サッと茹でた野菜の王様は栄養満点!茹でブロッコリーのレシピ5選

栄養満点の緑黄色野菜ブロッコリー、積極的に食べて欲しい食材ですよね。今回はブロッコリーをサッと茹でて使うおすすめレシピ5選のご紹介です。

ほんのり香るマスタード♪「ささみとブロッコリーのハニーマスタード和え」

お鍋一つで簡単に調理できる栄養バランスもバッチリな和え物のレシピです。
最初に、ブロッコリーを小房に分けたら半分に切ります。ミニトマトは4等分にしましょう。お鍋で湯を沸かしたらブロッコリーを2分間茹でましょう。一旦取り出し、続けて鶏ささみを5分間弱火で茹でます。茹でて冷めたらささみはほぐしておきましょう。
マヨネーズ、マスタード、はちみつ、レモン汁をよく混ぜてブロッコリー、鶏ささみ、ミニトマトを加え、ざっくり和えて完成です。
お子さまも大好きな、ほろ甘いハニーマスタード和えが簡単に完成しますよ!冷蔵庫で冷やしてもおいしいので、作り置きにもおススメの一品です。

パーティーにもオススメ ゴロゴロブロッコリー 「ちんげん菜とエビの中華ドレッシングがけ」

こちらもお鍋一つで簡単にできる一品です。大皿に盛って取り分けるスタイルならパーティーにもぴったりですよ。
まずは冷凍むきエビを水につけておいて解凍します。ちんげん菜は縦に4つ割りにミニトマトは半分に鷹の爪は輪切りにしましょう。醤油、酢、砂糖、ごま油、鷹の爪を混ぜてドレッシングは完成です。
湯を沸かしたらちんげん菜、むきエビ、ブロッコリーの順番で茹でていきます。大皿に盛り付けたら、上から合わせたドレッシングをたっぷりとかけましょう。軽く白いりごまを振りかければ香ばしい香りで食欲がそそられます。
野菜がモリモリ食べられるサラダを召し上がれ!

二種の食材を和えるだけ  えび×ブロッコリー「えびのレモン風味和えサラダ」

次のレシピはシンプルに和えるサラダです。ベストマッチなブロッコリーとえびの素材の味を存分に感じることができますよ。
最初にブロッコリーは小房に分けます。えびは皮をむき背わたをとっておきましょう。赤パプリカは薄くスライスしておきます。沸騰したお湯に軽く塩を入れ、まずブロッコリーを茹でて一旦取り出します。えびも同様に茹でたら冷水で冷やしましょう。
レモン汁、はちみつ、塩、黒こしょう、オリーブオイルをよく混ぜてドレッシングを作ったら、茹でたブロッコリー、えび、カットした赤パプリカも一緒にざっくり和えて完成です。
素材の旨みを感じることができるサラダですよ。

サラダ感覚で食べられる ブロッコリーが好相性「鮭とゆで野菜のサラダ仕立て」

こちらも素材の相性が良いことを感じられること請け合いの一品です。
まずは鮭を食べやすい大きさに切り分け、塩胡椒で下味をつけたら薄力粉を薄く振っておきましょう。ブロッコリーは小房に、さやいんげんは3cmほどに切ったら、1分ほど下茹でして取り出し水気を切っておきます。
フライパンにサラダ油をひいて鮭を中火で焼きましょう。鮭、下茹でしたブロッコリーとさやいんげんをボールに入れて、上からバルサミコ酢、粒マスタード、塩、オリーブオイルをかけてざっくり和えれば完成です。
バケットとやスープと合わせてヘルシーなサラダランチにも、ディナーの肉料理と一緒に贅沢なサラダとしても、食欲とお好みに合わせて活躍してくれるレシピです!

食卓にインパクト!「彩り鮮やかブロッコリーつくね」

見ているだけで楽しくなるブロッコリーつくねのレシピです。
最初にブロッコリーを小房に分け、沸騰したお湯でサッと下茹でします。この時、塩を入れることを忘れずに!このひと手間で緑が鮮やかになりますよ。
鶏ひき肉に片栗粉、酒、すりおろし生姜、塩を加えよくこねて、つくねのタネを作ります。カットしたブロッコリーの下半分に片栗粉をまぶし、タネをつけて全体が丸くなるように成形します。ごま油をひいたフライパンで丸いブロッコリーつくねを7分ほど焼いていきましょう。蓋をしてしっかり焼けば完成です。
七味唐辛子をかけたマヨネーズをつけてもおいしいですよ。お子さまが手づかみでパクパク食べてくれそうな、インパクトある見た目も魅力的な一品です!

ブロッコリーはいろいろな食材と好相性な野菜です。見た目の彩りも栄養バランスも良いので、積極的に取り入れたいですね。茹でブロッコリーのレシピをぜひお試しください!

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1【保存版】これぞヘルシーおつまみ!代謝を助ける栄養素とレシピ特集榎本かな/管理栄養士
  2. 2安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  3. 3おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  4. 4短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  5. 5給料日直前!節約献立レシピmoguna編集部