15分以内で作れる!イカの絶品おつまみレシピ5選

イカはねっとりとした甘さや、シコシコと弾力のある噛み応えが美味しい食材です。生であれば濃い甘さを存分に味わえますし、加熱すればふっくらと弾力が増しあっさりとしながらも旨みが際立ちます。干せばその旨みがギュッと凝縮され、噛めば噛むほど美味しいです。はらわたを使ったレシピも好きな人にはたまりませんよね。魅力たっぷりのイカを使った簡単絶品おつまみをご紹介します。

塩麹でイカの旨みアップ「ヤリイカと三つ葉のサラダ」

まず最初は、火を使わずにたったの5分であっという間に作れてしまうおつまみをご紹介します。
小さいヤリイカの下処理はとても簡単です。まず、ゲソを引っ張って胴体から離します。次に胴体に指を入れて軟骨やはらわたを取り除き、水でよく洗いましょう。最後にゲソに付いている目とくちばしを切り落とせば完了です。下処理が終われば、このレシピは9割完成です。あとはイカと三つ葉を切り、混ぜ合わせた調味料と和えて、器に盛ればできあがりです。
三つ葉やポン酢、塩レモンでさっぱりとしながらも、塩麹によって引き出されたイカの旨みをしっかりと感じられる一皿です。

サッと炒めたイカと豆苗の食感が楽しい「イカと豆苗の中華炒め」

続いてもわずか10分で作れるおつまみです。しかもイカと調味料の他に使う材料は、一年を通してリーズナブルな豆苗だけです!美味しいおつまみを簡単に安く作れたら、家飲みの機会が増えますね。
美味しく作るポイントは、イカに飾り切りを入れることです。イカには硬い皮があるので、表側に格子状の飾り切りを入れることで食べやすくなりますし、見た目も美しくなります。また、イカは火を通しすぎると固くなってしまうのでサッと炒めるようにしましょう。
イカと豆苗の食感が楽しく、唐辛子やラー油のピリ辛がたまらないおつまみです。

シャキシャキの野菜がやみつきになる「やみつき イカとたまねぎのマリネ」

濃い味のものが多いおつまみの中に、ホッと一息つけるさっぱりとしたマリネはいかがでしょうか。
彩りがよくテーブルを華やかにしてくれますし、野菜もたっぷり摂れますよ。油っこいものやお酒ばかりでは胃も疲れてしまうので、長くお酒を楽しむためにもさっぱりとしたおつまみをレパートリーに加えましょう。
こちらのおつまみは、さっぱりとしたシャキシャキの野菜の中に、弾力のあるイカが存在感を放ちます。イカはボイルであっさりとしていますが、噛むほどに旨みが感じられます。また、マリネ液に入れた粒マスタードの風味がいいアクセントになっています。

ワインに合うバル風おつまみ「絶品 イカと野菜のソテー」

トマトの赤が映えるスペインのバル風おつまみです。
たっぷりのオリーブオイルにニンニクと鷹の爪の香りが移り、食欲をそそります。オイルにはイカの旨みやトマトの旨みも染み出ているので、そのオイルを吸ったじゃがいももまた絶品です。また、加熱したトマトは甘みが増して美味しいですよね。こちらのレシピは何と言っても香りが大切です。ニンニクと鷹の爪の香りを立てるときに、火が強すぎて焦がしてしまうことのないように注意しましょう。

外はサクサク、中はふっくら「ジューシー 塩麹といかの唐揚げ」

イカは刺身でも、煮ても焼いても美味しいですが、おつまみとしての最高峰はやはり唐揚げではないでしょうか。香ばしく揚がったサクサクの衣と、下味がしっかりとついた旨みたっぷりのイカはどんなお酒とも相性抜群で、お酒もおつまみもエンドレスに進みます。
一般的には生姜醤油で味付けすることが多いと思いますが、こちらのレシピでは塩麹のみで味付けしています。塩麹がイカの旨味をグッと引き出してくれますよ。また、最後に青のりを振って磯の風味をプラスすることでいっそう美味しく仕上げています。
なお、油ハネをしにくくするには水気をよく拭くこと、そして皮に切れ目を入れること、高温で揚げないのがポイントです。

一口にイカといっても種類やサイズ、旬の時期、価格は様々です。また、生のもの、ボイルしてあるもの、冷凍など売り方も様々です。作りたいレシピに合わせて選べば、そのイカの良さを発揮できますし、下処理の手間が省けることもあります。賢くお買い物をしてイカの魅力をめいっぱい味わいましょう。

ただいまフォロー&いいねキャンペーン開催中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  2. 2安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  3. 3簡単!スピードおつまみレシピ特集深月あかり
  4. 4ぽかぽか♪シチューレシピmoguna編集部
  5. 5おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部