ベストマッチ!ブロッコリーとえびを使ったレシピ5選

緑色が鮮やかなゴロゴロ野菜のブロッコリーとプリプリの赤いえびは、味も見た目も相性抜群の組み合わせ。お子さまにも大人気のコンビですよね。そんな2つの食材を使ったレシピをもっと知りたいと思っているみなさんに、はずせないベストマッチレシピを紹介します!

ぷりぷりえびの中華風あっさり炒め「ブロッコリーとえびの炒めもの」

簡単にできる基本の中華風炒め物のご紹介です。
まず、えびの殻と背ワタを取り除きます。えびの生臭さを取り除くために、片栗粉で揉んでから水洗いすることがポイント。臭みがなくなるだけではなく、ぷりぷりの食感になりますよ。
ブロッコリーは、房と茎に分けてカットし、フライパンで火を通します。フライパンに蓋をして蒸すことで、歯ごたえを残しつつ、全体に簡単に火を通すことができますよ。
こんがりと焼いたぷりぷりのえび、シャキッとしたブロッコリーの食感がたまらない一品。鶏ガラをベースに調味するので味が決まりやすいのも嬉しいポイントです。丁寧にえびの下処理をすることで、仕上がりのプリプリ感に差がつきますので、試してみてくださいね!

ぷりぷりほくほくグラタン「えびとブロッコリーのトマトクリームグラタン」

お子さまの笑顔が浮かんでくるような、アツアツクリーミーなグラタンのレシピです。
まず、フライパンでカットした玉葱、えびを炒めます。ボイルえびを使うと下処理をせずにお手軽に作ることができますよ。
このグラタンは、牛乳だけではなく、ケチャップを混ぜ合わせたトマトクリームソースが決め手になります。一旦火を止めてから、グラタンソースを少しずつ絡めると、ダマになりにくくなめらかなグラタンを作ることができますよ。全体を煮立たせてから、耐熱容器に入れてトースターで加熱するので、表面にこんがりと焼き目をつけたら短時間で完成します。
トマトクリームのグラタンソースがブロッコリーやえびにマッチした一品です!

おもちとチーズでダブルのとろ〜り えびとブロッコリーがゴロゴロ「フライパンで作るえびのおもちのグラタン風」

冬に余りがちなおもちを使った、ボリューム抜群のひと味違うグラタンです。フライパン1つでできるので、初めてグラタンを作る人でもお手軽で安心ですね。
バターを入れて食材を炒めていくので、バターの風味が効いたグラタンソースが絶品。ブロッコリーは、あらかじめ電子レンジで温めて火を通しておくと、グラタンソースに入れてからも、ソースを加熱しすぎずに調理することができます。ホワイトソースの加熱具合は難しいですが、木ベラの跡が残るくらいが丁度良いあんばいです。
とろとろのチーズにプラスして、もちもちのおもちがたまらないグラタンで幸せな気持ちになれますよ!

えび×ブロッコリーをレモンの酸味でデリ風に「えびのクリーミーサラダ」

レモンの酸味が効いたデパ地下のデリ風サラダをご紹介します。ブロッコリーとえびを混ぜ合わせるだけなので、時間のない日でもチャチャッと作れる一品です。
ブロッコリーは、房と茎を分けてカットすることで、固い茎でも短時間で火を通すことができますよ。また、茹でえびを使うので、フライパンで表面に焦げ目をつけるだけで、お手軽に使うことができます。
普段のマヨネーズだけのサラダではなく、レモンを混ぜることで、酸味の効いたいつもとは一味違うサラダを楽しめますよ。オーガニックのレモンが手に入ったら、皮ごと半月型にスライスしたレモン果肉をトッピングしても良いですね!
素材を活かした、ごろごろとしたエビとブロッコリーの食感を楽しんで食べてみてくださいね。

ちょっぴり特別なランチ 生ハム、えび、ブロッコリーが贅沢「レモンクリームのパスタ」

普段のクリームパスタではなく、レモンの風味感じるおしゃれなパスタのご紹介です。レモンの皮と果汁を使うことで、一風変わったさわやかな味わいに仕上がります。
ブロッコリーと冷凍えびは、パスタが茹で上がる1分から2分前に、パスタと一緒に茹でるので、余分な調理器具を使うことなく、短時間で調理することができます。
生ハム、えび、ブロッコリーと具だくさんなよそ行きパスタは、ちょっと贅沢なランチやお友達のおもてなしの一品として活躍してくれますよ!

いかがでしたか。ブロッコリーとえびの相性はバツグンで、バリエーション豊かなレシピがたくさんありますね。シーンに合わせて作ってみてくださいね!

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  2. 2おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  3. 3短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  4. 4冬に食べたい!人気豚こまレシピmoguna編集部
  5. 5給料日直前!節約献立レシピmoguna編集部