あさりの出汁で豆腐をいただく、おすすめレシピ5選

殻付きで売っている貝の中でも特になじみ深い、あさり。じんわりしみだす出汁がおいしく、さまざまな料理に活躍します。今回は、そんなあさりと、淡白で合わせる食材を選ばない豆腐を組み合わせた、おすすめレシピをご紹介します。砂抜きしていないあさりを使う場合は、塩水やお湯に浸けて、しっかり砂抜きしてから使いましょう。

あさりの出汁がきいた韓国風スープ「豆腐とあさりのキムチスープ」

あさりの出汁は、スープの味わいにコクと深みを加えてくれます。この、豆腐がたっぷり入ったスープは、あさりと相性のいいキムチを組み合わせた、ピリ辛ながらやさしい旨みのスープです。
キムチ自体にも、発酵食品特有の旨みがあり、絹ごし豆腐のやさしい味がキムチの辛さとよく合って、じんわりと体にしみこむような味わい。鍋にあさりと水を入れて出汁を取ったら、酒と塩を加え、豆腐、キムチ、わけぎを加えて煮ればできあがりです。
仕上げに垂らすごま油が食欲をそそりますよ。

殻付きあさりでも、電子レンジで簡単調理「あさりと豆腐の中華風蒸し」

あさりというと、砂抜きや加熱の仕方など、丁寧に調理しなければならないイメージがあり、なんとなくハードルが高い、という方も多いのではないでしょうか。こちらはそんな方におすすめの、電子レンジにお任せで作ることができる簡単レシピです。
洗ったあさり、豆腐、切った万能ねぎとしょうがを耐熱容器に入れ、醤油、レモン汁、料理酒を加えたら、軽くラップをかけて電子レンジで加熱します。あさりの口が開いたら、ごま油を加えましょう。あさりの出汁が絶品のヘルシーな中華風酒蒸しのできあがりです。

殻付きあさりの存在感が新鮮「あさりと豆腐の卵とじ」

あさりの出汁がしみる、さっぱりヘルシーなものが食べたい時におすすめの卵とじです。
材料は、あさり、厚揚げ豆腐、卵だけとシンプル。酒と調味料であさりを蒸して、切った厚揚げ豆腐を加えて煮たら、卵でとじればできあがりです。
簡単でパパッと作れるレシピながら、殻付きあさりの卵とじはなかなかのインパクトのある見た目なので、おもてなしや自宅での飲み会のおつまみにもおすすめのひと皿ですよ。卵の火の通り加減ができばえの食感を左右するので、ふんわり膨らんできたら、すぐに火を止めるようにしましょう。

ヘルシーな豆腐仕立て、あさりの出汁がおいしい「カリフラワー入りクラムチャウダー」

あさりの出汁は、洋風レシピにも大活躍。このレシピは、小麦粉のかわりに絹ごし豆腐でとろみをつけた、さっぱりヘルシーなクラムチャウダー風スープです。
あさりを白ワインで蒸したら、殻と身を分けて、あさりの蒸し汁にカリフラワーとベーコン、牛乳で溶いた豆腐を加えて煮込みます。カリフラワーに火が通ったら、あさりの身を戻し、コンソメスープと塩胡椒で味付けしてできあがりです。
やさしい味付けのものを食べたい時にぴったりの、あたたかくて旨みのギュッと詰まった一品ですよ。

水煮缶のあさりを使って、お手軽「いり豆腐」

最後は、あさりの水煮缶を使って、簡単にあさりを楽しむレシピをご紹介します。
色どりの良い、やさしい味のいり豆腐は、お子さまにも人気の一品になるのではないでしょうか。フライパンで、水気を切ったあさり、にんじん、しいたけを炒めたら、豆腐を手で崩しながら加え、調味料と小口に切ったねぎを加えて炒めます。水分をよく飛ばしてから卵を加えて仕上げるようにすることが、このレシピのポイントです。
野菜もたっぷり入った旨みたっぷりのいり豆腐は、メインのおかずにも、お弁当の一品にもぴったりですね。

今回ご紹介したように、あさりの出汁は、洋風、和風、中華料理に、韓国料理と、活躍の幅が広いのです。殻付きだからと敬遠せずに、ぜひこの機会にいろいろな使い方に挑戦してみてくださいね。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1【保存版】これぞヘルシーおつまみ!代謝を助ける栄養素とレシピ特集榎本かな/管理栄養士
  2. 2安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  3. 3おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  4. 4短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  5. 5給料日直前!節約献立レシピmoguna編集部