塩焼きだけじゃない!さんまを使った美味しい和食レシピ5選

そのまま焼いただけで十分ごちそうになるさんまですが、少し手を加えると全く違った魅力を見せてくれます。 今回は、さんまの塩焼きだけではない、新たな魅力を発見できる和食レシピを集めてみました。南蛮漬け、辛味噌煮、丼レシピなど、覚えておけばきっと役立つ珠玉のレシピをどうぞ。

青じそでさんまをさっぱりと「さんまの梅じそロール巻き」

まず最初にご紹介するのは、目新しさのある「さんまの梅じそロール巻き」です。
さんまを3枚におろして下味をつけた後、青じそと梅マヨネーズをのせてクルクルと巻きます。爪楊枝で留めて片栗粉をまぶし、180℃の油でカラッと揚げたら完成です。
青じその香りと梅のさわやかな酸味がアクセントになり、さんまをさっぱりと美味しくいただけます。
ご飯にもお酒にも合うので、大人もお子さまも楽しめますね。冷めても美味しいので、お弁当のおかずにもぴったりです。

ピリ辛の甘酢がさんまに合う「さんまの南蛮漬け」

南蛮漬けはいわしやあじが定番ですが、さんまもとてもよく合うのをご存じでしたか。唐辛子の辛味と甘酢の甘じょっぱさがマッチしたタレが、さんまの美味しさを一層引き立ててくれますよ。
玉ねぎを甘酢でサッと煮ることで、辛みが取れてまろやかな味わいになります。お好みでにんじんやさやえんどうなどの細切りを加えると、色味がきれいになるのでおすすめです。
生の玉ねぎの辛みが好きな方は、玉ねぎを加熱せずにそのまま甘酢に漬けて活用していただいてもOKです。

豆板醤を効かせたピリ辛味がクセになる「サンマの辛味噌煮」

次に、豆板醤を効かせたピリ辛味噌がさんまにマッチする「サンマの辛味噌煮」をご紹介します。
フライパンにだし汁、調味料、にんにく、しょうがを入れて一煮立ちさせます。斜めに切ったさんまを加えて、ふたをして中火で煮てさんまに火を通します。味噌と豆板醤を加えて、煮汁が少なくなるまで煮詰めたら完成です。白髪ねぎを盛りつけて、卓上へどうぞ。
パンチの効いたピリ辛のタレは、さんまの美味しさを引き立てるとともに、もうひとつの魅力である内臓のほろ苦さにもマッチし、クセになる味わいです。日本酒好きにはたまらない、酒の肴になりますよ。

さんまの人気料理を豪快にご飯にのせて「さんまの蒲焼丼」

さんまを使った代表的な料理で忘れてはいけないのが「さんまの蒲焼き」です。こんがりと焼いたさんまに甘辛いタレがからんだ蒲焼きは、白いご飯との相性が抜群です。これを豪快にご飯にのせた「さんまの蒲焼丼」をご紹介します。
甘辛いタレがからんでコクうまな蒲焼きは、日本人なら誰もが魅了されるメニュー。今回はみょうがや青じそ、小ねぎなどの薬味を加えて、香りと風味をプラスしさらにワンランク上の美味しさに仕上げました。
蒲焼きのトッピングはほかに大根おろしやわさび、刻みのりなどでもOKです。トッピングを変えて、お好みの蒲焼丼をお楽しみください。

梅とわさびがさんまの味を引き立てる「サンマ缶の炊き込みご飯」

最後にご紹介するのは、さんまの蒲焼き缶を使って作る超お手軽な一品です。冷蔵庫に食材が乏しい時でも、缶詰の買い置きさえあれば、すぐにできあがる優秀なレシピです。
作り方は簡単です。蒲焼き缶の中身と缶汁、めんつゆ、しょうが、酒を入れてご飯を炊くだけ!炊き上がりにバターを入れて、さらにコクうま仕立てにしましょう。梅干しやわさびものせて食べれば、ひと口でさまざまな香りや味を楽しめ、至福の時をすごせます。

さんまを使った和食レシピの数々、いかがでしたか。
塩焼きのイメージが強いさんまですが、他の魚と同じくさまざまな調理法で幅広く活用できます。
普段からなじみのある和食のレシピであれば、どなたも抵抗感なく美味しくいただけますよ。美味しいさんまが出回る季節にぜひおためしください。

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1みんなが大好き!食パン♡しっかり食べられる食パン朝ごはん12選リミ
  2. 2とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  3. 3簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  4. 4安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  5. 5おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部