相性抜群!ほうれん草とベーコンを使ったおしゃれなレシピ5選

ほうれん草とベーコンは、メインおかずにも副菜にも活躍してくれる美味しさ保証つきの鉄板コンビですよね!見た目もオシャレで持ち寄りにも便利な、ほうれん草とベーコンを使ったレシピをご紹介します。

カラフルなお食事ケーキ ベーコンの塩気が格別「ほうれん草のけケークサレ」

ピクニックなどにも最適なケークサレのご紹介です。
熱したサラダ油で薄切りにした玉ねぎと短冊切りしたベーコンを中火で1分炒め、塩コショウで味付けし冷まします。ほうれん草は茹でたら水にさらしてペーパータオルで水気を絞ります。
溶き卵、牛乳、オリーブオイル、顆粒のコンソメ、塩を混ぜ合わせたらホットケーキミックスを加え生地を作ります。
そこへ炒めた玉ねぎとベーコン、角切りしたプロセスチーズを混ぜ合わせ、半量だけ型に流し込みます。スライスしたオリーブと茹でたほうれん草をおき、残りの生地を重ね、輪切りミニトマトとコショウをかけてオーブンで焼けば、ふんわりおかずケークサレの完成です!

冷凍パイシートでおしゃれな前菜を ほうれん草とベーコンの鉄板コンビ「シーザーサラダのオープンサンドパイ」

おもてなし料理としてもオススメのパイ生地で作るオープンサンドです。
サラダほうれん草を水にさらしてアクを抜いたら、キッチンペーパーなどで水気を拭き取っておきます。冷凍パイシートをめん棒で軽く伸ばしフォークで穴を空け、端を折りたたんだらオーブンで焼いて、フォークの背を押し当てて空気を抜いておきます。
サクッと焼いたパイ生地の上に、ほうれん草と焼いたベーコン、ミニトマト、温泉卵をのせます。ホームメイドのシーザーサラダドレッシングと粉チーズ、黒胡椒を上からふりかけて頂きましょう!休日のブランチにもオシャレなレシピです。

クリームソースときのこがベストマッチ ベーコンとほうれん草が相性抜群「きのこたっぷりクリームパスタ」

きのこもたっぷり使って旨みがぎっしりつまったクリームパスタです。
鍋に湯を沸かし塩を入れてほうれん草を茹でたら、冷水にさらして水気を絞ります。きのこ類はスライスし、ベーコンはみじん切りにします。オリーブオイルを加熱しながらにんにくの香りをだし、ベーコンを炒めます。そこにきのこ類を加えさらに炒めたら、薄力粉をふり入れて粉っぽさがなくなるまで炒めます。牛乳とコンソメを入れて沸騰しないよう気をつけながら加熱し、ほうれん草を加え混ぜます。ここに茹でたスパゲッティを入れ全体と絡めたら塩コショウで味を調えて出来上がりです!

パーティで持ち寄りたい ベーコンとほうれん草のパイ「ミートパイの味噌マスタードソースがけ」

味噌とマスタードの組みあわせが新しいソースを使ったレシピです。
カットした野菜を炒め合わせたら、牛肉を加え炒めて調味料と混ぜます。
半分に切ったパイシートに薄力粉をふり、めん棒で伸ばしたら中心に冷ました牛肉の炒め物をのせます。パイシートの縁に溶き卵を塗って折りたたみ、表面にも溶き卵を塗りましょう。200℃に熱したオーブンで20分焼きます。
ベーコンとほうれん草の茎を、にんにくを刺したフォークでかき混ぜながら炒めます。ほうれん草の葉の部分を追加して炒めコショウをふります。ソースの材料を鍋で加熱しながら煮詰めたら、お皿に盛って完成です。

温冷どっちも美味しいイタリア版オムレツ「ほうれん草とベーコンのフリッタータ」

フィレンツェの郷土料理を15分で作ることのできるうれしいレシピです。
茹でたほうれん草をざく切りにします。溶き卵はザルでこし、牛乳と生クリームを混ぜ合わせておきましょう。卵液とほうれん草、ベーコン、ピザチーズに塩コショウを混ぜ、フライパンで焼いていきます。
中火で熱しながら3回に分けてドロドロになるまで炒めたら、クッキングシートを敷いた深めの耐熱皿に入れドライパセリとパルメザンチーズを散らして湯煎焼きで30分ほど火を通せば完成です。
表面の焦げが気になるときはアルミホイルをのせてください。形が崩れないよう、しっかり冷やしてから切り分けて召し上がってくださいね!

ほうれん草とベーコンを使ったレシピを幅広くご紹介しました。バリエーションが豊富で飽きることなく楽しめそうですね。見た目の彩りが美しく、ベーコンの塩気で味が決まりやすいのも嬉しい食材ですよ。色々なシーンでお試しくださいね!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1【米】の意外な一面に惚れる♡米を使った絶品おつまみレシピ12選よこさん
  2. 2一気に料理上手に見える!【簡単】副菜レシピ12選イイダミワ
  3. 3とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  4. 4簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  5. 5安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部