ブロッコリーを使ったスープのレシピ5選

栄養たっぷりの緑黄色野菜ブロッコリーなど、野菜がたくさん食べられて手軽に作れるスープのレシピをご紹介します。ゆっくりしたい休日の献立としても、バランスのとれた食べるスープは重宝しますよ!

サワークリームがさっぱりおいしい ブロッコリーがアクセント「なすのさっぱりトマトスープ」

野菜たっぷりのほんのり甘辛スープレシピです。
ヘタを切って輪切りにしたなすは水に浸してアク抜きをします。なすとスライスした玉ねぎを鍋で炒め、熱湯で溶いたコンソメと唐辛子を加え沸騰させます。トマトケチャップと塩こしょうで味付けをしたら最後に火の通りやすいブロッコリーを加え茹でて完成です。
スープ皿によそったら、食べる直前にフレッシュパセリのみじん切りを散らし、サワークリームをのせていただきます。トマトスープの甘味、サワークリームのコクと酸味が口の中に広がって、野菜を口にはこぶ手が止まらない美味しさです!

スープでぽかぽか温まる ブロッコリーと人参で野菜たっぷり「鶏とポテトの簡単カレースープ」

栄養たっぷりのヘルシースープを、変わり種のカレー風味で作ってみましょう。
じゃがいもの皮を剥いたら一口サイズに切って、耐熱ボールへ入れラップをしたらレンジで加熱します。柔らかくなったじゃがいもをフォークを使ってつぶしながらピュレ状にし、片栗粉を加えてこねたものをボール状に丸めます。鶏のひき肉にセロリのみじん切りを入れてこねたものも同じくボール状に丸めましょう。
ブロッコリーと人参は一口大にカットしてレンジで加熱します。水とコンソメ、オリーブオイルを鍋に入れて沸騰させ、準備しておいた具材を入れていきます。最後にカレー粉を加えたら完成です!
カレー粉を加えるだけで簡単にいつもと違うスープに仕上がるのがうれしいですね。お子さまが喜んでくれる食べやすい一品です!

バターの風味が野菜のうまみを引き出す「さつまいもとブロッコリーのひき肉スープ」

さつまいもの甘味とバターのコクでほっこり優しいスープです。
バターで玉ねぎの角切りと1.5cmにカットしたさつまいも、ひき肉を炒めます。ひき肉は食感が残る程度の大きさに固まるように、崩しすぎずに炒めると良いでしょう。そこへ塩とこしょうで味付けをして水と顆粒コンソメを加え、蓋をして弱めの中火で6分煮ます。一口サイズにカットしたブロッコリーを加え、さらに2分間煮てブロッコリーが柔らかくなったら、塩コショウで味を調えて完成です!
ブロッコリーのグリーンが鮮やかで、いろんな食感が楽しめる一品。お好みでパセリを散らして召し上がってくださいね。

食べ応え十分のスープ「芽キャベツとブロッコリーのスープ」

やさしい味わいのスープに、香ばしい粒マスタードをアクセントに加えていただくスープです。
まずは芽キャベツを茹でましょう。切り口に十文字の浅い切り込みを入れておくと芯まで火が通りやすくなり、絶妙な食感に茹で上げることができますよ。
お鍋に水と顆粒コンソメを入れ中火にかけましょう。沸騰したら芽キャベツと斜め半分に切ったソーセージを弱火で煮ます。カットしたブロッコリーを加えさらに煮て、塩コショウで味を調えたら出来上がりです!
器によそったら粒マスタードを添えていただきます。たったの10分で完成する時短レシピですが、ソーセージから旨みがたっぷりと出ていてあとを引く美味しさですよ!

つるっとワンタンが嬉しい ブロッコリーとかぼちゃが色鮮やか「あったかかぼちゃのワンタンスープ」

チーズ入りのツルッとしたワンタンでお子さまが大喜びしてくれるスープです。
かぼちゃは皮と種を除き、小さなブロック状にカットしたらレンジで加熱して柔らかくしたものをマッシュしておきます。そこへきび砂糖と砕いたくるみ、片栗粉を混ぜ合わせ、ワンタンの皮でチーズと一緒に包んでいきましょう。
鍋で豆乳を温めたら、カットしたブロッコリーとベーコンを入れて煮て、コンソメ顆粒と塩コショウで味付けします。そこへしめじと残りのマッシュかぼちゃを加え溶かしましょう。最後にワンタンを加え柔らかくなるまで加熱したら出来上がりです。
豆乳の量を調節しながらお好みの濃さで仕上げてくださいね。ブロッコリーの緑色とかぼちゃの黄色が良く映えて、見た目でも楽しめるスープです。

栄養満点のブロッコリーを使った身体にうれしいスープのレシピをご紹介しましたが、いかがでしたか。いろいろな野菜がたっぷり食べられて体も温まるスープを、ご家族の健康管理や外食が続いた後のリセット食など、幅広いシーンでぜひお役立てくださいね!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1みんなが大好き!食パン♡しっかり食べられる食パン朝ごはん12選リミ
  2. 2とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  3. 3簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  4. 4安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  5. 5おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部