さつまいもでほっこり!味噌汁レシピ5選

寒い日にはポカポカ温まる味噌汁。 肌寒くなってくると、味噌汁は朝ごはんにも飲みたくなりますよね。 今回は、さつまいもを使った味噌汁のレシピをご紹介します。 味噌汁は、簡単に作れるうえに野菜も肉も摂ることができるのも魅力。 さらに、さつまいもを入れて、一品で満足感たっぷりの味噌汁に。 小さくカットした野菜を入れれば、野菜を普段あまり食べないお子さまも食べてくれそうですよね。 さつまいもでほんのり甘みを感じ、味噌汁一品でほっこり秋を味わいましょう♪                                               

さつまいもとにんじんを合わせたシンプルな味噌汁レシピ

まず最初にご紹介するのは、にんじんとさつまいもを合わせた、シンプルな味わいの味噌汁です。
角切りにしたさつまいもといちょう切りにしたにんじんを水からコトコトと煮て、甘みを引き出し、火が通ったら顆粒だしを加えて混ぜ合わせ、味噌を加えて完成です。器に盛り、長ねぎをのせて召し上がれ。
生の長ねぎが得意でない方は、味噌を入れる前に長ねぎを加え、サッと火を通してくださいね。加熱しすぎると味噌の香りが飛んでしまうので、味噌を入れたら手早く火を止めるのが美味しく仕上げるコツですよ。

複数のきのこと鶏肉でうま味満点の味噌汁

たっぷりのきのこと鶏もも肉が入った具沢山で豪華な味噌汁に、さつまいもとナスを入れて、うま味を吸った具材の美味しさを味わいましょう。きのこは、えのきやしめじ、まいたけなど種類の異なるものを複数使うことで、それぞれの持ち味を生かし、より深い味わいが生まれます。
きのこや鶏肉からしっかりと美味しいだしが取れるので、ほかのだしを加えずに味噌を溶き入れただけでも、驚くほどのうま味を感じることができますよ。
なめこを入れるととろみが出るので、お好みでお試しください。そばを入れれば、美味しいきのこそばも味わえるので、おすすめです。

具沢山な味噌汁にさつまいもを入れてボリューム満点

次にご紹介するのは、こんにゃく、厚揚げ、さつまいもがゴロゴロと入って食べ応えがある味噌汁です。ひき肉も入ることで、うま味もたっぷりでご馳走感もありますね。
こんにゃくを塩もみしてから下ゆでしたり、厚揚げに熱湯をかけて油抜きするというような丁寧な下処理で、具材それぞれにしっかりと味がしみ、より味わい深い仕上がりになりますよ。
うどんなどを入れれば、さらにボリュームもアップして、休日のお昼ごはんや軽めの夕飯にもぴったりの一品になりますよ。

味噌&隠し味の調味料で美味しさワンランクアップ

豚肉と野菜がたっぷりと入った豚汁は、大人からお子さままで世代を問わず人気の汁物ですね。今回ご紹介するレシピは、うま味の強い豚バラ肉を使った王道の豚汁です。
野菜もたっぷりと入って味わい深い豚汁に、さつまいもを加えて、ほのかな甘みがあるボリューム満点の豚汁に仕上げましょう。具材を煮込むときにでるアクを丁寧にすくったほうが、雑味が減って美味しく仕上がりますよ。
仕上げに酒、みりん、ごま油などの調味料に加え、すりおろししょうがを加えるのが、このレシピの美味しさのポイントです。
ふくよかな味わいの豚汁は、食卓の主役級の存在感を放ってくれますよ。ぜひお試しください。

レンジ&炒め煮で時短!さつまいも入りの美味しい豚汁

次にご紹介するのも、人気の豚汁にさつまいもを入れたレシピです。2つの時短ワザで手早く美味しく作れるので、その秘訣をお伝えします。
まず1つ目は、火の通りにくいさつまいも、大根、にんじんを電子レンジであらかじめ電子レンジで加熱しておくこと。2つ目は、具材はすべてごま油で炒めてから煮ること。この2つのワザで手早く美味しく仕上がります。
ごま油で炒めることで、こうばしい香りが具材にいきわたり、サッと煮ただけでもしみじみと味わい深い豚汁になりますよ。

さつまいもが入ってほっこりとした美味しさを味わえる味噌汁の数々、いかがでしたか。さつまいもが入ることで、味噌汁に甘みが出て、しみじみと味わい深い味噌汁になります。合わせる具材を変えるだけで、味わいが変わってくるのも味噌汁の魅力です。また味噌は地域によって異なり、どの味噌を使うかでもまったく異なる仕上がりになります。
いつもの馴染みがある味噌と少し違う味噌で冒険してみるのも楽しいですよ。

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1がっつり丼ぶりレシピmoguna編集部
  2. 2豚とキムチをいろんなレシピで召し上がれ!簡単豚キムチレシピ5選moguna編集部
  3. 3ぽかぽか♪シチューレシピmoguna編集部
  4. 4旬を味わう♪春パスタ特集moguna編集部
  5. 5短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部