噛めば噛むほどうまみが出る! 彩り豊かなイカの前菜レシピ5選

生のままでも、茹でても焼いてもおいしいイカ。噛むたびにイカのうまみが感じられるので、料理に取り入れれば飽きのこないレシピになります。そんなイカを使ったレシピの中でも、見るだけで食欲が増すような前菜イカレシピをご紹介しましょう。

まるでレストラン!手軽に作れる高見えレシピ「小イカの野菜詰め〜グリーンソースで〜」

イカめしはイカの中に味付けした米を詰める、北海道の郷土料理です。「小イカの野菜詰め〜グリーンソースで〜」は、そんなイカめしを洋風にアレンジしたヘルシーなイカレシピです。
米の代わりにブロッコリーやズッキーニなどの野菜をカットして詰めることで、サラダ感覚の前菜になります。しかもバジルやパセリ、ミントなど数種類のハーブをソースに使えば、風味豊かなイカめしを味わえます。
具材の野菜は茹でるだけ、そしてバジルソースは食材をミキサーでかき混ぜるだけです。簡単なのにおしゃれな見た目の前菜になりますよ。

スパイシーな香りで食欲アップ!やわらか食感の「ほうれん草とイカのマリネ」

ほどよい弾力が特徴のイカですが、少しの工夫だけでやわらかな歯ごたえになります。「ほうれん草とイカのマリネ」はイカのやわらか食感が楽しめる、スパイシーな炒めレシピです。
イカを茹でる際は輪切りにカットしたイカを熱湯の中に入れて、すぐに火を止めます。次にフタをした状態で数分蒸らすのがポイントです。イカは熱を加えすぎると固くなってしまうため、気をつけてくださいね。味付けはカレー粉以外に、しょうがやにんにくなどもプラスしましょう。刺激的な味わいが食欲をかき立ててくれるので、前菜にはうってつけですよ。

揚げ衣の準備なし!おつまみにもなる「いかの梅じそワンタン揚げ」

揚げ物といえばパン粉や卵、小麦粉などを準備するのが普通ですよね。でも具材をワンタンに包んで揚げれば、手軽にフライ料理が完成します。「いかの梅じそワンタン揚げ」はミニサイズの揚げ物なので、前菜だけでなくおつまみとしても活用できます。
イカは青じそとワンタンの皮に包んで、カリッとするまで揚げましょう。梅肉も一緒に包み込めば、酸味が効いたさわやかなフライレシピになります。イカは料理酒をまぶしてから片栗粉をふりかけると、イカのうまみを逃さずに揚げることができますよ。
火を通した後の爪楊枝は刺したままでOKです。カトラリーなしで食べられるので、テーブルセッティングなしで食卓にサッと出せます。

白と赤のカラーリングで華やかになる「いかの生姜ソースかけ」

本文テそのままでも食べられるイカですが、軽めに茹でることでプリプリ食感に変身します。「いかの生姜ソースかけ」はしょうがの風味が存分に味わえる、イカレシピです。
茹でたイカと生トマトにソースをかければできあがり!トマトの赤色がイカの白色によく映えるので、一品あるだけで食卓が華やかになります。短時間で完成するため、前菜としても便利です。味の決め手となるソースにはしょうがの他に、醤油やごま油などをプラスして和風に作りましょう。
イカだけでなく、冷奴や和え物などの料理にもかけてもおいしいですよ。

魚の塩辛で味わい深いコク!ワインにも合う「イカとナスのアンチョビソテー」

前菜はその後の食事を引き立てる料理なので、メインに合わせた前菜レシピにしたいですよね。「イカとナスのアンチョビソテー」は洋風料理に合う、イタリアンソテーです。
アンチョビやにんにく、オリーブオイルなどを味付けに使用することで、手軽に本格イタリアンが作れます。イカから出るだしをなすが吸い上げてくれるため、一口噛むごとにうまみが広がってGOODです。
仕上げのパセリは多めにトッピングして、香りも楽しみましょう。前菜としてだけでなく、ビールやワインのおつまみとしても重宝します。

イカの皮を取り除くのは時間も手間もかかって面倒ですよね。イカは酢をふりかけて数分放置しておくだけで、皮がきれいに剥けます。舌触りがなめらかになり、さらに見栄えもキレイになるので、ぜひ試しておいしいイカの前菜を作ってみてくださいね。

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1豚とキムチをいろんなレシピで召し上がれ!簡単豚キムチレシピ5選moguna編集部
  2. 2がっつり丼ぶりレシピmoguna編集部
  3. 3ぽかぽか♪シチューレシピmoguna編集部
  4. 4旬を味わう♪春パスタ特集moguna編集部
  5. 5短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部