お弁当の一品や常備菜にも!利用方法多彩な人参のナムルレシピ5選

栄養満点の人参は少し加えるだけで料理の彩りを豊かにしてくれますよね。日々のお料理に積極的に取り入れたい食材のひとつです。今回は、お弁当の彩りや冷蔵庫の常備菜など、活躍のシーンが幅広い人参のナムルのレシピを集めてみました!

カラフル鮮やか♪人参たっぷり「ささみの紅白ナムル」

レンジ調理でサッとできる人参ナムルです。食卓にもう一品追加したい時にピッタリのお手軽なレシピですね。
まずは人参を千切りにしていきましょう。できるだけ細く切っておけば食感が楽しめますよ。小ねぎは小口切りにします。鶏ささみ、もやしを耐熱容器に入れたらラップをして3分加熱します。粗熱が取れたらささみはほぐしておきましょう。
同じ容器にカットした人参、小ねぎ、ごま油、レモン汁、塩、鶏ガラスープの素を加えざっくりと混ぜます。少しおいて味が馴染んだら完成です。
人参の赤と小ねぎの緑、ささみの白がカラフルなナムルが完成しました!彩りが増えると食欲が増して、家族の会話も増えるかもしれませんね。

茹でてあるだけの常備菜 豚の脂を吸った人参ともやしが絶品「豚肉ともやしの和風ナムル」

こちらのナムルは茹でるだけの簡単調理で完成する、馴染みのある和風の味付けです。常備菜にもバッチリですね。
最初に麺つゆ、ポン酢、ごま油、砂糖、すりごま、しょうがを混ぜてタレを作っておきましょう。湯を沸騰させて、豚肉をしゃぶしゃぶします。豚肉は薄切りを使うとあっという間に火が通りますよ。お湯のアクをとったらもやし、千切り人参、千切りピーマンを同じ鍋でサッと茹でます。
豚肉と茹でた野菜、作っておいたタレを合わせ温かいうちに混ぜます。粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やしてから食卓へ。味がしみてうまうまナムルの完成です。野菜もたっぷり食べられます。

ご飯のお供に!ごま油とにんじんは好相性「韓国風本格ナムル」

こちらは基本の味付けのナムルのレシピです。
まずは皮をむいた人参を千切りにします。短冊切りにしてから千切りにすると長さが揃いますよ。長ねぎはみじん切りに。人参は耐熱容器に入れてラップをかけてレンジで3分加熱します。キッチンペーパーで軽く水気を切ったらごま油、長ねぎ、塩、こしょうで味付けです。
冷蔵庫で冷やしてもおいしいですよ。基本の味付けを知っておけばいろいろな野菜に応用できます。人参以外の野菜にも挑戦してみてくださいね。

肉なしなのに満足のボリューム「 厚揚げと3種野菜の炒めナムル」

ナムルに厚揚げを入れてボリュームとうま味をアップした一品です。
最初に人参を千切りにしましょう。エリンギは手でさいた後に半分に切ります。にんにくはみじん切りに。厚揚げは1cmの厚さに切ったら半分に切ります。酒、鶏ガラスープの素、塩をよく混ぜ、合わせ調味料を用意しておきましょう。
ごま油をひいたフライパンでにんにくを弱火で炒め香りが立ったら、人参、エリンギ、厚揚げ、ほうれん草の順番で炒めていきます。中火で4〜5分炒めたら合わせ調味料をかけてゴマをふりかけます。お皿に盛ったら韓国のりをちらして完成です。
肉は入っていませんが、腹ペコのお腹も満足させてくれる一品ができあがりました!炒めナムルは洗い物が少なく調理できるのもうれしいですね。

ごま油とにんにくで香りよく炒めて「にんじんの炒めナムル」

炒めナムルをもう一品ご紹介します。
人参は皮をむいたら、いちょう切りにしましょう。厚さは1mmくらいが火の通りも早くて良いですね。ごま油をひいたフライパンでにんにくのみじん切りを炒め香りが立ったら、いちょう切りにした人参を入れます。中火で2分ほど炒めたら料理酒、醤油を加えて1分ほど炒め続ければ完成ですよ。
お皿に盛って、いりごまをのせれば見た目がよくなります。同じ人参を使っても、細切りやいちょう切りと切り方が変わるだけで食感や味の絡み方の違いが楽しめます!

いかがでしたか。バラエティ豊かな人参のナムルをご紹介しました!あっさりしたものから、ガツンとパンチのあるものまで、シーンに合わせて作ってみてください。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  2. 2おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  3. 3短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  4. 4冬に食べたい!人気豚こまレシピmoguna編集部
  5. 5給料日直前!節約献立レシピmoguna編集部