揚げる、漬ける、蒸す!変幻自在の野菜たっぷりサバレシピ5選

青魚を代表するサバは秋から冬にかけて旬をむかえます。サバの塩焼きや味噌煮など定番レシピが人気ですが、サバの楽しみ方は他にもたくさんあります。さらにサバと一緒に野菜をふんだんに使えば、食べごたえのある魚料理になりますよ。ぜひ色々なレシピでサバの魅力を味わってくださいね。

唐揚げサバに野菜ソースをかけるだけ!彩り抜群の「サバのから揚げ ニラトマトソースがけ」

食材のうまみをそのまま閉じ込めてくれる、揚げもの料理。サバもから揚げにすることで魚のうまみが凝縮されます。そのまま食べてもおいしいですが、生のトマトを使ったさっぱりソースで、ワンランク上のから揚げレシピにチャレンジしてみましょう。
「サバのから揚げ ニラトマトソースがけ」は彩り豊かな揚げもの料理です。ソースにトマトやにらなど色味の強い野菜を利用することで、地味になりがちな揚げもの料理が華やかな見た目になりますね。ニラトマトソースはサバ以外の唐揚げやフライ、ソテーなどにかけてもおいしいですよ。

市販のしめサバが大変身!材料を混ぜるだけの「ナスときゅうりのサバちらし寿司」

ほどよい酸味とだしの風味が自慢のしめサバは、サバの代表的な調理方法です。「ナスときゅうりのサバちらし寿司」はそんなしめサバを具材に使った、変わり種ちらし寿司レシピです。
なすやきゅうりといった野菜のシャキシャキとした歯ごたえがアクセントになっています。ちらし寿司といえば酢飯が肝心ですが、酢の分量や混ぜ具合など作業が難しいと感じる人もいるかもしれません。このレシピはしめサバとポン酢で酸味を効かせているので、わざわざ酢飯を用意する必要がありません。食材と調味料を白ご飯と混ぜるだけなので、手軽にちらし寿司が作れますね。

さつまいものほっくり感がサバにマッチ!秋の味覚で作る「サバの南蛮漬け」

食欲の秋と言われるほど、秋はおいしい食べ物が多い季節です。旬の食材を使って、食欲の秋を堪能しましょう。「サバの南蛮漬け」は秋に旬を迎えるサバとさつまいもで作る、季節ものの南蛮漬けレシピです。
さつまいものほっくりとした甘みとサバのうまみが意外にもマッチします。調理の際はすりおろしたしょうがと醤油でサバに下味をつけておくのがポイント!サバのうまみが増すとともに、魚特有の臭みをやわらげることができるので一石二鳥です。
お好みで青じそやしょうがなどの香味野菜を使えば風味がアップしますよ。

缶詰と電子レンジで簡単ポテトサラダ!副菜としても使える「サバ缶のじゃがマヨサラダ」

お子さまも大人も大好きなポテトサラダ。じゃがいもをゆでたりマッシュしたりと調理の工程が多いので、作るのが面倒に感じてしまうこともあるかもしれません。そんな時は電子レンジで手軽に作れる「サバ缶のじゃがマヨサラダ」はいかがでしょうか。
サバ・じゃがいも・玉ねぎの3つの具材を使った簡単レシピです。サバは缶詰でOKなので、魚を調理するのが苦手という人でも安心して作れます。また一口サイズにカットしたじゃがいもは、電子レンジで数分加熱するだけで十分なやわらかさに仕上がります。マッシュせずにあえてそのまま使用することで、野菜のうまみがダイレクトに味わえますよ。

お酒の力でサバがふっくら食感に!黒ごまレモンでうまみが増す「サバの酒蒸し」

酒蒸しというと、あさりやはまぐりなどの貝類が一般的ですよね。貝でなく魚を使った酒蒸しレシピなら、ひと味違った味が楽しめますよ。
「サバの酒蒸し」は、サバのふっくら食感と根菜のうまみが同時に味わえる酒蒸しです。ごぼうやにんじんなどの野菜をトッピングに利用することで、ボリュームのあるおかずになります。
味の決め手となるソースは、すりおろした玉ねぎをベースに黒ごまとレモン汁をプラスしましょう。黒ごまの香ばしい風味とレモンのさわやかな酸味が食欲をそそります。

焼いたり煮たりするだけでなく、揚げたり蒸したりとサバの色々なレシピをご紹介しました。また生のサバを使うのはもちろん、市販のしめサバや缶詰を利用することで調理がより簡単になります。気分やシーンに合わせて使い分けてみましょう。

「料理をたのしく、みんなをしあわせに」レシピ紹介中!

記事ランキング昨日人気のあった記事ランキング

  1. 1安うま!鶏むね節約レシピ特集moguna編集部
  2. 2おうちで楽々!週末作り置きレシピ特集moguna編集部
  3. 3短時間で完成!スイーツレシピ特集moguna編集部
  4. 4自宅で簡単!韓国料理レシピmoguna編集部
  5. 5給料日直前!節約献立レシピmoguna編集部