和から洋までアレンジ豊富♪さんまとにんにくを合わせたレシピ5選

さんまは身近な魚ですね。塩焼きにする事が多いと思いますが、にんにくと合わせることで、和から洋までレパートリーが広がります。さんまと、香ばしいにんにくを合わせたレシピ5選を紹介します。

にんにくの風味をよく絡ませて「さんまのガーリックオイル煮」

材料が少なく、嬉しいレシピです。味付けもシンプルに仕上がっています。
まず、薄切りにんにくをオリーブオイルで炒めます。4頭分にカットしたさんまは、塩、胡椒をふってフライパンに並べ、焼きます。火が通ったらパセリを散らしてできあがりです。
ガーリックオイルでじっくり煮るので、にんにくの香りが香ばしく食欲が湧く一品ですよ。

さんまのうま味が広がるイタリアン「さんまのペペロンチーノ」

にんにくの香りが特徴のペペロンチーノのレシピです。にんにくとアンチョビペーストがさんまをイタリアンに仕上げてくれます♪
三枚おろしのさんまを塩を振ってグリルで5分ほど焼きます。パスタはたっぷりのお湯と塩で、袋の表示時間通りに茹でてください。茹で汁は100ml残しておきましょう。
にんにくと鷹の爪はみじん切りにしてからオリーブオイルで香りが出るまで炒めます。アンチョビペースト、ミニトマト、乾燥バジルも加えてさらに1分炒め、茹で汁と一緒に焼いたさんまを加え、2分程煮込みます。
最後にパスタを絡めて完成です♪にんにくとオリーブオイルが絡んだパスタが、さんまとよく合いますよ。麺のかたさはお好みでOKです。

フライパンで作れる洋風炊き込みご飯♪「たっぷりきのことさんまのピラフ」

フライパンで作るさんまのピラフです。
さんまは内臓を取り、よく洗って水気を拭きます。3、4等分に切り塩をふって10分程置いて、さんまを焼き付けます。火が通ったら、一度取り出し粗熱を取りましょう。この時骨抜きを使って中骨を引き抜くと、簡単に骨が外れますよ。
同じフライパンに、みじん切りのにんにくとたまねぎを炒めます。続いて米、水、調味料、キノコ類、さんまを入れ、蓋をして強めの中火で2、3分炊きます。米が水分を吸ったらさらに弱火で15分。火を止めたら10分おくのが、米がべちゃっとならないコツです。
最後は黒胡椒を混ぜて完成です。蓋を開けた時、にんにくの効いたさんまのピラフにテンションも上がりそうです。五感を刺激するおいしさです♪

さんまを煮るだけでこんなにおいしく「さんまの辛味噌煮」

さんまとにんにくと豆板醤を使った、コクのある「さんまの辛味噌煮」のレシピです。
だし汁、料理酒、砂糖、みりん、薄切りのにんにくと、しょうがを沸騰させます。半分に切ったさんまを入れて、中火で火が通るまで煮ます。
最後に味噌と豆板醤を入れ、煮汁が3分の1程になったら完成です。白髪ねぎと胡麻を飾って盛り付けてください。ひと味違うピリッとおいしい味噌煮が食べられますよ。

香ばしさんまが出汁しみしみ「さんまの焼きマリネ」

最後にだしの染みた、さんまのマリネのレシピを紹介します。マリネは、意外と簡単なので覚えておきたいレシピですよ。
バルサミコ酢、はちみつ、醤油、黒胡椒、にんにくを合わせてマリネ液を作っておきましょう。
焼き野菜はマッシュルーム、ブロッコリー、ミニとまと、れんこんです。食べやすい大きさに切ったさんまと一緒に焼き色が着くまで火を通します。火が通ったタイミングでマリネ液を加え、軽く炒め合わせます。
そのまま20分つけおくだけで、味が染みておいしい、おかずには勿論、お酒のつまみや、作り置きの常備菜に便利なレシピです。

これらのレシピをマスターして、さんまの色々な味わいを楽しんでください。さんまとにんにくを使ったレシピを何品か作って、さんまパーティーなんて良いかもしれませんね。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1とろーり!チーズレシピ特集深月あかり
  2. 2新米にあうおかずレシピまとめmoguna編集部
  3. 3安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  4. 4ぽかぽか♪シチューレシピmoguna編集部
  5. 5おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部