまらない一品に変身します。
さつまいもはよく洗い、ところどころ皮をむいて輪切りにして、水にさらします。醤油、水、砂糖とともに鍋に入れて火にかけ、落としぶたをして汁気がなくなるまで煮詰めましょう。落としぶたを取り、焦げないように気を付けて、軽く鍋を揺すりながらバターをからめれば完成です。
お弁当のおかずや箸休めはもちろん、おやつにもぴったり!さらにスイーツとして楽しむなら、ハチミツをかけてみてはいかがでしょう。魅惑の味がお口の中に広がります。

さつまいもで作ればおかずにもおやつにも

コロッケといえばじゃがいもを使ったものが多いですが、さつまいもを使った甘いコロッケもおいしいですよ。シナモンが香り、おかずだけでなくおやつとしても楽しめます。
さつまいもは皮をむいてひと口大に切り、電子レンジで加熱します。バター、砂糖、シナモンを加えてつぶしながら混ぜ合わせたら、食べやすい大きさに分けて形を整えて衣を付けます。油で揚げたら、アツアツをお召し上がりください!
小さめに作って山盛りにすれば、コロコロとして楽しい見た目になり、パーティーメニューにもぴったり。冷めてもおいしくいただけますよ。

さつまいもの優しい甘さをスープで味わう

さつまいもの甘味にホッと癒される、ポタージュスープはいかがでしょうか。
鍋にバターを入れて火にかけて、たまねぎをしんなりするまで炒め、水とさつまいもを加えて煮ます。さつまいもが柔らかくなったら木べらでつぶし、牛乳とコンソメを加えて温めます。器に盛って生クリームを回しかけ、黒胡椒をふれば完成です。
さつまいも甘さとバターや生クリームのクリーミーさが絶妙にマッチした優しい味を、黒胡椒の香りがピリッと引き締めてくれます。
粗めに潰したさつまいもの食感で、食べ応えのあるこちらのスープ。お好みで裏ごししていただけば、なめらかな舌触りが楽しめます。

さつまいも×まいたけで秋の香りの炒めもの

さつまいもは、甘くてご飯のおかずになりにくい!そう思われている方にぜひお試しいただきたいレシピがこちらです。
さつまいもは皮付きのままひと口大に切り、電子レンジで加熱して、フライパンに移して炒めます。焼き色がついてきたらまいたけを加え、塩胡椒で味付けしてバターをからめます。仕上げに醤油を回し入れればできあがりです。
バター醤油がまいたけとさつまいもに染み込み、コク旨でご飯がすすむ味に仕上がります。
掘りたてで甘みの少ないさつまいもでもおいしく作れるので、お子さまが芋掘り遠足でたくさんさつまいもを掘って来てたくさんあるけどどう使おう…。とお悩みの方にもおすすめです。

さつまいも×バターの大本命!スイートポテトをさらに楽しむ

お待たせしました!最後はもちろんデザートレシピをご紹介します。さつまいもとバターの黄金コンビは、絶品スイーツもお手のものです。温かいスイートポテトとひんやりアイスがからみ合えば、口の中に幸せが訪れます。
さつまいもはゆでてつぶして鍋に入れ、バター、砂糖、牛乳を加えて火にかけます。なめらかになるまで混ぜ合わせたら、器に入れて卵黄を塗り、トースターで色が付くまで焼き上げます。スライスバナナとアイスクリームをのせて、アツアツ&ひんやりのハーモニーをどうぞお楽しみください。

5つのレシピをご紹介しましたがいかがでしたか。さつまいもは、スイーツだけでなくスープやコロッケでもその実力を発揮します。また、優しい甘さでお子さまのおやつにもぴったりですね。ぜひお試しいただき、秋の深まりを目や舌でも感じてください。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  2. 2おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  3. 3短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  4. 4冬に食べたい!人気豚こまレシピmoguna編集部
  5. 5給料日直前!節約献立レシピmoguna編集部