料理に彩を添える薬味の王様 青ねぎを使ったレシピ5選

白ねぎ、長ねぎ、万能ねぎ…様々な種類や名称があるねぎの中から、冬に旬を迎える青ねぎをピックアップ。青ねぎとは、緑色の葉の部分が長く、ねぎの風味を存分に楽しめる薬味としての役割が大きい野菜です。今回は青ねぎの風味を生かし、料理に彩を添える人気のレシピを厳選してみました。普段青ねぎを使わないという人もぜひ参考にしてくださいね。

青ねぎと生姜の香りとキャベツの旨味を包んだ「にんにく抜き餃子」

緑色の部分が多く香りがよい青ねぎの特徴を生かして、にんにく抜き餃子を作りましょう。このレシピで重要なポイントは青ねぎと生姜のねぎ汁を作ること。青ねぎ、生姜を潰して、水を加え揉みこんで、しっかりと濾します。このねぎ汁に豚肉、調味料を入れ、全体を混ぜて馴染ませましょう。
冷蔵庫で休ませた後、刻んだキャベツを加えて、餃子の皮で包みます。フライパンで蒸し焼きにして、最後に焼き目をつけたら完成です。
にんにくが入っていないので、翌日の胃の調子の心配が要りません。お弁当に入れても他の食材に香りが移ることが無いのも嬉しいですね。包み方を変えて水餃子にしたり、色々なアレンジをしてみてくださいね。

レンジで簡単チャーハン キムチと青ねぎが食欲をそそる「韓国風チャーハン」

チャーハンと言えば、残ったご飯を使ったアレンジレシピの定番料理。今回は青ねぎをトッピングにして風味をアップさせた簡単韓国風チャーハンをご紹介します。
ご飯と溶き卵、キムチ、青ねぎ、調味料を混ぜ合わせたら、平にしてレンジへ。表面が乾いた程度でいったん取り出し、全体を混ぜて再び平にします。火が通ったら、しゃもじ等でパラパラにして出来上がり。最後に、小口切りにした青ねぎを散らしましょう。
レンジのみで加熱が出来るので、炒める手間がグーンと減ります。フライパンを使わないので洗い物が減るのも嬉しいポイントですね。

青ねぎの香りがアクセント。独特の食感がクセになる!「納豆キムチパスタ」

耳慣れない料理名に、驚く方もいるかもしれませんが、一度食べたらクセになってしまう「納豆キムチパスタ」を作ってみませんか。
器に青ねぎを半分と、納豆、キムチ、麺つゆ、削りがつお、納豆のタレ、からしを入れます。茹で上がったパスタにバターを絡め、納豆ソースと混ぜ合わせたら出来上がり。残りの青ねぎと卵黄を乗せて、召し上がれ。
納豆がけご飯と変わらないぐらいの、簡単な手順のみで仕上がります。トロッとした卵黄と納豆、シャキシャキとしたキムチの食感に青ねぎの香りのアクセントがたまらない一皿です。

青ねぎを散らしたアツアツスープ「チンゲン菜とたらこの厚揚げスープ」

寒い日は、あったかスープで身体を芯から温めたくなりますよね。チンゲン菜を使ったアツアツスープで、寒さをやわらげませんか。
鍋にだし汁と醤油を入れて、沸騰させます。チンゲン菜、厚揚げ、たらこを入れ、少し煮たら、水溶き片栗粉を入れましょう。とろみがついたら、火からおろし、小口切りした青ねぎをパラパラとかけて出来上がり。
とろみのある醤油ベースのスープに、チンゲン菜の甘みやぷちぷち食感のたらこがよく合います。厚揚げが入っているので、食べ応えも申し分なし。帰宅が遅い旦那さまにも喜ばれる一杯です。

青ねぎ、生姜、にんにくと薬味が勢ぞろい「ふわふわ卵のきのこスープ」

続いても寒い冬に嬉しいスープのレシピです。
お鍋に、生姜、にんにく、ごま油を入れ、炒めます。豚肉を加えて、塩胡椒をして火を通しましょう。しめじ、えのき、調味料も入れて、加熱を続けます。味を調えながら、溶き卵を回しいれかき混ぜて、ラー油、ごまを加えて出来上がり。
器に盛り付けたら、青ねぎを乗せます。完成直前に入れたふわふわの溶き卵、たっぷり入ったきのこが食欲をそそります。青ねぎ、生姜、にんにくと薬味がたっぷり入ったポカポカスープで、元気いっぱいになりそうですね。

青ねぎを使ったレシピをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。料理の傍に寄り添う、名脇役の青ねぎがいてこそ際立つレシピばかりでしたね。今回ご紹介したレシピ以外でも、卵焼きに乗せたり、青魚の刺身に添えたり、と合わせられる料理は、まだまだたくさん。お気に入りの使い方を見つけて、青ねぎ料理を楽しんでくださいね。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  2. 2おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  3. 3短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  4. 4冬に食べたい!人気豚こまレシピmoguna編集部
  5. 5給料日直前!節約献立レシピmoguna編集部