バターの旨味がリッチな味わい!鮭を使ったオシャレなムニエル5選

こんがりと香るバターでジュワッと焼いたムニエルは、定番の魚料理の一つですよね。ムニエルと聞くと、白身魚を使うイメージが強いですが、旬の鮭を使うのも味わいがあってオススメです。今回は、鮭を使った、バターの風味がクセになるオシャレでアレンジの利いたムニエルレシピ5選をご紹介いたします。

マヨネーズのコクがマッチ!「フレンチ鮭のムニエル」

初めにご紹介するのは、クリーミーなマヨネーズのコクがきいたタルタルソースをトッピングした鮭のムニエルです。
タルタルソースには、卵のまろやかさがとろけていて、鮭もバターでソテーしているので、魚特有の臭みはほとんどなく、魚が苦手な方でも食べやすい一品に仕上がっています。
本格的なムニエルを作るポイントは、鮭の皮目をパリッと、中身はふんわりしっとりと焼くこと!フライパンで鮭を中火でじっくり焼けば、おのずと外はパリッと中はしっとりに仕上がりますよ。
食べる時にレモンをキュッと絞れば、こっくりとしたタルタルソースが乗ったバターの香り漂うムニエルをさらに美味しくいただくことができます。タルタルソースは、お子さまにも人気のある味なので、是非今夜のディナーにどうぞ。

トマトの酸味がクセになる!「鮭のムニエルトマトソース」

お次は、トマトの爽やかな酸味が新しい鮭のムニエルをご紹介いたします。
どことなくフレンチとイタリアンを感じさせる上品な味わいは、一度口にすれば最後まで食べ尽くしたくなる、魅惑のトマト味に仕上がっています。
鮭はオリーブオイルで焼くので、普段の定番のムニエルよりさっぱりとした味わい。飽きずに食べることができそうです。
お好みで、トマトソースにオレガノやバジルなどのハーブを加えることで、より一層本格的な味になりますよ。

香ばしい醤油の風味が食欲そそる!「鮭の和風ムニエル」

バターの風味と醤油のマリアージュが食欲そそる鮭の和風ムニエルをご紹介いたします。ムニエルと言えば、大抵バターに塩味が基本となっていますが、今回は日本人が大好きな醤油味で味付けした和風ムニエルです。
香ばしい醤油の香りが食欲をそそる、あまり食欲が無い時でも食べれそうな魚料理レシピ。付け合わせには、ササッと炒めたもやしやキャベツなどを一緒に添えてもいいでしょう。

ピーマンと一緒にいただく!「鮭のめんつゆ味ムニエル」

ご飯と一緒に食べられる食べ応えのあるムニエルを作りたい方には、めんつゆの風味が利いた和風ムニエルがオススメです。
鮭と一緒に炒めたピーマンとまいたけは、歯ごたえもあるので食欲旺盛なお子さまがいるご家庭の食卓にもってこいの一品になっています。
味付けは、めんつゆの出汁と隠し味ににんにくが入っているので、白いご飯と一緒にパクパク食べてくれるでしょう。鮭と一緒に野菜もしっかり炒めるので、中までじっくり味が染みていて、食べるたびにどこかホッとする味付けは、大人からお子さままで好まれる味です。

はちみつの優しい甘さが隠し味!「鮭の照り焼き味ムニエル」

最後にご紹介するレシピは、はちみつのほんのりとした甘さがきいた鮭の照り焼き風ムニエルです。
バターで炒めた鮭のムニエルを、お子さまが大好きな甘辛い照り焼き味に仕上げた絶品レシピ。照り焼き味のムニエルは、冷めても美味しく頂けるのでお弁当のおかずにもオススメですよ。
はちみつを入れてまろやかな甘さが美味しい照り焼きソースは、鮭だけでなく肉料理に合わせても美味しいので、オススメです。

今回は、鮭を使ったムニエル料理5選をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。ムニエルと言っても、味付けを少し変えるだけで、多彩な味を楽しめることができます。鮭は普段の食卓で焼き魚にしがちですが、ムニエルはフライパン一つで作れる意外とカンタンな料理なので、ぜひ今夜の晩御飯のメインおかずとして作ってみてはいかがでしょうか。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  2. 2おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  3. 3短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  4. 4冬に食べたい!人気豚こまレシピmoguna編集部
  5. 5給料日直前!節約献立レシピmoguna編集部