チーズ好きにはたまらない!お子さまも喜ぶ鮭レシピ5選

固形のまま食べるものから、溶かして食べるものまで様々な種類がある、チーズ。この記事では、溶かして食べるトロッと食感が絶品なチーズと、手頃な価格で手に入る鮭の絶妙なコラボレーションレシピをご紹介します!

チーズ好きの定番レシピ 「鮭ピザ」

チーズ好きの方は、ピザが好きなのではないでしょうか。そんなチーズ好きの定番、ピザを鮭で作りましょう。手間のかかる生地をこねる工程のない、簡単ピザです。鮭の厚みを半分にし、酒、醤油で味をつけます。クッキングシートの上に広げ、しょうが、ねぎ、チーズをのせて、胡麻を散らし、オーブントースターで焼いたら完成。鮭が切りにくい場合は、薄いそぎ切りにしてもいいですよ。
鮭の旨みが、チーズのコクとマッチした、こってり味の鮭ピザです。きのこやじゃがいもを乗せるとボリュームも出て、お腹いっぱいになりますね。

コロコロじゃがいもが決め手「簡単鮭グラタン」

小さくカットしたじゃがいもがホワイトソースと良くからみ、さらにおいしくいただける一品です。
ホワイトソースを作るのは大変ですが、市販のものを使うことで時短にもなりますね。市販のホワイトソースでもひと工夫で本格的な味になるのです。じゃがいもはサイコロ状にカットし、レンジで温めます。フライパンにバターを熱し、鮭、たまねぎを炒めたら、じゃがいも、コンソメ、塩胡椒を入れ、ホワイトソースも混ぜ合わせましょう。耐熱皿に入れて、チーズを散らし、トースターで焼いたら完成です。
チーズの上に、パン粉を散らしマヨネーズをかけて焼くと、サクサク食感がプラスされ、さらにコクが出て美味しいですよ。

味噌とマヨネーズのコクでしっかり味「栄養満点 鮭ドリア」

合わせた調味料に、混ぜるだけで簡単に出来るドリアを作りましょう。味噌とマヨネーズがしっかりコクを出し、ホワイトソース要らずのドリアです。
きのこや、ピーマンも入っているので、彩りも良く栄養も満点。鮭は、酒、塩胡椒で下味をつけます。ボウルに、マヨネーズ、水、味噌、塩胡椒を合わせて、ご飯、鮭、ピーマン、しめじを加えて混ぜ合わせましょう。バターを薄くぬった耐熱皿に、混ぜ合わせたご飯をのせたら、チーズを散らし、飾り用の輪切りピーマンをのせて、オーブンで焼いたら完成です。
野菜や魚が苦手なお子さまでも、チーズと合わせることで食べやすくなりますね。
具材は何を入れてもおいしくいただけるので、お子さまの苦手なものを克服してもらうのに作ってみてはいかがでしょう。

彩りきれいな簡単イタリアン「鮭のイタリアンレンジ蒸し」

合わせたソースをかけて焼くだけの、イタリアンレンジ蒸しの紹介です。彩りもきれいなので、友人をおうちに招く際にもサッと作れて、食卓も賑わう、一品で存在感のある鮭レシピです。
耐熱皿にクッキングシートを長めに敷き、たまねぎ、しめじ、ブロッコリーを入れ、下味をつけた鮭をのせます。ケチャップ、コンソメ、ミニトマトを合わせたソースをかけたら、クッキングシートを折りたたみ、端をねじってとめましょう。レンジで加熱して火を通したら、チーズを散らし、余熱で溶かして完成です。
お好みで塩胡椒をかけて、味を調えてください。野菜の上に鮭をのせて包むと野菜が土台になり、鮭がふっくら仕上がることがポイントです。

一品で栄養満点、ボリューミー「鮭の彩りキッシュ」

野菜たっぷりで彩りもきれい、鮭の旨みとチーズのコクが絶妙にマッチしたフランスのパイ料理、キッシュを作りましょう。お子さまの誕生日パーティーなどの際は、お友だちとの遊びに夢中になり、なかなかご飯を食べてくれないものですよね。そんな時に一品で栄養がしっかりとれるので、メインディッシュとして出してはいかがでしょう。
ボウルに、卵、牛乳、生クリーム、塩を混ぜ合わせ、キッシュ液を作ります。耐熱皿に、炒めたたまねぎ、鮭、茹でたブロッコリー、かぼちゃを入れ、キッシュ液を流し入れましょう。チーズを散らしてオーブンで焼いたら完成。
キッシュ液は、具材の粗熱が取れてから入れてください。丸い耐熱皿で焼いて、ピザのようにカットして器に盛ると、さらに見栄えが良くなりますね。

いかがでしたでしょうか。鮭の旨みがチーズのトロッと食感と絶妙にマッチしたレシピばかりでしたね。鮭が苦手なお子さまも、チーズと合わせることで、いつもより食べられる量が増えるのではないでしょうか。是非家族で鮭×チーズのコラボレーション料理を楽しんでくださいね。

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1みんなが大好き!食パン♡しっかり食べられる食パン朝ごはん12選リミ
  2. 2とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  3. 3簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  4. 4安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  5. 5おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部