新提案!個性派きんぴらごぼうの作り方5選

朝食やお弁当のおかずに人気のきんぴらごぼうは、常備菜として欠かさないという方も多いのではないでしょうか。そんな定番おかずをひと味変えて新しいレシピで作ってみませんか。食卓のニューフェイスとしてぜひお試しくださいね!

こくのある中華風の味わいが魅力「中華風豚こまきんぴら」

豚肉の風味と大きめに切った野菜で食べ応えあるおかずになります。
包丁の背で皮をこそげ取ったごぼうは、乱切りにして水にさっとさらします。にんじんはごぼうと同じくらいの大きさに乱切りしましょう。
フライパンにごま油を熱し、そこへ水を切ったごぼうとにんじんを入れ炒めます。一口大に切った豚のこま肉を入れ色が変わるまで炒めたら、調味料を追加していきます。中華味に仕上げるためウスターソースも加えましょう。一旦煮立てたら火力を弱め蓋をして蒸し煮にします。
ごぼうとにんじんが柔らかくなったら蓋を外し、汁気をしっかりと飛ばしながら中火で炒めたら完成です!

きんぴらを洋風にアレンジ「春ごぼうとベーコンのレモン風味きんぴら」

いつものきんぴらがオシャレに変身するレモンの酸味できんぴらをいただく斬新なレシピです。皮をこそげ取ったごぼうを縦半分に切り、3cmの長さに切り分けます。フライパンにサラダ油を熱し、ごぼうとカットしたベーコン、すりおろしたにんにく、そして調味料を入れ中火で全体を絡めながら炒めましょう。ベーコンとすりおろしにんにくが焦げ付かないように気をつけてくださいね。ごぼうが芯まで柔らかくなったら火を止めます。最後にレモン汁をまわし入れ絡めたら出来上がりです。器に盛ったらお好みで粉チーズとパセリをふりかけていただきましょう!サンドイッチの付け合わせにもオススメですよ。

スパイシーで深みのある味わい「カレーソーセージきんぴら」

お子さまが喜んでくれそうなカレーソーセージのきんぴらです。
ごぼうとにんじんは長さ4cmほどの細い棒状にカットします。ソーセージは縦半分にしたものを斜め切りにすると他の野菜との馴染みがよく食べやすくなりますよ。
フライパンでオリーブオイルを熱したら、まずはごぼうとにんじんを炒めていきます。カレー粉を加えてさらに炒めたら、調味料と水とソーセージを加え全体を混ぜ合わせながら中火で2分ほど煮ます。一煮立ちさせて蓋をし、弱火で蒸し煮します。蓋を外して汁気を飛ばすように中火で混ぜながら加熱したら出来上がりです。
カレー粉をふりかけて召しあがってくださいね!お弁当にもぴったりのしっかり味の一品です。

肉味噌感覚で使えるきんぴら「ごぼうの味噌そぼろきんぴら」

肉味噌の優しい味がごぼうの旨みを引き立てます。
包丁の背で皮をこそげ取ったごぼうは5mm幅に斜め切りしてからさらに5mm幅の細切りにします。切ったごぼうを水に5分さらしザルにあげたら、ペーパータオルで水気をしっかり拭きましょう。熱したごま油にごぼうを入れそのまま1分放置し、その後2分間炒めます。
豚挽き肉を入れ炒めたら、合わせ調味料をまわし入れて全体を絡めながら加熱します。最後にごま油を混ぜれば出来上がりです。
味噌と七味唐辛子の風味が口の中に広がるきんぴらごぼうは、お酒のお供にもよく合う一品ですよ!

コクのある塩味が後を引く ごぼうと豚バラ「ねぎの塩きんぴら」

ねぎ塩きんぴらごぼうは焼酎やビールとの相性も抜群です。
ごぼうは斜め切りしたものを細切りして使います。切ったごぼうは水にさらしザルにあげ水気を切りましょう。
豚バラは1cm幅に切ります。赤唐辛子はタネを取り除いてから水に浸して柔らかくし、水気をきってから輪切りにしましょう。輪切りした唐辛子と調味料を混ぜ合わせます。
熱したごま油で豚肉、薄切りにした長ねぎを炒めます。ごぼうを加えて1分待ち、その後中火で全体を混ぜ合わせながら炒めます。合わせ調味料をまわし入れ絡めるようにして煮詰めたら、ごま油を加えてサッと混ぜ合わせて完成です!

ほんの少しの工夫で変身するものから、新しいアイディアでオシャレおかずに仕上がるものまで個性派レシピが揃いました。全く違った味わいを楽しむことができるので、ごぼうを使い切りたい時にもお役立てくださいね!

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  2. 2おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  3. 3短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  4. 4冬に食べたい!人気豚こまレシピmoguna編集部
  5. 5給料日直前!節約献立レシピmoguna編集部