鮭とバターで作るおもてなしレシピ5選

日本食の中でも特別な存在感を持つ鮭は、洋食にもよく合う魚でもありますね。鮭を使った洋風レシピといえば、ムニエルやソテーなど、バターと組み合わせていただくレシピがたくさんあります。今回はそんな、鮭とバターを組み合わせたレシピの中から、おもてなしにぴったりのレシピを選んでご紹介しましょう。

見た目も香りもごちそう「鮭とまいたけの炊き込みご飯バター風味」

まずは鮭とバターの抜群の相性をいかしたご飯ものレシピをご紹介しましょう。
まいたけと鮭の入った炊き込みご飯の仕上げにバターを加えて混ぜるだけで、特別なごちそうに大変身。
炊き込みご飯に加える鮭は、生のままではなく、酒を加えたお湯でサッと湯がいてから使うのがポイントです。鮭の臭みがご飯に移らず、おいしく炊き上がりますよ。
研いだ米に調味料と、小房に分けたまいたけ、下茹でした鮭の切り身を加えたら、あとは炊飯器におまかせ。炊き上がりにバターを加えて混ぜ、ごまを散らしていただきましょう。
わぁっと歓声のあがりそうな、豪華なご飯になりますね。

シーズンに一度は作りたい「鮭のレモンバターソテー」

鮭とバターの組み合わせは相性抜群ですが、鮭とレモンも相性抜群。バターとレモンも相性抜群、となれば、この3つがそろった料理がおいしくないわけがありません。
ソテーの基本的な作り方は、水気を取った鮭に、薄く小麦粉をまぶして、両面にこんがり焼き色がつくまでフライパンで焼きます。ソテーした鮭をフライパンからお皿に移したら、醤油、レモン汁、砂糖、バターを煮絡めてソースをつくり、鮭にかければできあがりです。
鮭は皮もおいしいので、皮面も忘れず焼きましょう。忙しいときにもサッと作れるのもうれしいポイントです。

焼き付けてから煮込む、鮭とだいこんの煮物が絶品「バターじょうゆの鮭だいこん」

次にご紹介するレシピは、おもてなしのメインにぴったりの一品。鮭とだいこんの煮物、という少し意外な組み合わせで作る、おしゃれでおいしいおすすめのレシピです。
フライパンでまず、鮭を焼いて一度出したら、大根も両面にこんがり焼き色がつくまで焼きます。醤油と水で煮汁を作って加えたら、落し蓋をして煮込みます。約10分して火が通ったら、仕上げにバターを加えましょう。器に盛り付け、青じそをちらしたら、まるでレストランで出てきそうな仕上がりに。
仕上げに加えるバターがコクを加え、しっとりとおいしくいただけますよ。

ありそうでない、意外な組み合わせが人気「鮭ときのこのガーリックバター醤油」

ガーリックバター風味の炒め物レシピは、ご飯にも、日本酒やワインにも合い、お子さまにも人気の味付けで、さまざまなシチュエーションで活躍してくれる重宝なレシピです。
フライパンにサラダ油を熱し、スライスしたにんにくを加えて香りが立ったら鮭を焼きます。続いてきのこ類を加え、バターを含む調味料を全て加えて絡めたらできあがりです。
きのこのバター炒めだけでもおいしいですが、このレシピのように鮭を加えると、グッと豪華な一品になりますね。

定番レシピをバターで仕上げてリッチな味わい「鮭の照り焼き」

照り焼きは、鮭の定番レシピのひとつ。このレシピのポイントは、鮭を焼いて最後に和風調味料を全て加えて煮絡めるときに、バターをたっぷり加えて仕上げること。ジューシーで旨みたっぷりな、洋食風照り焼きに仕上がります。特に鮭の身が赤っぽく、脂があまりのっていないな、という時には、このレシピのように、バターでコクを加えて仕上げてみて下さい。
ご飯がどんどん進む味付けで、お子さまにも人気のレシピになりそうですね。照り焼きのたれは、蜂蜜を加えると照りが出て、食欲をそそる仕上がりになりますよ。

いかがでしょうか。ただ焼くだけでも充分おいしい一品になる鮭ですが、バターと組み合わせるだけでこんなにバリエーション豊かに。今回ご紹介したレシピ、おもてなしの場面でお客さまに出したら、きっと料理上手とほめられますよ。ぜひマスターしてみて下さいね。

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  2. 2がっつり丼ぶりレシピmoguna編集部
  3. 3ぽかぽか♪シチューレシピmoguna編集部
  4. 4旬を味わう♪春パスタ特集moguna編集部
  5. 5短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部