メインの具材にもアクセントにも!長ねぎを使った味噌汁のレシピ5選

味噌汁の定番具材の一つ、長ねぎ。最後に散らしてアクセントとしてもよく使われていますよね。今回は、長ねぎを使った味噌汁のレシピを集めてみました。いつも同じ具材を使ってしまう…という方のマンネリ解消にもおすすめです。

お腹も満足のレシピ「長ねぎと根菜の味噌汁」

具材たっぷりで食べごたえ抜群の、長ねぎと根菜の味噌汁はいかがですか。栄養満点で腹持ちも良いので、育ち盛りのお子さまの朝食にもぴったりです。
使う具材はにんじん、さつまいも、長ねぎ。根菜類は水と一緒に火にかけ、長ねぎは調理の最後に入れましょう。水から加熱することが、にんじんとさつまいもを煮崩れさせないためのポイントです。
ホロホロの野菜に思わず心もほっこり。優しい甘みに癒されます。身体もしっかり温まりそうですね。

かぼちゃでほっこり「長ねぎと卵の味噌汁」

まろやかな溶き卵とかぼちゃの甘みがおいしい味噌汁は、朝食にぴったり。
味噌のコクと卵がよく合います。かぼちゃ、もやし、和風顆粒だしと水を火にかけ、かぼちゃに火が通ったら長ねぎと味噌、卵を加えます。火から下ろすタイミングは、卵が浮いてきた時。味噌を入れたら沸騰する前に火を止めるのがポイントです。
具材が盛りだくさんなので、食べごたえもバッチリ。小腹が空いた時の軽食や夜食としても最適です。シャッキリしたもやしとホクホクのかぼちゃ、トロトロの長ねぎと、食感も楽しめますよ。

野菜の柔らかな甘み「長ねぎとじゃがいもの味噌汁」

味噌汁の具材として人気のじゃがいもとわかめ、しいたけを使った、ベーシックながらもおいしいレシピのご紹介です。
じゃがいもは水と一緒に加熱し、しいたけとわかめはじゃがいもに火が通ってから加えます。もちろん長ねぎを入れるのは一番最後。定番の具材を使っているからこそ、合わせる献立を選ばずアレンジも自在。ササッと手軽に作れるのも魅力です。
好きな食材を最後にトッピングするのも素敵ですね。お腹にたまるじゃがいもを使うことで、腹持ちも抜群。食事がしっかり摂れない忙しい朝でも、頼もしい味方になってくれそうです。

赤味噌でキリリと仕上げた「長ねぎとかぼちゃの赤味噌汁」

かぼちゃと長ねぎのうまみを生かした赤味噌汁はいかがでしょう。白味噌に比べて塩分の多い赤味噌は、料理をしっかりとした味付けにしたい時にぴったり。濃厚な甘みのかぼちゃと合わせても、上手く味のバランスを取ってくれます。
使う具材は、長ねぎ、かぼちゃ、油揚げ。全ての具材と水を鍋に入れて火にかけ、かぼちゃに火が通ったら顆粒和風だしと味噌を加えます。最後に入れることが多い長ねぎも、水からしっかり加熱することで、甘みをより引き出すことができますよ。
存在感のある赤味噌が、全体をキリッとした味に。味噌の量はお好みに合わせて調節してくださいね。

鮭と味噌が相性ぴったり「長ねぎと鮭の味噌汁」

相性抜群の味噌と鮭。大根やしいたけなどと組み合わせて、冬に食べたくなるような味噌汁に仕上げました。だし汁、大根、しいたけを鍋で煮込み、次に鮭、最後に味噌を加えます。器に盛ったら、仕上げに長ねぎをのせて。お好みで七味唐辛子も振ると、良いアクセントになりますよ。
鮭のうまみがジュワッと染み出た味噌汁は、コクがあってまろやか。しいたけや大根にも味がしっかり染みています。ゴロっとした具材が、食べごたえたっぷりで嬉しいですね。いつもより少し豪華な味噌汁を作りたい時にもおすすめです。
鮭のアラを使ってもおいしく作ることができますよ。

長ねぎを使った味噌汁のレシピを5つご紹介しました。気軽に作れる定番レシピにも、いつもより少し手の込んだ豪華なレシピにも、長ねぎは活用できます。味噌汁と相性抜群の長ねぎを、ぜひ使いこなしてみてくださいね。

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1みんなが大好き!食パン♡しっかり食べられる食パン朝ごはん12選リミ
  2. 2とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  3. 3簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  4. 4安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  5. 5おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部